スズキ エリオ 2001年モデル

スズキ エリオ 2001年1月モデル

取り回しのしやすいコンパクトな5ドアボディながら、高い天井と広い足元のゆとりのあるパッケージングが施されたクロスオーバータイプのミニバンがAERIO(エリオ)。エクステリアは空気の流れをイメージしたモノシェイプフォルム、V字型バックドアなど、特徴的なデザインを採用する。搭載されるエンジンはオールアルミ製の1.5L 可変バルブタイミング機構付き直4DOHC。110ps/6000rpm・14.5kgm/4000rpmのパワーとトルクを発生しつつ、平成12年基準排出ガス50%低減レベル認定を取得している。フロア式の5MT、ロックアップ機構付き4ATのトランスミッションを介して、前輪もしくは4輪を駆動。サスペンションはフロント/リヤともに、マクファーソンストラットが組み合わされる。リヤシートはダブルフォールディングの分割可倒式。リクライニング機能も備わる。グレードはベーシックなGと装備が充実したXをラインアップ。XにはFFと4WDの駆動方式が設定されるが、GはFFのみ。安全装備として全車にデュアルエアバッグ、EBD付き4輪ABS、ブレーキアシスト、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着する。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1490cc FULL4WD 14.4km/l 1,670,000円
1490cc FULL4WD 16.0km/l 1,570,000円
1490cc FF 16.0km/l 1,490,000円
1490cc FF 18.0km/l 1,390,000円
1490cc FF 16.0km/l 1,340,000円
1490cc FF 18.0km/l 1,250,000円

ニュース - スズキ エリオ

【第105回インディ500】エリオ・カストロネベスが史上最多に並ぶ4勝目…連覇を目指した佐藤琢磨は14位
【第105回インディ500】エリオ・カストロネベスが史上最多に並ぶ4勝目…連覇を目指した佐藤琢磨は14位
世界3大レースのひとつである「インディ500」の第105回大会決勝が現地5月30日に実施され、エリオ・カストロネベスが12年ぶりに優勝、史上最多タイと...
【ロサンゼルスモーターショー15】エリオ P5 プロトタイプ…しっかり安全装備の三輪自動車[詳細画像]
【ロサンゼルスモーターショー15】エリオ P5 プロトタイプ…しっかり安全装備の三輪自動車[詳細画像]
ベンチャー企業のエリオ・モーターズは、ロサンゼルスモーターショー15において、三輪自動車『エリオ』の最終プロトタイプ『P5』を出展した。