プジョー 508 2011年モデル

プジョー 508 2011年7月モデル

プジョーの最上級モデル「508」シリーズ。新しいプジョーデザインを採用した初の量産モデルであると同時に、プジョーのフラッグシップモデルとしての役割も担う。セダンとステーションワゴン「SW」の2つのボディバリエーションがあり、搭載されるエンジンは1.6L ターボチャージャー付 直列4気筒DOHCエンジン、6速AT。最高出力156馬力(115kw)/6000rpmと最大トルク240Nm(24.5kgm)/1400-3500rpm。セダン、SWそれぞれに、ブラックファブリックシート、16インチアロイホイールが装備されたエントリーモデル「Allure(アリュール)」と、ブラックレザーシート及び、17インチアロイホイールが装備された上級モデル「Griffe(グリフ)」を設定している。拡大されたボディサイズに伴い、ヘッドクリアランス、ニースペース、ショルダー部とも余裕あるサイズを確保しています。特に後席のニースペースは、「407」に比べて53mm広がった。「SW」には、パノラミック ガラスルーフを標準装備、先代モデル「407SW」に比べガラスルーフの長さは300mm拡大している。また高いねじれ剛性を持つプラットフォームは、サスペンションの性能を引き出すと共に高度なアクティブセーフティ及び、パッシブセーフティに貢献している。「508」は、ヨーロッパの衝突安全評価「EuroNCAP」にて最高評価の5つ星を獲得。アクティブセーフティでは、車体姿勢制御プログラムに最新世代の「ESP8.1」を搭載。さらに、雪道など滑りやすい路面で、各駆動輪をきめ細かく制御して優れたトラクションを確保するインテリジェント・トラクションコントロールを標準装備。パーキングスペースセンサー縦列駐車が出来るスペースをセンサーによって計測し「可」、「困難」、「不可」の3段階でドライバーに表示するシステム(グリフに標準装備)。運転席、助手席、後席左右の4つのゾーンで、それぞれ自由にエアコンの設定が行える、4ゾーン 独立調整式オートエアコン。HDDナビゲーションシステム、透明なポリカーボネート製スモークパネルに、速度、クルーズコントロール/スピードリミッター設定速度等、運転に必要な情報が表示されるカラー・ヘッドアップディスプレイ(グリフに標準装備)など充実した装備を備える。ボディカラーは新色5色を含めた全8色(内、2色は受注生産色)。全車右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
SW グリフ 1598cc FF 10.8km/l 4,370,000円
グリフ 1598cc FF 11.0km/l 4,140,000円
SW アリュール 1598cc FF 10.8km/l 3,940,000円
アリュール 1598cc FF 11.0km/l 3,740,000円