スズキ アルトエコ

スズキ アルトエコ

スズキ
アルトエコ

新車価格 83~110万円
中古車価格 1391万円
2011年12月(平成23年12月)~

4.0点(口コミ16件)外観4.3|内観3.6|走行性能4.1|乗り心地3.8|価格3.8|燃費4.6

スズキ アルトエコ 2014年4月モデル

スズキの低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げた「アルト エコ(ALTO ECO)」。ラインアップは、ベーシックな「ECO‐L」、充実装備の「ECO‐S」の2タイプ。ベース車のアルトの装備や機能はそのままに、R06A型エンジン、副変速機構付CVTの各パーツの見直しにより、フリクション低減を実施。リヤコンビネーションランプ(LED)とハイマウントストップランプ(LED)を採用することで、消費電力を低減し、エンジンの発電に対する負担を減らした。更に省電力燃料ポンプシステムを採用。運転状況に合わせて無駄なく燃料を供給することで省電力化した。また、エネチャージ、アイドリングストップシステム等、現在採用している低燃費化技術に加え、エンジンの圧縮比向上及び燃焼改善、摩擦抵抗低減、パワートレインの制御最適化により、従来型の33.0km/L(燃料消費率JC08モード走行、2WD車)から2.0km/L向上させて35.0km/Lを実現。低燃費と軽快な走りを両立した。さらに、圧縮比を11.0から11.2へ向上。また、寒冷地セットオプション装着車は、ヒーター性能を向上するなど、寒い日のドライブをさらに快適にする機能を充実させた。ボディカラーに「フェニックスレッドパール」、「シャンパンピンクパールメタリック」を設定。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

スズキアルトエコの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ECO-S 658cc FF 970,920円
ECO-L 658cc FULL4WD 965,520円
ECO-L 658cc FF 862,920円
ECO-S 658cc FULL4WD 1,073,520円
スズキ アルトエコ 2013年12月モデル

スズキの低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げた「アルト エコ(ALTO ECO)」。ラインアップは、ベーシックな「ECO‐L」、充実装備の「ECO‐S」の2タイプ。ベース車のアルトの装備や機能はそのままに、R06A型エンジン、副変速機構付CVTの各パーツの見直しにより、フリクション低減を実施。リヤコンビネーションランプ(LED)とハイマウントストップランプ(LED)を採用することで、消費電力を低減し、エンジンの発電に対する負担を減らした。更に省電力燃料ポンプシステムを採用。運転状況に合わせて無駄なく燃料を供給することで省電力化した。今回、エネチャージ、新アイドリングストップシステム等、現在採用している低燃費化技術に加え、エンジンの圧縮比向上及び燃焼改善、摩擦抵抗低減、パワートレインの制御最適化により、従来型の33.0km/L(燃料消費率JC08モード走行、2WD車)から2.0km/L向上させて35.0km/Lを実現。低燃費と軽快な走りを両立した。さらに、圧縮比を11.0から11.2へ向上。また、4WD車と新たに設定した2WD車の寒冷地セットオプション装着車は、ヒーター性能を向上するなど、寒い日のドライブをさらに快適にする機能を充実させた。ボディカラーに新色「フェニックスレッドパール」、「シャンパンピンクパールメタリック」を設定。

スズキアルトエコの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ECO-S 658cc FF 943,950円
ECO-L 658cc FULL4WD 938,700円
ECO-L 658cc FF 838,950円
ECO-S 658cc FULL4WD 1,043,700円
スズキ アルトエコ 2013年5月モデル

スズキの低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げた「アルト エコ(ALTO ECO)」。ラインアップは、ベーシックな「ECO‐L」、充実装備の「ECO‐S」の2タイプ。ベース車のアルトの装備や機能はそのままに、R06A型エンジン、副変速機構付CVTの各パーツの見直しにより、フリクション低減を実施。リヤコンビネーションランプ(LED)とハイマウントストップランプ(LED)を採用することで、消費電力を低減し、エンジンの発電に対する負担を減らした。更に省電力燃料ポンプシステムを採用。運転状況に合わせて無駄なく燃料を供給することで省電力化した。また、スズキの次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」を採用。スズキ独自の減速エネルギー回生機構「エネチャージ」や、さらに効率的に進化した「新アイドリングストップシステム」の搭載により燃料消費を抑えた。今回、カラー変更を行い、「スペリアホワイト」を追加した。

スズキアルトエコの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ECO-L 658cc FF 900,000円
ECO-S 658cc FULL4WD 1,100,000円
ECO-L 658cc FULL4WD 1,000,000円
ECO-S 658cc FF 1,000,000円
スズキ アルトエコ 2013年3月モデル

スズキの低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げた「アルト エコ(ALTO ECO)」。ラインアップは、ベーシックな「ECO‐L」、充実装備の「ECO‐S」の2タイプ。ベース車のアルトの装備や機能はそのままに、R06A型エンジン、副変速機構付CVTの各パーツの見直しにより、フリクション低減を実施。停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止するアイドリングストップシステムを採用し、JC08モード30.2km/Lの燃費を実現。リヤコンビネーションランプ(LED)とハイマウントストップランプ(LED)を採用することで、消費電力を低減し、エンジンの発電に対する負担を減らした。更に軽自動車初の省電力燃料ポンプシステムを採用。運転状況に合わせて無駄なく燃料を供給することで省電力化した。今回の一部改良では、スズキの次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」を新たに採用。スズキ独自の減速エネルギー回生機構「エネチャージ」や、さらに効率的に進化した「新アイドリングストップシステム」の採用により燃料消費を抑えた。車両重量を2WD車比で20kg軽量化したほか、エンジン・CVTのさらなる高効率化、空気抵抗などの走行抵抗を低減する技術を投入し、2WD車はガソリン車No.1(JC08モード走行燃費)の低燃費33.0km/L(燃料消費率JC08モード走行)を達成。エクステリアは、専用デザインのフロントグリルをはじめ、シルバーのアクセントを随所に配したほか、インテリアは、ライトグレーとブラウンを基調とした、明るく親しみやすい印象を持たせたことで標準車との差別化を図った。さらに燃費の向上に加え、電波式キーレスエントリーやリヤシートヘッドレスト(ECO-S)の採用など、機能や装備をさらに充実させることで、使い勝手や安心感を向上。また、今回新たに設定した4WD車を含め、「アルト エコ」全機種をエコカー減税の免税対象車とした。

スズキアルトエコの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ECO-L 658cc FF 900,000円
ECO-S 658cc FULL4WD 1,100,000円
ECO-L 658cc FULL4WD 1,000,000円
ECO-S 658cc FF 1,000,000円
スズキ アルトエコ 2012年7月モデル

スズキの低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げた「アルト エコ(ALTO ECO)」。ラインアップは、ベーシックな「ECO‐L」、充実装備の「ECO‐S」の2タイプ。ベース車のアルトの装備や機能はそのままに、R06A型エンジン、副変速機構付CVTの各パーツの見直しにより、フリクション低減を実施。停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止するアイドリングストップシステムを採用し、JC08モード30.2km/Lの燃費を実現。これにより平成17年排出ガス基準75%低減レベル、平成22年度燃費基準+25%を達成し、エコカー減税(環境対応車普及促進税制)により、自動車取得税、自動車重量税が75%減税される。リヤコンビネーションランプ(LED)とハイマウントストップランプ(LED)を採用することで、消費電力を低減し、エンジンの発電に対する負担を減らした。更に軽自動車初の省電力燃料ポンプシステムを採用。運転状況に合わせて無駄なく燃料を供給することで省電力化した。今回、内外装に、アクセントとなる水色を採用した「ECO-S エコブルーパッケージ」を追加。白のボディカラーにドアミラーやドアハンドル、シート表皮など内外装に水色のアクセントを追加したモデル。インテリアでは、水色のオーディオパネル、シート表皮、ドアアームレスト、インサイドドアハンドル、エアコンサイドルーバーを採用し、ステアリングのSマークエンブレムに水色のメッキを施している。

スズキアルトエコの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ECO-S エコブルーパッケージ 658cc FF 995,000円
スズキ アルトエコ 2012年6月モデル

スズキの低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げた「アルト エコ(ALTO ECO)」。ラインアップは、ベーシックな「ECO‐L」、充実装備の「ECO‐S」の2タイプ。ベース車のアルトの装備や機能はそのままに、R06A型エンジン、副変速機構付CVTの各パーツの見直しにより、フリクション低減を実施。停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止するアイドリングストップシステムを採用し、アイドリングストップ中でもハンドル操作をすることで再始動を可能にするなど、使い勝手を高めた。JC08モード30.2km/Lの燃費を実現。これにより平成17年排出ガス基準75%低減レベル、平成22年度燃費基準+25%を達成し、エコカー減税(環境対応車普及促進税制)により、自動車取得税、自動車重量税が75%減税される。リヤコンビネーションランプ(LED)とハイマウントストップランプ(LED)を採用することで、消費電力を低減し、エンジンの発電に対する負担を減らした。更に軽自動車初の省電力燃料ポンプシステムを採用。運転状況に合わせて無駄なく燃料を供給することで省電力化した。今回、さまざまな部品の見直しにより、10kgの軽量化を行ったほか、前後Sマークと車名のエンブレムは、青色のメッキを施した「アルト エコ」専用のエンブレムとした。

スズキアルトエコの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ECO-S 658cc FF 995,000円
ECO-L 658cc FF 895,000円
スズキ アルトエコ 2011年12月モデル

スズキの低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げガソリン車トップとなる燃費を実現した「アルト エコ(ALTO ECO)」。ラインアップはベーシックな「L」充実装備「S」の2タイプ。ベース車のアルトの装備や機能はそのままに、R06A型エンジン、副変速機構付CVTの各パーツの見直しにより、フリクション低減を実施。停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止する新アイドリングストップシステムを採用し、アイドリングストップ中でもハンドル操作をすることで再始動を可能にするなど、使い勝手を高めている。そのほか、車高を15mm下げ、形状を変更したフロントバンパーの採用により空気抵抗を低減させるとともに、全部品を見直して約20kgの軽量化と走行抵抗の低減を図り、10・15モード32.0km/L、JC08モード30.2km/Lの燃費を実現した。これにより平成17年排出ガス基準75%低減レベル、平成22年度燃費基準+25%を達成し、エコカー減税(環境対応車普及促進税制)により、自動車取得税、自動車重量税が75%減税される。リヤコンビネーションランプ(LED)とハイマウントストップランプ(LED)を採用することで、消費電力を低減し、エンジンの発電に対する負担を減らした。更に軽自動車初の省電力燃料ポンプシステムを採用。運転状況に合わせて無駄なく燃料を供給することで省電力化した。カラーバリエーションには、新色となる緑味を帯びた白(リーフホワイト)をはじめ全6色を設定した。

スズキアルトエコの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ECO-S 658cc FF 32.0km/l 995,000円
ECO-L 658cc FF 32.0km/l 895,000円

試乗レポート - スズキ アルトエコ

【スズキ アルトエコ 試乗】燃費高めつつ、より走りやすく…島崎七生人
【スズキ アルトエコ 試乗】燃費高めつつ、より走りやすく…島崎七生人
コツコツと燃費を上げてきたスズキ『アルトエコ』。最新型はJC08モード燃費を、これまで+2km/リットルの35km/リットル(4WD車も+1.6km/...
【スズキ アルトエコ 試乗】燃費は良いが音振などは安っぽい…松下宏
【スズキ アルトエコ 試乗】燃費は良いが音振などは安っぽい…松下宏
ダイハツの『ミライース』に続いて、スズキからも『アルトエコ』と呼ぶ燃費スペシャルが登場してきた。