スバル レヴォーグ

スバル レヴォーグ

スバル
レヴォーグ

新車価格 266~405万円
中古車価格 117478万円
実燃費(※) 10.60km/L(196位/256車種
2014年6月(平成26年6月)~販売中

4.6点(口コミ19件)外観4.4|内観4.0|走行性能4.9|乗り心地4.5|価格3.7|燃費3.5

スバル レヴォーグ 2017年8月モデル

スバルが長年培ってきた「安心で愉しい」クルマづくりのノウハウと最新技術を注ぎ込んだ、スポーツツアラー「レヴォーグ」。ラインアップは、新開発となる「1.6L インテリジェントDIT」を搭載する「1.6GTアイサイト」、「1.6GTアイサイト Sスタイル」、「1.6GT‐Sアイサイト」、「1.6STIスポーツアイサイト」、「2L ハイパフォーマンスDIT」を搭載する「2.0GT‐Sアイサイト」、「2.0STIスポーツアイサイト」を設定。1.6L搭載車は、リニアトロニックと組み合わせ、2L搭載車は、スポーツリニアトロニックとの組み合わせにより、300馬力の高出力、2000rpmで400N・m(40.8kgf・m)に達する高トルクの圧倒的な動力性能を最大限引き出し、ダイレクト感あるスポーティで愉しいドライビングを提供。今回、大幅改良を行い、全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートするアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」として初搭載。ロングツーリングの際の快適性と安心感を大幅に高めた。更に、後退時自動ブレーキシステム、フロントビューモニター、スマートリヤビューミラー、ステアリング連動ヘッドランプ等の先進安全機能を新たに追加。全方位にわたってドライバーの安全運転を支援する仕様とした。走行性能は、サスペンションと電動パワーステアリングの改良により(STI スポーツを除く)、乗り心地や操縦安定性、操舵フィーリングを高めたほか、ボディの各所に振動騒音対策を施すことで走行時の静粛性を向上。加えて、1.6Lエンジンの制御を最適化し、実用燃費を向上。エクステリアは、フロントグリルやフロントバンパー、LEDヘッドランプのデザインを刷新するとともに、フロントフォグランプにLEDを採用したことで、より精悍なフロントフェイスとしたほか、一部グレードには新しいデザインのアルミホイールを採用。インテリアは、インパネやセンターコンソール、センターパネルをはじめとする各種パネルをより質感の高いものに変更。8インチのナビゲーションにも対応した仕様とし、ビルトインナビのデザインも一新。更に、利便性を高めるためにリヤシートの分割方式を多彩なアレンジが可能な4:2:4分割に変更したほか、これまで本革シート装着車にのみに設定されていたシートヒーターを、1.6GT アイサイトを除くグレードに標準装備。ボディカラーには新色の「ストームグレー・メタリック」を含む全8色を用意。

スバルレヴォーグの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.0STIスポーツアイサイト 1998cc FULL4WD 4,050,000円
2.0GT-Sアイサイト 1998cc FULL4WD 3,618,000円
1.6STIスポーツアイサイト 1599cc FULL4WD 3,564,000円
1.6GT-Sアイサイト 1599cc FULL4WD 3,078,000円
1.6GTアイサイト Sスタイル 1599cc FULL4WD 2,926,800円
1.6GTアイサイト 1599cc FULL4WD 2,829,600円
スバル レヴォーグ 2016年7月モデル

スバルが長年培ってきた「安心で愉しい」クルマづくりのノウハウと最新技術を注ぎ込んだ、スポーツツアラー「レヴォーグ」。ラインアップは、新開発となる「1.6L インテリジェントDIT」を搭載する「1.6GTアイサイト」、「1.6GT‐Sアイサイト」、「1.6GTアイサイト Sスタイル」、「2L ハイパフォーマンスDIT」を搭載する「2.0GT‐Sアイサイト」を設定。1.6L搭載車は、リニアトロニックと組み合わせ、2L搭載車は、スポーツリニアトロニックとの組み合わせにより、300馬力の高出力、2000rpmで400N・m(40.8kgf・m)に達する高トルクの圧倒的な動力性能を最大限引き出し、ダイレクト感あるスポーティで愉しいドライビングを提供。今回、レヴォーグに最上級グレード「1.6STIスポーツアイサイト」、「2.0STIスポーツアイサイト」を設定。スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)とのコラボレーションにより、レヴォーグが持つ「走行性能」と「走りの質感」・「内外装の質感」をこれまでよりも更に高めた。走りのパフォーマンスの進化に加え、走り始めからすぐに分かる上質な乗り味と高い操縦安定性を実現。さらに、走りの質感に相応しい洗練された専用内外装を採用することで、レヴォーグの魅力を最大限に引き出した。エクステリアは、「STIスポーツ」専用デザインのフロントフェイスやアルミホイールを採用。インテリアは専用のテーマカラーの「ボルドー」でコーディネートすることで特別感を演出し、レヴォーグ最上級グレードに相応しい仕様とした。ボディカラーは、「STIスポーツ」限定色「WRブルー・パール」を含む全8色を用意。

スバルレヴォーグの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.0STIスポーツアイサイト 1998cc FULL4WD 3,942,000円
1.6STIスポーツアイサイト 1599cc FULL4WD 3,488,400円
スバル レヴォーグ 2016年6月モデル

スバルが長年培ってきた「安心で愉しい」クルマづくりのノウハウと最新技術を注ぎ込んだ、スポーツツアラー「レヴォーグ」。ラインアップは、新開発となる「1.6L インテリジェントDIT」を搭載する「1.6GTアイサイト」、「1.6GT‐Sアイサイト」、「1.6GTアイサイト Sスタイル」、「2L ハイパフォーマンスDIT」を搭載する「2.0GT‐Sアイサイト」を設定。1.6L搭載車は、リニアトロニックと組み合わせ、2L搭載車は、スポーツリニアトロニックとの組み合わせにより、300馬力の高出力、2000rpmで400N・m(40.8kgf・m)に達する高トルクの圧倒的な動力性能を最大限引き出し、ダイレクト感あるスポーティで愉しいドライビングを提供。今回、第三者評価でも高い評価を獲得している衝突安全性能をさらに強化。前面衝突時に瞬時にシートベルトを巻き取り、乗員を拘束するシートベルトプリテンショナーを左右リヤシートにも採用。リヤシートのクッションも安全性の高い構造に改良するなど、後席の乗員保護性能を向上。さらに、フロントドアにアッパービームを追加し、側面衝突への対応も強化している。また、デザイン性の向上として、エントリーグレードの「1.6GTアイサイト」には、新デザインの17インチアルミホイールを採用。ガンメタリック塗装と切削光輝を組み合わせたスポーティで質感高いデザインを採用しつつ、空力性能の向上と軽量化も実現。「GT‐S」グレードには、上級グレードに相応しいスポーティかつ上質で華やかな印象を与える「ブライトパール内装」をメーカーオプションとして新設定。さらに、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化して、室内への透過音を低減。また、リヤクォーターガラスの板厚アップやカーゴルームの吸音材追加等で静粛性を高め、室内の質感と快適性を高めている。

スバルレヴォーグの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.0GT-Sアイサイト 1998cc FULL4WD 3,564,000円
1.6GT-Sアイサイト 1599cc FULL4WD 3,056,400円
1.6GTアイサイト Sスタイル 1599cc FULL4WD 2,905,200円
1.6GTアイサイト 1599cc FULL4WD 2,775,600円
スバル レヴォーグ 2015年4月モデル

スバルが長年培ってきた「安心で愉しい」クルマづくりのノウハウと最新技術を注ぎ込んだ、スポーツツアラー「レヴォーグ」。ラインアップは、新開発となる「1.6L インテリジェントDIT」を搭載する「1.6GTアイサイト」、「1.6GT‐Sアイサイト」、「2L ハイパフォーマンスDIT」を搭載する「2.0GTアイサイト」、「2.0GT‐Sアイサイト」を設定。1.6L搭載車は、リニアトロニックと組み合わせ、2L搭載車は、スポーツリニアトロニックとの組み合わせにより、300馬力の高出力、2000rpmで400N・m(40.8kgf・m)に達する高トルクの圧倒的な動力性能を最大限引き出し、ダイレクト感あるスポーティで愉しいドライビングを提供。今回、4つの機能をセットで装備する「アドバンスドセイフティパッケージ」の展開によって、車両周辺の全方位の安全性を高め、さらなる総合安全性能の強化を図った。「スバルリヤビークルディテクション」は走行時の後側方検知や後退時の左右後方検知を行う機能、「サイドビューモニター」は左前方の死角を確認可能とする機能で、車両周囲の全方位の安全性を向上。また、「ハイビームアシスト」は、ヘッドランプのハイビーム/ロービームの自動切替機能、「アイサイトアシストモニター」はアイサイトの作動状況をフロントウィンドゥに表示し、少ない視線移動で状況を確認できる機能で、ドライバーが運転に集中できるようにアシストを行い、安全性を高めた。さらに、「1.6GT アイサイト」の燃費性能を17.6km/L(JC08モード)に向上するなど、基本性能についても、燃費向上や足回りチューニングの変更を行った。ボディカラーは、「ピュアレッド」を含む全7色を用意。

スバルレヴォーグの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.0GT-Sアイサイト 1998cc FULL4WD 3,564,000円
2.0GTアイサイト 1998cc FULL4WD 3,348,000円
1.6GT-Sアイサイト 1599cc FULL4WD 3,056,400円
1.6GTアイサイト 1599cc FULL4WD 2,775,600円
スバル レヴォーグ 2014年6月モデル

スバルが長年培ってきた「安心で愉しい」クルマづくりのノウハウと最新技術を注ぎ込んだ、新型スポーツツアラー「レヴォーグ」。それぞれの特長を持った2種類のエンジンを搭載する。新開発となる「1.6L インテリジェントDIT」を搭載する「1.6GT」、「1.6GTアイサイト」、「1.6GT‐Sアイサイト」は、リニアトロニックと組み合わせる。小排気量エンジンにターボ技術を採用することで、軽快な走りを実現する動力性能と、17.4km/L(JC08モード)の優れた燃費性能を両立。「2L ハイパフォーマンスDIT」を搭載する「2.0GTアイサイト」、「2.0GT‐Sアイサイト」は、スポーツリニアトロニックとの組み合わせにより、300馬力の高出力、2000rpmで400N・m(40.8kgf・m)に達する高トルクの圧倒的な動力性能を最大限引き出し、ダイレクト感あるスポーティで愉しいドライビングを提供。さらに、新世代へと進化したスバル独自の運転支援システム「EyeSight(ver.3)」を初搭載。安全性能のさらなる向上に加え、操舵支援機能をであるアクティブレーンキープをはじめ、AT誤後進抑制、ブレーキランプ認識制御などの新機能、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールの性能向上により、最先端の予防安全技術を提供。エクステリアは、ルーフ後端を低く抑えることで、流麗でスタイリッシュなシルエットを実現。フロントデザインは、スバルの統一デザインモチーフであるヘキサゴングリルから始まるダイナミックで立体感ある造形を、ノーズコーンを採用することで実現。ヘッドランプには精悍な印象を与えるホークアイヘッドランプを採用。インテリアは、質感の高さに徹底的にこだわり、艶のあるピアノブラック調パネルを中心に、金属調アクセントやメッキパーツを要所に採用。ステアリングには、スポーティな印象を高めるDシェイプステアリングを採用することで、走りへの期待感を高めた。ボディカラーは「スティールブルーグレー・メタリック」を含む全7色用意。

スバルレヴォーグの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.0GT-Sアイサイト 1998cc FULL4WD 3,564,000円
2.0GTアイサイト 1998cc FULL4WD 3,348,000円
1.6GT-Sアイサイト 1599cc FULL4WD 3,056,400円
1.6GTアイサイト 1599cc FULL4WD 2,775,600円
1.6GT 1599cc FULL4WD 2,667,600円

※直近90日以内の燃費データより集計。EV、PHV/PHEV、FCVを除く

ニュース - スバル レヴォーグ

ソニックプラス×レヴォーグ、専用スピーカー搭載デモカーが全国を巡回 11月3日より
ソニックプラス×レヴォーグ、専用スピーカー搭載デモカーが全国を巡回 11月3日より
ソニックデザインは、最新のソニックデザイン公式デモカーが巡回する販売店協賛イベント「秋のプレミアムセール&ツアー 2017」を11月3日から12月17...
ソニックプラス×スバル レヴォーグ、試聴体験会を全国で開催 10月14-15日
ソニックプラス×スバル レヴォーグ、試聴体験会を全国で開催 10月14-15日
ソニックデザインは、車種別スピーカーパッケージ「ソニックプラス」を装着したスバル『レヴォーグ』のデモカーを使った試聴体験会を10月14日・15日の2日...

試乗レポート - スバル レヴォーグ

【スバル レヴォーグ 試乗】旧世代プラットフォームで上手く期待に応えた…井元康一郎
【スバル レヴォーグ 試乗】旧世代プラットフォームで上手く期待に応えた…井元康一郎
富士重工業あらためSUBARUのCセグメントステーションワゴン『レヴォーグ』改良版の生産試作車を伊豆・修善寺にあるクローズドコース「日本サイクルスポー...
【スバル レヴォーグ STIスポーツ 試乗】地道で目立たないが、良心を感じる改良…中村孝仁
【スバル レヴォーグ STIスポーツ 試乗】地道で目立たないが、良心を感じる改良…中村孝仁
生産調整やら発売時期などの関係で、最近のスバルの試乗会はナンバーが付く前に開催されることがほとんどになった。今回も例に盛れず、リニュアルされた『レヴォ...