ルノー アルピーヌ A110 2021年モデル

ルノー アルピーヌ A110 2021年2月モデル

新型「アルピーヌ A110」は、アルミ製ボディや重量を削ったパーツの採用による徹底した軽量化、ミッドシップ・エンジンレイアウトのコンパクトなボディと前後ダブルウィッシュボーンサスペンションの組み合わせによる正確なハンドリングと安定性など、かつて多くの人々を魅了した「アルピーヌ A110」の精神「ドライビングプレジャー/運転する歓び」を現代に復活させたフレンチスポーツカー。1.8L 直噴ターボエンジンを搭載し、電子制御7速AT(7DCT)を組み合わせる。ラインアップは、軽量、コンパクト、そして俊敏性が際立つ、車とドライバーが一体となる感覚でドライビングが楽しめる「ピュア」、ドライビングプレジャーに加え、洗練されたデザインと快適性が特長の、日常での使いやすさはもちろん、長距離ドライブにも最適な「リネージ」、スタイリングをよりダイナミックにし、パワートレーンとシャシーの改良によってスポーツ性能を大きく高めた「S」を設定。限定車には、「リネージ」をベースにフランスの感性溢れるエレガントな 「リネージ GT」(30台限定)、「S」をベースに、毎年コレクションを発表するファッションの世界から着想を得た、特別なボディカラーを纏った「カラーエディション2020」を設定。60年代から70年代に人気を博したイエローのボディカラー「ジョン トゥルヌソル(ひまわりの黄色)」を採用した。ブラックエンブレム/モノグラムなどのブラックパーツとの大胆なコントラストによってヴィヴィッドなボディカラーがいっそう際立ち、スポーティさと個性を引き立てている。今回、一部改良を行った。「リネージ GT」、「カラーエディション2020」は右ハンドル、その他は左右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1798cc MID 8,640,000円
リネージ 1798cc MID 8,490,000円
ピュア 1798cc MID 7,990,000円