日産 ウイングロード 2014年モデル

日産 ウイングロード 2014年9月モデル

5ナンバーサイズのステーションワゴン、日産「ウイングロード(WINGROAD)」。搭載エンジンは、直列4気筒DOHCのレギュラーガソリン仕様、109馬力の1.5L(HR15DE型)。今回、一部グレード体系を見直し、グレードは、ベーシックな「15S」、標準「15Mオーセンティック」、上級「15M」を設定。2WD(前輪駆動)を用意。「15S」のトランスミッションを変更し、全車がエクストロニックCVT搭載車となり、これにより「ウイングロード」の全車は、「環境対応車普及促進税制」の減税措置により自動車取得税が60%と自動車重量税が50%の減税となった。さらに、全車にVDCを標準装備した。また、特別仕様車に「15M Vリミテッド(Limited)」とカスタムカー「ライダー」を設定。「ライダー」は、専用エアロパーツと専用フロントグリルを採用することで、斬新かつスタイリッシュなスタイルにし、さらに人気の高いアイテムであるバイキセノンヘッドランプを標準装備した。ベース車と同様、全車にVDCを標準装備。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
15M 1498cc FF 1,998,000円
15Mオーセンティック 1498cc FF 1,879,200円
15S 1498cc FF 1,760,400円
日産 ウイングロード 2014年4月モデル

5ナンバーサイズのステーションワゴン、日産「ウイングロード(WINGROAD)」。FFとe-4WD(電動4WD)を採用したフルタイム4WDの駆動方式が用意される。搭載エンジンは、直列4気筒DOHCのレギュラーガソリン仕様の2ユニット、109馬力の1.5L(HR15DE型)と128馬力の1.8L(MR18DE型)。トランスミッションは、フロア式シフトのCVT(無段変速機)、6速マニュアルモード付きCVT-M6(ステアリングシフト)、それに4速ATの3種。グレードは、1.8Lの標準「18Gオーセンティック(authentic)」、上級「18G」、1.5Lのベーシックな「15S」、標準「15Mオーセンティック」、上級「15M」。4WDモデルは、1.5Lのみで「15M FOUR」、「15S FOUR」、「15M FOURオーセンティック(authentic)」を設定。特別仕様車では、「15M Vリミテッド( Limited)」を用意。また、オーテックジャパンからは、エアロパーツ装着とクールなインテリアをもつカスタムカー「ライダー(Rider)」を設定。全グレードで後席中央シートELR付3点シートベルトと、後席ISO-FIXチャイルドシートアンカーを採用。併せて、自立式シートベルトバックルも装備する。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
15M FOUR 1498cc FULL4WD 2,086,560円
18G 1797cc FF 2,079,000円
18Gオーセンティック 1797cc FF 2,003,400円
15M FOURオーセンティック 1498cc FULL4WD 2,000,160円
15M 1498cc FF 1,900,800円
15S FOUR 1498cc FULL4WD 1,897,560円
15Mオーセンティック 1498cc FF 1,814,400円
15S 1498cc FF 1,663,200円

ニュース - 日産 ウイングロード

日産 ウイングロード、ヒーター付ドアミラーなどを全車標準装備
日産 ウイングロード、ヒーター付ドアミラーなどを全車標準装備
日産自動車は、『ウイングロード』の一部仕様を向上し、6月1日より販売を開始した。