プジョー 508 2018年モデル

プジョー 508 2018年11月モデル

プジョーのフラッグシップモデル「508」シリーズ。セダンとステーションワゴン「SW」の2つのボディバリエーションを用意。ラインアップは、1.6L ターボチャージャー付直列4気筒DOHCエンジンを搭載し6速ATを組み合わせた「SW GT ブルーHDi」を設定。今回、セダンに1.6L ターボガソリンエンジンを搭載し、最高出力180馬力を発生する「アリュール」、「GTライン」、2L クリーンターボディーゼル「Blue HDi」を搭載し、最高出力177馬力を発生する「GT ブルーHDi」を設定。トランスミッションは、最新世代電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8を組み合わせる。4ドアファストバックとなったエクステリアデザインのフロントエンドは、印象的かつアグレッシブに、切り立ったフロントグリルとフルLEDライトで構成され、ボンネットには508のモデル名が配されている。バンパーとスポイラーを垂直に通るLEDデイタイムランニングライトと相まってシャープなデザインとなっている。サイドは、スタイリングテーマを強調すべく、ドアはサッシュレス構造としドアとサイドウインドウのフラッシュ化をいっそう進め、スリークな印象を強めている。リアエンドは、プジョーのシグネチャーたるライオンの三本の爪痕をモチーフとしたフルLEDテールライトが引き締め、走り去る姿をより印象的なものとしている。インテリアは、12.3インチデジタルヘッドアップディスプレイを装備し、通常のものと違い、ステアリングホイールの上に位置し、ドライバーの視線の移動を最小限に抑え、安全性を向上している。中央の8インチタッチスクリーンはインテリアのデザインに溶け込み、その下にピアノのキーのような7つのトグルスイッチを配することで「Peugeot i‐Cockpit」が完成している。プジョー初の安全装備として、左右の車線の任意のどちらかをドライバーが選び、その白線から一定の距離を保ったまま走行を可能にする「レーンポジショニングアシスト」を設定。その他に、アクティブクルーズコントロール、ナイトビジョンに第2世代アクティブセーフティブレーキといった各先進機能も装備。全車右ハンドルの設定。(欧州参考値を含む)また、「GT ブルーHDi」をベースに508の日本国内マーケット導入記念限定車「ファーストエディション」を設定(限定60台)。フルオプションを装備し、専用の深紅のナッパレザーシートと19インチアロイホイールを装着。ボディカラーは、フレンチトリコロールを彷彿とさせる「アルティメット・レッド」(赤系)、「パール・ホワイト」(白系)「ダーク・ブルー」(青系)の全3色を用意。全車右ハンドルの設定。(欧州参考値を含む)

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
GT ブルーHDi 1997cc FF 4,920,000円
GTライン 1598cc FF 4,590,000円
アリュール 1598cc FF 4,170,000円