スズキのカタログ

カタログ登録台数 4,165

1909年創業の鈴木式織機製作所を前身とし、50年代にオートバイ開発に乗り出したことを機に1954年に鈴木自動車工業と改称。軽自動車の販売台数では国内トップクラス。特に1993年発売の初代ワゴンRのコンセプトは革新的で、軽トールワゴンという新たなジャンルを開拓した。近年はアジア諸国での強固な基盤づくりが注目されている。コーポレートスローガンは「小さなクルマ、大きな未来。」。

ニュース - スズキ

【中田徹の沸騰アジア】トヨタ・スズキ vs VW・タタ、インド攻防戦は新展開へ
【中田徹の沸騰アジア】トヨタ・スズキ vs VW・タタ、インド攻防戦は新展開へ
「豊田章男社長と鈴木修会長との素晴らしい会談(a wonderful meeting)の場を持った」インドのモディ首相がツイッターでそうつぶやいたのは...
スズキ GSR250、2017年モデルを発売…カラーリングを変更
スズキ GSR250、2017年モデルを発売…カラーリングを変更
スズキは、ロードスポーツバイク『GSR250』のカラーリングを変更して、3月30日より発売する。

試乗レポート - スズキ

【スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ 試乗】仕上がりがいいだけにノイズが気になる…諸星陽一
【スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ 試乗】仕上がりがいいだけにノイズが気になる…諸星陽一
標準タイプの『ワゴンR』のなかで、上下2段分割のヘッドライトが与えられ、スポーティな顔立ちとなっているのが「ハイブリッドFZ」グレード。
【スズキ ワゴンR スティングレー 試乗】デザインがアリならベストな選択…諸星陽一
【スズキ ワゴンR スティングレー 試乗】デザインがアリならベストな選択…諸星陽一
『ワゴンR』のスポーティ仕様として設定されている「スティングレー」は縦長のヘッドライトと厚みのある大型グリルが組み合わされたスタイリングを採用する。