オペル ヴィータ 1998年モデル

オペル ヴィータ 1998年11月モデル

数多くのラインアップを持つオペルのコンパクトクラスがヴィータ。3ドアハッチバックと、5ドアハッチバックの2タイプのボディをもつ。搭載されるエンジンは65馬力の1.2L、85馬力の1.4L、100馬力の1.6Lの3種で、1.6Lは5ドアのみの設定。グレードネームは3ドアがスウィング、5ドアがGLSで、5ドア1.6LのみCDXとなる。組み合わされるミッションはすべて4AT。3ドア、5ドアはホイールベース、全長ともに同一でドア枚数で使い勝手の方向性をつけているが、3ドアはリヤサイドガラスの面積を広くとったデザイン、5ドアはクォーターウインドウを取り付けた6ライトスタイルで、ラッゲジ部分の短いワゴン的な印象。リヤシートはシートバックが6対4分割可倒、クッションが一体可倒。デュアル&サイドエアバッグを標準装備。右ハンドルのみの設定となる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
CDX1.6 16V 1597cc FF 11.0km/l 1,890,000円
GLS1.4 16V 1388cc FF 11.6km/l 1,780,000円
スウィング1.4 16V 1388cc FF 11.6km/l 1,690,000円
GLS1.2 16V 1198cc FF 12.4km/l 1,680,000円
スウィング1.2 16V 1198cc FF 12.4km/l 1,590,000円

ニュース - オペル ヴィータ

「電気自動車のドルチェヴィータだ」フィアット 500e 次期型を初スクープ!
「電気自動車のドルチェヴィータだ」フィアット 500e 次期型を初スクープ!
フィアット『500』のフルEV版、『500e』次期型プロトタイプをスクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。
フィアット 500 に「ドルチェヴィータ」、1960年代のイタリアをイメージ…62回目の誕生日を祝福
フィアット 500 に「ドルチェヴィータ」、1960年代のイタリアをイメージ…62回目の誕生日を祝福
◆車名は1960年公開の映画に由来 ◆500Cにはホワイト&ブルーのストライプ入りキャンバストップ ◆「ユーコネクト」の最新版を搭載

試乗レポート - オペル ヴィータ

【インプレ'04】日下部保雄 オペル『メリーバ』 ヴィータがミニバンに生まれ変わった
【インプレ'04】日下部保雄 オペル『メリーバ』 ヴィータがミニバンに生まれ変わった
日本で売られるオペル最小のモデル。今は日本に入っていないヴィータの兄弟車であり、コンパクトカーの使いやすさに加えて、ミニバンの面白さをウリにしている。