スバル レガシィB4の口コミ・評価

スバル レガシィB4
総合評価
4.6
外観
4.6
走行性能
4.9
内観
4.2
乗り心地
4.7
価格
4.3
燃費
2.9

水平対向6気筒の滑らかで爽快な加速を味わえるレガシィ3.0R

総合評価5.0外観4.0|内観4.0|走行性能5.0|乗り心地4.0|価格5.0|燃費4.0

数年前に中古車としてレガシィを購入しました。グレードは3.0Rで水平対向6気筒3000cc(EZ30)を搭載し、250PS-31kgmを発生します。可変バルブタイミング・バルブリフト機構を備え(ポルシェと同システム)、ショートストローク高回転型で、とにかく良く走ります。私的にはカタログスペックは本当?と思うくらいです。特に3000rpmを超えたあたりから一気に飛び出すような感覚はヤミツキになります。レッドゾーン一杯の7000rpmまで、シートに押し付けられるような胸をすく加速が味わえます。スバルディーラーの営業曰く、元々輸出用として開発されたエンジンなため耐久性も高いようです。輸出仕様は最高速も250km/h程度出るようです。また、タイミングチェーンゆえメンテナンスフリーで2.0GT等のようにタイミングベルト交換は不要です。私の車は初年度登録から十年以上経ちますが、信号待ちなどのアイドリング停車中にもハンドルの振動が全く無くエンジンが静かで、とても古い車だとは思えません。この3連休も400km程高速を走って来ましたが、一部の高性能スポーツカーや大排気量高級車を除いては走りで負けるような車は殆ど無く、とても爽快にドライブを楽しめました。

WSさん(男性・40代・岐阜県)
所有形態
購入者(本人)
乗車時期
2015年11月
投稿
2017/11/01
車種
  1. スバル
  2. レガシィB4
  3. 3.0R

ページトップへ