ルノー キャプチャー

ルノー キャプチャー

ルノー
キャプチャー

新車価格 249~279万円
中古車価格 105258万円
2014年1月(平成26年1月)~販売中

4.0点(口コミ1件)外観5.0|内観2.0|走行性能5.0|乗り心地3.0|価格1.0|燃費3.0

ルノー キャプチャー 2018年3月モデル

ルノースタイルコンパクトクロスオーバー「キャプチャー(CAPTUR)」。ルノーの新デザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」の2番目「EXPLORE(冒険の旅に出る)」をテーマとする。車体寸法は、全長4,135mm×全幅1,780mm×全高1,585mm。1.2L DOHCターボチャージャー付エンジンを搭載し、トランスミッションには6速エフィシエントデュアルクラッチを組み合わせ、駆動方式はFFのみの設定。ラインアップは、特別仕様車「プレミアム」と「エクスプレッション」を設定。今回、フロント・リアLEDランプ、エクステンデッドグリップを新たに搭載した。ラインアップは、ファブリックシートを装備した「インテンス」と、レザーシートを装備した「インテンス レザー」を設定。フロントには、フルLEDヘッドランプ、Cシェイプフロント LEDランプ、コーナリングランプ機能付LEDフォグランプを、リアには立体的なデザインのLEDランプを採用し、個性を際立たせている。前後バンパー下部に装着されたスキッドプレートは、SUVらしさを主張。インテリアは2トーンカラーの内装、ルーフカラーに合わせたシートカラー、ソフトタッチ素材を取り入れたダッシュボードなどにより、上質な室内空間を作り出している。悪路での走破性を高める新装備のエクステンデッドグリップは、路面状況に応じて3つの走行モードを切り替えることで駆動力を最適に制御する。また、エクステンデッドグリップの性能を十分に活かすために、マッド&スノータイヤを装着。ボディカラーは、「オランジュ アタカマM+グリ プラティヌM」を含む全3色を「インテス」に「ブラン ナクレM+ノワール エトワールM」を「インテンス レザー」に設定。右ハンドルのみの設定。

ルノーキャプチャーの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
インテンス レザー 1197cc FF 2,799,000円
インテンス 1197cc FF 2,699,000円
ルノー キャプチャー 2016年3月モデル

ルノースタイルコンパクトクロスオーバー「キャプチャー(CAPTUR)」。ルノーの新デザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」の2番目「EXPLORE(冒険の旅に出る)」をテーマとする。車体寸法は、全長4,125mm×全幅1,780mm×全高1,585mm。1.2L DOHCターボチャージャー付エンジンを搭載し、トランスミッションには6速エフィシエントデュアルクラッチを組み合わせ、駆動方式はFFのみの設定。ラインアップは、16インチアロイホイールを装備する「ゼン」、2トーンボディカラーやプライバシーガラスを装備した「インテンス」の2グレードを設定。さらに、限定車「アニヴェルセル」(限定200台)を用意。今回、エンジントルクが向上し、エフィシエントデュアル クラッチのギア比を変更。この結果、変速のスムーズさに加え、加速性能も向上し、街中からロングドライブまで、さらに運転がしやすく、意のままにドライブが楽しめるモデルとなった。また、ストップ&スタート機能も新たに搭載され、燃費性能が向上。ボディカラーに、新たに「ベージュ サンドレM(ボディ)+イヴォワール(ルーフ)」と、「ベージュ サンドレM(ボディ)+ノワール エトワールM(ルーフ)」を追加。右ハンドルのみの設定。

ルノーキャプチャーの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
インテンス 1197cc FF 2,672,000円
ゼン 1197cc FF 2,569,000円
ルノー キャプチャー 2016年1月モデル

ルノースタイルコンパクトクロスオーバー「キャプチャー(CAPTUR)」。ルノーの新デザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」の2番目「EXPLORE(冒険の旅に出る)」をテーマとする。車体寸法は、全長4,125mm×全幅1,780mm×全高1,585mm。最高出力120馬力、最大トルク19.4kgmの1.2L DOHCターボチャージャー付エンジンを搭載し、トランスミッションには6速エフィシエントデュアルクラッチを組み合わせ、駆動方式はFFのみの設定。ラインアップは、16インチアロイホイールを装備する「ゼン」、2トーンボディカラーやプライバシーガラスを装備した「インテンス」の2グレードを設定。今回、一部改良を行うとともに、限定車「アニヴェルセル」(限定200台)を用意。特別装備は、8インチ大画面SDナビゲーションシステム、ロザンジュステアリング(ベージュサンドレMのみ)、ロザンジュファブリックシート(ベージュサンドレMのみ)、字光式キッキングプレートを装備。ボディカラーは、パリの街の雰囲気をイメージした劇場や高級百貨店が集まる、華やかな雰囲気の9区をイメージした「ルージュ フラムM+ノワール エトワールM」(100台)、高級住宅街で洗練さと気品が漂う16区をイメージした「ベージュ サンドレM+イヴォワール」(50台)、「ベージュ サンドレM+ノワール エトワールM」(50台)の全3色を用意。右ハンドルのみの設定。

ルノーキャプチャーの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
インテンス 1197cc FF 2,672,000円
ゼン 1197cc FF 2,569,000円
ルノー キャプチャー 2014年4月モデル

ルノースタイルコンパクトクロスオーバー「キャプチャー(CAPTUR)」。ルノーの新デザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」の2番目「EXPLORE(冒険の旅に出る)」をテーマとする。車体寸法は、全長4,125mm×全幅1,780mm×全高1,565mm。最高出力120馬力、最大トルク19.4kgmの1.2L DOHCターボチャージャー付エンジンを搭載し、トランスミッションには6速エフィシエントデュアルクラッチを組み合わせ、駆動方式はFFのみの設定。ラインアップは、16インチアロイホイールを装備する「ゼン」、2トーンボディカラーやプライバシーガラスを装備した「インテンス」の2グレードを設定。温かみがあり、親しみのもてるデザインを取り入れ、コンパクトなサイズのボディと大径ホイールの組み合わせは、スポーティーさと冒険への情熱を感じさせ、高さのある地上高は、1つ上のクラスのクロスオーバーや4WDモデルに匹敵する。リアシートには160mmの前後スライド機構を採用し、シートを後端まで下げると、640mmのニールームを得ることが可能。安全装備では、ESC(トラクションコントロール付横滑り防止装置)、 ABS、EBD(電子制御制動力配分システム)に加え、オートライト、フロント雨滴感応式オートワイパー、スピードリミッター&クルーズコントロールを全車に採用。また、「インテンス」には車両の曲がる方向を照らす「フロントディレクショナルフォグランプ」も標準装備。右ハンドルのみの設定。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

ルノーキャプチャーの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
インテンス 1197cc FF 2,672,000円
ゼン 1197cc FF 2,569,000円
ルノー キャプチャー 2014年1月モデル

新型のルノースタイルコンパクトクロスオーバー「キャプチャー(CAPTUR)」。ルノーの新デザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」の2番目「EXPLORE(冒険の旅に出る)」をテーマとする。車体寸法は、全長4,125mm×全幅1,780mm×全高1,565mm。最高出力120馬力、最大トルク19.4kgmの1.2L DOHCターボチャージャー付エンジンを搭載し、トランスミッションには6速エフィシエントデュアルクラッチを組み合わせ、駆動方式はFFのみの設定。ラインアップは、16インチアロイホイールを装備する「ゼン」、2トーンボディカラーやプライバシーガラスを装備した「インテンス」の2グレードを設定。温かみがあり、親しみのもてるデザインを取り入れ、コンパクトなサイズのボディと大径ホイールの組み合わせは、スポーティーさと冒険への情熱を感じさせ、高さのある地上高は、1つ上のクラスのクロスオーバーや4WDモデルに匹敵する。リアシートには160mmの前後スライド機構を採用し、シートを後端まで下げると、640mmのニールームを得ることが可能。安全装備では、ESC(トラクションコントロール付横滑り防止装置)、 ABS、EBD(電子制御制動力配分システム)に加え、オートライト、フロント雨滴感応式オートワイパー、スピードリミッター&クルーズコントロールを全車に採用。また、「インテンス」には車両の曲がる方向を照らす「フロントディレクショナルフォグランプ」も標準装備。右ハンドルのみの設定。

ルノーキャプチャーの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
インテンス 1197cc FF 2,598,000円
ゼン 1197cc FF 2,498,000円

ニュース - ルノー キャプチャー

ルノー キャプチャー S-エディション発売、スポーティな2トーンカラー 282万9000円で50台限定
ルノー キャプチャー S-エディション発売、スポーティな2トーンカラー 282万9000円で50台限定
ルノー・ジャポンは、コンパクトSUV『キャプチャー』(Renault Captur)に、スポーティな2トーンカラーのエクステリアと上質なインテリアを組...
ルノー キャプチャー 改良新型、悪路での走破性など向上 269万9000円より
ルノー キャプチャー 改良新型、悪路での走破性など向上 269万9000円より
ルノー・ジャポンは、小型クロスオーバーSUV『キャプチャー』をマイナーチェンジし、3月8日より販売を開始した。

試乗レポート - ルノー キャプチャー

【ルノー キャプチャー 試乗】微妙に良くなった性能は、使い勝手の向上に…中村孝仁
【ルノー キャプチャー 試乗】微妙に良くなった性能は、使い勝手の向上に…中村孝仁
ルノーは『ルーテシア』と共に、『キャプチャー』のエンジン性能を引き上げた。ルーテシアはインテリアのデザインも若干変更されているが、キャプチャーの方は変...
【ルノー キャプチャー インテンス 試乗】「よれ」も懐の深さに変えるルノー・マジック…岩貞るみこ
【ルノー キャプチャー インテンス 試乗】「よれ」も懐の深さに変えるルノー・マジック…岩貞るみこ
まいったなあ。走りはじめたとたん、ぐにゃりとする乗り心地に、全身が一瞬、拒絶反応を見せる。クルマたるもの、ボディ剛性が大事だというのに、なんなのだ、こ...