スバル レガシィツーリングワゴン 2012年モデル

スバル レガシィツーリングワゴン 2012年9月モデル

5代目となるレガシィ(LEGACY)シリーズは、全幅1780mmのアッパーミドルクラスサイズの「ツーリングワゴン」に、セダン「B4」、SUV「アウトバック」の3タイプをラインアップする。「ツーリングワゴン」は、2.5L DOHCエンジン搭載の「2.5i」/「2.5i Lパッケージ」/「2.5iアイサイト」、「2.5i アイサイトSパッケージ」、2.5L DOHCターボ搭載の「2.5GTアイサイト」、2L 水平対向4気筒DOHC直噴ターボエンジン搭載の「2.0GT DIT(Direct Injection Turbo)」を用意。今回、「ツーリングワゴン」の「2.0GT DIT(Direct Injection Turbo)」に、先進運転支援システム「アイサイト(ver.2)」を搭載した、「2.0GT DITアイサイト」を追加した。力強い加速性能と環境性能を併せ持った2L 水平対向直噴ターボエンジンに、先進運転支援システム「アイサイト(ver.2)」を組み合わせることで、スバルが目指す、安心感あるドライビングと走る愉しさを高い次元で両立させた。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.0GT DITアイサイト 1998cc FULL4WD 3,696,000円
スバル レガシィツーリングワゴン 2012年5月モデル

5代目となるレガシィ(LEGACY)シリーズは、全幅1780mmのアッパーミドルクラスサイズの「ツーリングワゴン」に、セダン「B4」、SUV「アウトバック」の3タイプをラインアップする。「ツーリングワゴン」は、2.5L DOHCエンジン搭載の「2.5i」/「2.5i Lパッケージ(Package)」/「2.5iアイサイト(EyeSight)」、2.5L DOHCターボ搭載の「2.5GTアイサイト」を用意。今回、新たに2L 水平対向4気筒DOHC直噴ターボエンジンを搭載した「2.0GT DIT」を設定。2.0L 水平対向直噴ターボエンジンと高トルク対応リニアトロニックを組み合わせることで、力強い加速感をもつ高い走行性能と環境性能の両立を図った。また、フロントグリルを中心に新しいスバルデザインモチーフを採用し、新世代ボクサーエンジンと新リニアトロニック(CVT)搭載による燃費性能向上、走る愉しさと安心感をさらに高めるSI-シャシーの改良、先進運転支援システム「アイサイト(ver.2)」の進化を行った。インテリアでは、インストルメントパネルの加飾をシルバーからダークメタリック調へと変更。SI-DRIVEのスイッチや電動パーキングブレーキのスイッチの配置を見直した。また、2.5iを除くグレードでは、マルチインフォメーションディスプレイ付きルミネセントメーターを搭載。メーター中央に3.5インチのカラー液晶を配置し、燃費情報やアイサイト(ver.2)の動作状況を表示する。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.0GT DIT 1998cc FULL4WD 13.2km/l 3,591,000円
2.5GTアイサイト 2457cc FULL4WD 11.2km/l 3,486,000円
2.5iアイサイト Sパッケージ 2498cc FULL4WD 13.2km/l 3,003,000円
2.5iアイサイト 2498cc FULL4WD 14.4km/l 2,898,000円
2.5i Lパッケージ 2498cc FULL4WD 14.4km/l 2,793,000円
2.5i 2498cc FULL4WD 14.0km/l 2,436,000円

試乗レポート - スバル レガシィツーリングワゴン

【スバル レガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT 試乗】動力性能は文句なし、環境性能は物足りない…松下宏
【スバル レガシィツーリングワゴン 2.0GT DIT 試乗】動力性能は文句なし、環境性能は物足りない…松下宏
『レガシィ』が力の入ったマイナーチェンジを実施し、走りの中身の大きく進化させてきた。小手先の変更にとどまらない熟成を進める形のマイナーチェンジはスバル...
【スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT 試乗】切れ味のいい走りが復活…島崎七生人
【スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT 試乗】切れ味のいい走りが復活…島崎七生人
“D型”へと進化した最新『レガシィ』。正直なところ力強過ぎる新しいマスクには、もう少し温和さが欲しい気がする。ショーカー「ハイブリッドツアラー」等のデ...