ルノー カングー 2012年モデル

ルノー カングー 2012年3月モデル

個性的なエクステリアと卓越したユーティリティにより、日本導入以来、ルノー車販売の5割を占める基幹モデルとなったルノーカングー(Kangoo)。2代目カングーは、1.6L 直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、105ps/15.1kgmのパワーアップ&トルクを発生し、MTモード付き4速ATまたは、5速MTが組み合わされる。ボディサイズは、全長4215mm、全幅1830mm全高は1810mm、ホイールベースは2700mmと、広い室内空間の実現している。先代モデルから継続採用となる、リヤ両側スライディングドアとダブルバックドアのほか、6対4分割可倒式リヤシートや助手席前倒し機構により、荷室容量は660Lから最大2866Lまで拡大可能となる。フロント/リアフォグランプやクルーズコントロールなどを装備。また、カーナビ等を搭載した限定車「ナビライン」を設定。今回、上級グレード「イマージュ」を設定。エクステリアでは前後バンパーにシルバーのアクセントが入るほか、ブラックヘッドランプマスク、15インチアルミホイールを装備。インテリアでは、レッド/シルバー/ブラックの3トーンカラーのシートを採用するとともに、レザーステアリング、バックソナーを装備。さらにESP(横すべり防止装置)を標準装着。ボディカラーはルージュ パボメタリック、ノワール メタルメタリック、グリ ベージュメタリック、ブルーエトワールメタリック、マロン ショコラメタリックの全5色を設定。ハンドルは右ハンドルのみ設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
イマージュ 1598cc FF 2,448,000円

ニュース - ルノー カングー

メルセデスベンツ版「カングー」、『シタン』新型にEV…今春欧州発売へ
メルセデスベンツ版「カングー」、『シタン』新型にEV…今春欧州発売へ
◆1回の充電での航続は最大285km ◆急速充電ではバッテリー容量の8割を40分で充電可能 ◆SクラスやCクラス譲りの先進運転支援システム
日本車にもあった“カングー的”なクルマ?『AD MAX』とは【懐かしのカーカタログ】
日本車にもあった“カングー的”なクルマ?『AD MAX』とは【懐かしのカーカタログ】
来年には日本市場でも登場という新型ルノー『カングー』は気になるところ。そんなタイミングで、今回は過去にあったカングー的なクルマの代表格、日産『AD M...

試乗レポート - ルノー カングー

【ルノー カングー 海外試乗】ディーゼル×6MTのカングーには、効率だけではない価値がある…南陽一浩
【ルノー カングー 海外試乗】ディーゼル×6MTのカングーには、効率だけではない価値がある…南陽一浩
◆新型カングーのディーゼル×6MT「Blue dCi 115」を試乗 ◆アルピーヌよりも豪華?な内装の質感 ◆外観全体から醸し出される踏ん張り感 ◆先...
【ルノー カングー 海外試乗】「カングーらしさ」は受け継がれたのか?…南陽一浩
【ルノー カングー 海外試乗】「カングーらしさ」は受け継がれたのか?…南陽一浩
フランス式の合理的な商用バンを起原とし、乗用車バージョンとなっても、抜群のユーティリティとそこはかとなく可愛げあるデザインで、初代も2代目も大ヒット御...