プジョー リフター 2022年モデル

プジョー リフター 2022年10月モデル

ミニバン、SUV、ワゴンのすべての魅力をクロスオーバーさせた、プジョーの新コンセプトMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)「リフター」。ラインアップは、1.5L クリーンディーゼルエンジン「DV5」を搭載した「アリュール」、上級グレードの「GT」を設定。130馬力というパワーだけでなく300Nmという自然吸気3Lガソリンエンジンなみの力強いトルクを1,750rpmという低回転から発揮。クラスの水準を超える電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8とあいまって、悪路から一般道、高速道路までドライバーの意思に忠実なパワーデリバリーを誇る。インテリアは、上下二ヶ所のフラットな部分を持つコンパクトなステアリングホイールがより良いグリップとハンドリングを実現。視界とドライバーからのリーチを両立させた8インチのタッチパネルを採用。今回、価格改定を行った。右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
GT 1498cc FF 4,241,000円
アリュール 1498cc FF 3,981,000円
プジョー リフター 2022年8月モデル

ミニバン、SUV、ワゴンのすべての魅力をクロスオーバーさせた、プジョーの新コンセプトMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)「リフター」。ラインアップは、1.5L クリーンディーゼルエンジン「DV5」を搭載した「アリュール」、上級グレードの「GT」を設定。130馬力というパワーだけでなく300Nmという自然吸気3Lガソリンエンジンなみの力強いトルクを1,750rpmという低回転から発揮。クラスの水準を超える電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8とあいまって、悪路から一般道、高速道路までドライバーの意思に忠実なパワーデリバリーを誇る。また、これら組み合わせによって21.2km/L(JC08モード)、18.2km/L(WLTCモード)という優れた燃費を達成。インテリアは、上下二ヶ所のフラットな部分を持つコンパクトなステアリングホイールがより良いグリップとハンドリングを実現。視界とドライバーからのリーチを両立させた8インチのタッチパネルを採用。今回、価格改定を行った。右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
GT 1498cc FF 4,066,000円
アリュール 1498cc FF 3,817,000円
プジョー リフター 2022年7月モデル

ミニバン、SUV、ワゴンのすべての魅力をクロスオーバーさせた、プジョーの新コンセプトMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)「リフター」。ラインアップは、1.5L クリーンディーゼルエンジン「DV5」を搭載した「アリュール」、上級グレードの「GT」を設定。130馬力というパワーだけでなく300Nmという自然吸気3Lガソリンエンジンなみの力強いトルクを1,750rpmという低回転から発揮。クラスの水準を超える電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8とあいまって、悪路から一般道、高速道路までドライバーの意思に忠実なパワーデリバリーを誇る。また、これら組み合わせによって21.2km/L(JC08モード)、18.2km/L(WLTCモード)という優れた燃費を達成。インテリアは、上下二ヶ所のフラットな部分を持つコンパクトなステアリングホイールがより良いグリップとハンドリングを実現。視界とドライバーからのリーチを両立させた8インチのタッチパネルを採用。今回、価格改定を行った。右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
GT 1498cc FF 3,986,000円
アリュール 1498cc FF 3,742,000円
プジョー リフター 2022年4月モデル

ミニバン、SUV、ワゴンのすべての魅力をクロスオーバーさせた、プジョーの新コンセプトMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)「リフター」。ラインアップは、1.5L クリーンディーゼルエンジン「DV5」を搭載した「アリュール」、上級グレードの「GT」を設定。130馬力というパワーだけでなく300Nmという自然吸気3Lガソリンエンジンなみの力強いトルクを1,750rpmという低回転から発揮。クラスの水準を超える電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8とあいまって、悪路から一般道、高速道路までドライバーの意思に忠実なパワーデリバリーを誇る。また、これら組み合わせによって21.2km/L(JC08モード)、18.2km/L(WLTCモード)という優れた燃費を達成。インテリアは、上下二ヶ所のフラットな部分を持つコンパクトなステアリングホイールがより良いグリップとハンドリングを実現。視界とドライバーからのリーチを両立させた8インチのタッチパネルを採用。今回、価格改定を行った。右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
GT 1498cc FF 3,855,000円
アリュール 1498cc FF 3,619,000円
プジョー リフター 2022年1月モデル

ミニバン、SUV、ワゴンのすべての魅力をクロスオーバーさせた、プジョーの新コンセプトMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)「リフター」。ラインアップは、1.5L クリーンディーゼルエンジン「DV5」を搭載した「アリュール」、上級グレードの「GT」を設定。130馬力というパワーだけでなく300Nmという自然吸気3Lガソリンエンジンなみの力強いトルクを1,750rpmという低回転から発揮。クラスの水準を超える電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8とあいまって、悪路から一般道、高速道路までドライバーの意思に忠実なパワーデリバリーを誇る。また、これら組み合わせによって21.2km/L(JC08モード)、18.2km/L(WLTCモード)という優れた燃費を達成。インテリアは、上下二ヶ所のフラットな部分を持つコンパクトなステアリングホイールがより良いグリップとハンドリングを実現。視界とドライバーからのリーチを両立させた8インチのタッチパネルを採用。今回、価格改定を行った。右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
GT 1498cc FF 3,779,000円
アリュール 1498cc FF 3,548,000円

ニュース - プジョー リフター

プジョー『リフター』、EV版を独キャンピングカーショーに出展へ
プジョー『リフター』、EV版を独キャンピングカーショーに出展へ
◆1回の充電での航続は最大280km ◆ショートボディとロングボディを設定 ◆プジョーの「i-Cockpit」
プジョー リフターをもっと楽しく、純正カーサイドタープ大幅改良版が登場
プジョー リフターをもっと楽しく、純正カーサイドタープ大幅改良版が登場
グループPSAジャパンは、プジョーのMPV『リフター』に対応する純正カーサイドタープ「エアフレーム・リビングシェルター」を大幅改良し、2月28日より販...

試乗レポート - プジョー リフター

【プジョー リフターGT 新型試乗】心地よさはベルランゴともひと味違う…島崎七生人
【プジョー リフターGT 新型試乗】心地よさはベルランゴともひと味違う…島崎七生人
先頃あった価格改定で、プジョー『リフター』は“GT”で424万1000円(旧価格406万6000円)となった。“アリュール”の新価格398万1000円...
【プジョー リフター 新型試乗】一風変わった「骨太MPV」が欲しいなら…吉川賢一
【プジョー リフター 新型試乗】一風変わった「骨太MPV」が欲しいなら…吉川賢一
2021年3月1日、Groupe PSA Japanは、プジョーブランドで展開している『リフター(RIFTER)』に、上級グレードのGTを追加すると発...