スズキ アルトエコ 2012年モデル

スズキ アルトエコ 2012年7月モデル

スズキの低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げた「アルト エコ(ALTO ECO)」。ラインアップは、ベーシックな「ECO‐L」、充実装備の「ECO‐S」の2タイプ。ベース車のアルトの装備や機能はそのままに、R06A型エンジン、副変速機構付CVTの各パーツの見直しにより、フリクション低減を実施。停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止するアイドリングストップシステムを採用し、JC08モード30.2km/Lの燃費を実現。これにより平成17年排出ガス基準75%低減レベル、平成22年度燃費基準+25%を達成し、エコカー減税(環境対応車普及促進税制)により、自動車取得税、自動車重量税が75%減税される。リヤコンビネーションランプ(LED)とハイマウントストップランプ(LED)を採用することで、消費電力を低減し、エンジンの発電に対する負担を減らした。更に軽自動車初の省電力燃料ポンプシステムを採用。運転状況に合わせて無駄なく燃料を供給することで省電力化した。今回、内外装に、アクセントとなる水色を採用した「ECO-S エコブルーパッケージ」を追加。白のボディカラーにドアミラーやドアハンドル、シート表皮など内外装に水色のアクセントを追加したモデル。インテリアでは、水色のオーディオパネル、シート表皮、ドアアームレスト、インサイドドアハンドル、エアコンサイドルーバーを採用し、ステアリングのSマークエンブレムに水色のメッキを施している。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ECO-S エコブルーパッケージ 658cc FF 995,000円
スズキ アルトエコ 2012年6月モデル

スズキの低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げた「アルト エコ(ALTO ECO)」。ラインアップは、ベーシックな「ECO‐L」、充実装備の「ECO‐S」の2タイプ。ベース車のアルトの装備や機能はそのままに、R06A型エンジン、副変速機構付CVTの各パーツの見直しにより、フリクション低減を実施。停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止するアイドリングストップシステムを採用し、アイドリングストップ中でもハンドル操作をすることで再始動を可能にするなど、使い勝手を高めた。JC08モード30.2km/Lの燃費を実現。これにより平成17年排出ガス基準75%低減レベル、平成22年度燃費基準+25%を達成し、エコカー減税(環境対応車普及促進税制)により、自動車取得税、自動車重量税が75%減税される。リヤコンビネーションランプ(LED)とハイマウントストップランプ(LED)を採用することで、消費電力を低減し、エンジンの発電に対する負担を減らした。更に軽自動車初の省電力燃料ポンプシステムを採用。運転状況に合わせて無駄なく燃料を供給することで省電力化した。今回、さまざまな部品の見直しにより、10kgの軽量化を行ったほか、前後Sマークと車名のエンブレムは、青色のメッキを施した「アルト エコ」専用のエンブレムとした。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ECO-S 658cc FF 995,000円
ECO-L 658cc FF 895,000円

ニュース - スズキ アルトエコ

【e燃費アワード2014-2015】アルトエコ、総合部門2連覇を達成
【e燃費アワード2014-2015】アルトエコ、総合部門2連覇を達成
イードが運営する燃費管理サービス「e燃費」は2月16日、1年間で最も実用燃費の優秀だった車種を表彰する「e燃費アワード2014-2015」を発表。総合...

試乗レポート - スズキ アルトエコ

【スズキ アルトエコ 試乗】燃費高めつつ、より走りやすく…島崎七生人
【スズキ アルトエコ 試乗】燃費高めつつ、より走りやすく…島崎七生人
コツコツと燃費を上げてきたスズキ『アルトエコ』。最新型はJC08モード燃費を、これまで+2km/リットルの35km/リットル(4WD車も+1.6km/...
【スズキ アルトエコ 試乗】燃費は良いが音振などは安っぽい…松下宏
【スズキ アルトエコ 試乗】燃費は良いが音振などは安っぽい…松下宏
ダイハツの『ミライース』に続いて、スズキからも『アルトエコ』と呼ぶ燃費スペシャルが登場してきた。