スバル フォレスター 1998年モデル

スバル フォレスター 1998年9月モデル

インプレッサ系のシャシーをベースに、SUVのシェルを被せたフォレスター。1997年2月発売当初は250馬力の2Lツインカムターボを搭載するモデルのみだったが、137馬力の2Lシングルカム、167馬力の2.5Lツインカム(AVCS:可変バルブタイミング)の追加を受け、現在は水平対向4気筒3ユニットにラインアップを強化している。駆動方式はすべてフルタイム4WD。組み合わされるミッションは、新搭載2.5Lが4速ATのみ、2Lはターボ、シングルカムともに4速ATと5速MTの両方が用意されている。2Lシングルカムには副変速機が組み合わされローレンジでの強い駆動力を得ることもできる。ベーシックな「C/20」/「S/20」、ターボ搭載「S/tb」/「T/tb」、2.5L「T/25」をグレードラインアップ。サスペンションは前後ともにストラットの4輪独立懸架方式。リヤシートは左右にアームレストを持つタイプで、6対4のシングルフォールディング分割可倒式。フラットシートはラゲッジフロア面と前席を連結するタイプ。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
T/tb 1994cc FULL4WD 10.6km/l 2,440,000円
T/25 2457cc FULL4WD 11.0km/l 2,390,000円
S/tb 1994cc FULL4WD 10.6km/l 2,210,000円
S/tb 1994cc FULL4WD 11.6km/l 2,120,000円
S/20 1994cc FULL4WD 11.6km/l 2,010,000円
S/20 1994cc FULL4WD 12.6km/l 1,950,000円
C/20 1994cc FULL4WD 11.6km/l 1,860,000円
C/20 1994cc FULL4WD 12.6km/l 1,790,000円
スバル フォレスター 1998年4月モデル

スバルフォレスターは、シティーロードからラフロードまで、あらゆる路面で高い走行性能を備えた新世代SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)。大型のSUVでもワゴンでもない、両者の良さを併せ持つ独特のパッケージングとしている。低重心で前後左右の重量バランスに優れた、スバル独自のシンメトリー4WDを採用。優れたアクティブセイフティ能力を発揮する。また、200mmのロードクリアランス、環状力骨構造などの採用により、安全性も世界基準を満たしている。水平対向4気筒DOHC16バルブICターボは2Lで250馬力、新搭載の水平対向4気筒SOHC16バルブエンジンは135馬力。5速MT車はギヤ比全体をハイ/ローの2段階に切り替えられる、デュアルレンジを採用。充分なトラクション性能を確保して、急なアップダウンの加速性能やエンジンブレーキにも効果 を発揮する。上から「T/tb」、「S/tb」、「C/tb」、自然吸気エンジン、ボンネットのエアインテークレスの「C/20」をラインアップする。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
S/tb 1994cc FULL4WD 10.4km/l 2,290,000円
S/tb 1994cc FULL4WD 11.4km/l 2,190,000円

ニュース - スバル フォレスター

【スバル フォレスター 改良新型】上級グレードのAdvance、 ナッパーレザーシートで高級感を演出[詳細画像]
【スバル フォレスター 改良新型】上級グレードのAdvance、 ナッパーレザーシートで高級感を演出[詳細画像]
フロントバンパーやヘッドランプを刷新して大幅改良したスバルの改良新型『フォレスター』。グリルが大型化し、より力強いデザインとなった。写真は上級グレード...
【スバル フォレスター 改良新型】X-BREAKは幾何学テクスチャーや防水シート採用でタフさを強化[詳細画像]
【スバル フォレスター 改良新型】X-BREAKは幾何学テクスチャーや防水シート採用でタフさを強化[詳細画像]
スバルの改良新型『フォレスター』は、スバルのデザインコンセプト「BOLDER」表現を取り入れ、よりSUVらしい印象となった。「X-BREAK」グレード...

試乗レポート - スバル フォレスター

【スバル フォレスター 雪上試乗】e-BOXERで進化した制御を“スバルAWDの故郷”で味わう…丸山誠
【スバル フォレスター 雪上試乗】e-BOXERで進化した制御を“スバルAWDの故郷”で味わう…丸山誠
◆スバルAWDの故郷で最新AWDに試乗 ◆e-BOXERの応答性が安定した走りにつながっている ◆モーターの力を得て、より緻密な制御が可能に
【スバル フォレスター 新型試乗】X-BREAKこそ、フォレスターの真打ちだ…中村孝仁
【スバル フォレスター 新型試乗】X-BREAKこそ、フォレスターの真打ちだ…中村孝仁
◆X-BREAKこそ、フォレスターの真打ち ◆3つの訴求ポイント ◆泣き所はやはりCVTのリニアトロニック ◆使い倒せる道具感に満ち溢れている