ローバー 75 1999年モデル

ローバー 75 1999年9月モデル

ローバーのフラッグシップサルーンが75。デザイン・ディレクター、リチャード・ウーリーの手による、旧きよき時代のローバーらしさという伝統と未来を融合し進化させたデザインは、革新的なブリティッシュ・サルーンの姿を創造している。ボディは4775mmの全長と1780mmの全幅を持つ堂々としたサイズ。搭載されるエンジンは177馬力の最高出力を発生するV型6気筒2.5Lで、5ATが組み合わさる。駆動方式はFFを採用。グレード展開は上級の2.5コニサーと標準の2.5クラブの2タイプ。装備の差はパワーシートやサンルーフ、オーディオシステムなどとなる。曲面と曲線を多用したインテリアは、ウォールナットのインパネとレザーシートのコンビネーションという英国伝統の手法を見事に踏襲している。安全装備として全モデルにデュアル&サイドに加えて頭部保護機能を持つITSエアバッグ、EBD付きABS、トラクションコントロール、プリテンショナー付きシートベルトを標準で装着。ステアリング位置は右のみとなる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.5コニサー 2497cc FF 9.9km/l 4,690,000円
2.5クラブ 2497cc FF 10.4km/l 4,250,000円