プジョー 308 2019年モデル

プジョー 308 2019年10月モデル

プジョーのアッパーミディアムモデル、308シリーズ。ラインアップは、1.2L 直噴ガソリンターボ搭載の「アリュール」、「SW アリュール」、新開発1.5L クリーンディーゼルエンジン搭載の「アリュール ブルーHDi」、「SWアリュール ブルーHDi」、2L ディーゼルターボ搭載の「GT ブルーHDi」、「SW GT ブルーHDi」、1.6L 直噴ガソリンターボ搭載の「GTi by プジョースポール」を設定。特別仕様車として「GTライン ブルーHDi」、「SW GTライン ブルーHDi」、「GTライン」、「アリュール」をベースとした「テックパックエディション」、「テックパックエディション ブルーHDi」、「SWテックパックエディション」、「SWテックパックエディション ブルーHDi」、「GTライン」をベースに「GTライン ブルーHDI ブラックパック」、「SW GTライン ブルーHDI ブラックパック」を設定。全車8速オートマチックトランスミッション&パドルシフト付きとなっている(GTiをのぞく)。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。ハンドルは、「GTi by プジョースポール」は左ハンドル、その他右ハンドル設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
GTi byプジョースポール 1598cc FF 4,512,000円
SW GT ブルーHDi 1997cc FF 3,909,000円
GT ブルーHDi 1997cc FF 3,656,000円
SW アリュール ブルーHDi 1498cc FF 3,358,000円
SW アリュール 1199cc FF 3,144,000円
アリュール ブルーHDi 1498cc FF 3,105,000円
アリュール 1199cc FF 2,892,000円
プジョー 308 2019年5月モデル

プジョーのアッパーミディアムモデル、308シリーズ。ラインアップは、1.2L 直噴ガソリンターボ搭載の「アリュール」、「SW アリュール」、新開発1.5L クリーンディーゼルエンジン搭載の「アリュール ブルーHDi」、「SWアリュール ブルーHDi」、2L ディーゼルターボ搭載の「GT ブルーHDi」、「SW GT ブルーHDi」、1.6L 直噴ガソリンターボ搭載の「GTi by プジョースポール」を設定。特別仕様車として「GTライン ブルーHDi」、「SW GTライン ブルーHDi」、「GTライン」を設定。今回、「アリュール」、「SW アリュール」、「GTライン」の一部改良を行った。搭載される3気筒1.2Lガソリンエンジンは、新しい欧州環境規制EURO6.2に対応するべく、各部に改良がほどこされた。新しいインジェクションシステムを採用し、パフォーマンスを維持しつつ、さらなる排ガス基準に対応するために燃料噴射ポンプの圧力は250バールに高めらた。センサーを2つに増強し、ガソリン専用のGPF(GasolineParticle Filter)を採用。ターボチャージャーは電子制御式に変更されている。トランスミッションは先に308のディーゼルエンジン搭載モデルに採用していた新世代電子制御8速オートマチックEAT8を新たに搭載。プジョー308は全車8速オートマチックトランスミッション&パドルシフト付きとなった(GTiをのぞく)。このトランスミッション搭載モデルでは、エコモード、通常モード、スポーツモードの3つのドライブモードが選択可能。とくにエコモード時は新しく搭載されたフリーホイール機能で、走行条件が合えば、アクセルオフ時にクラッチを切り燃費改善を果たす。ハンドルは、「GTi by プジョースポール」は左ハンドル、その他右ハンドル設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
SW アリュール 1199cc FF 3,087,000円
アリュール 1199cc FF 2,839,000円