スズキ バレーノ

スズキ バレーノ

スズキ
バレーノ

新車価格 141~172万円
中古車価格 69156万円
2016年3月(平成28年3月)~販売中

3.8点(口コミ5件)外観4.0|内観3.6|走行性能3.4|乗り心地4.0|価格3.8|燃費3.8

スズキ バレーノ 2018年5月モデル

デザイン、居住性、走行性能、安全性能など、コンパクトカーに求められる要素を高次元で調和させた、スズキが考える理想のコンパクトハッチバック「バレーノ」。流麗でエレガントなスタイリングに、ゆとりある居住空間と十分な荷室スペースを備えたパッケージングを採用した。ラインアップは、1L 直噴ターボのブースタージェットエンジン搭載の「XT」、1.2L 直列4気筒エンジン搭載の上級仕様「XS」を設定。トランスミッションは「XS」にCVT、「XT」には6速ATを組み合わせた。「XS」にはエクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、インテリアにはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどを採用。今回、「XT」の使用燃料をプレミアムガソリンからレギュラーガソリンに変更を行った。ボディカラーは、「プレミアムシルバーメタリック3」を含む全6色を用意。

スズキバレーノの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
XT 996cc FF 1,728,000円
スズキ バレーノ 2016年11月モデル

デザイン、居住性、走行性能、安全性能など、コンパクトカーに求められる要素を高次元で調和させた、スズキが考える理想のコンパクトハッチバック「バレーノ」。流麗でエレガントなスタイリングに、ゆとりある居住空間と十分な荷室スペースを備えたパッケージングを採用した。ラインアップは、1.2L自然吸気のデュアルジェットエンジンを搭載した「XG」、1L 直噴ターボのブースタージェットエンジン搭載の「XT」、「XT セットオプション装着車」を設定。トランスミッションは「XG」にCVT、「XT」、「XT セットオプション装着車」には6速ATを組み合わせた。今回、「XG」をベースとした上級仕様の「XS」を設定。トランスミッションは、CVTを組み合わせる。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、インテリアにはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどを採用。質感と機能を向上させたバリエーションを追加することで更なる選択肢を増やした。ボディカラーは、「プレミアムシルバーメタリック3」を含む全7色を用意。

スズキバレーノの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
XS 1242cc FF 1,544,400円
スズキ バレーノ 2016年5月モデル

デザイン、居住性、走行性能、安全性能など、コンパクトカーに求められる要素を高次元で調和させた、スズキが考える理想のコンパクトハッチバック「バレーノ」。流麗でエレガントなスタイリングに、ゆとりある居住空間と十分な荷室スペースを備えたパッケージングを採用した。ラインアップは、1.2L自然吸気のデュアルジェットエンジンを搭載した「XG」を用意。高効率なパワートレインや、優れた空力性能などで20.0km/L(JC08モード走行)を実現。トランスミッションはCVTを組み合わせた。今回、1L 直噴ターボのブースタージェットエンジン搭載の「XT」、「XT セットオプション装着車」を設定。燃費は、24.6km/L(JC08モード走行)を実現。トランスミッションは、6速ATを組み合わせる。エクステリアは、シャープな印象のLEDポジションランプを備えたディスチャージヘッドランプ、スポークタイプのスポーティーなホイールデザイン(16インチアルミホイール)を採用。インテリアは、優れたホールド性を持つ高い質感のシート、本革(XTセットオプション装着車)とファブリック(XT)を用意。また、様々な走行関連情報やエンジンのパワー/トルクの情報などを、視覚的にわかりやすく表示する、高精細で見やすい4.2インチ大型カラードット液晶のマルチインフォメーションディスプレイを採用(XTセットオプション装着車)。ボディカラーは、「プレミアムシルバーメタリック3」を含む全7色を用意。

スズキバレーノの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
XTセットオプション装着車 996cc FF 1,728,000円
XT 996cc FF 1,617,840円
スズキ バレーノ 2016年3月モデル

デザイン、居住性、走行性能、安全性能など、コンパクトカーに求められる要素を高次元で調和させた、スズキが考える理想のコンパクトハッチバック「バレーノ」。流麗でエレガントなスタイリングに、ゆとりある居住空間と十分な荷室スペースを備えたパッケージングを採用した。ラインアップは、1.2L自然吸気のデュアルジェットエンジンを搭載した「XG」を用意。高効率なパワートレインや、優れた空力性能などで20.0km/L(JC08モード走行)を実現。トランスミッションはCVTを組み合わせた。エクステリアは、幅広のフロントグリルと特徴的な縦型のヘッドランプを採用した、先進的で上質な印象のフロントマスクや、凝縮したエネルギーを前へ解き放つイメージを表現した、ロー&ワイドで力強くエレガントなスタイリング。豊かな面表情と、繊細なラインで、上質かつ優雅な躍動感を表現。インテリアは、引き締まったブラック内装にメッキ、ピアノブラック塗装、シルバー加飾を施し、上質感を演出。安全性は、ミリ波レーダー方式による衝突被害軽減システム レーダーブレーキサポートII(RBSII)を標準装備。前方衝突警報機能、前方衝突警報ブレーキ機能、前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、自動ブレーキ機能を備え、安全機能を充実させた。ボディカラーは、「プレミアムシルバーメタリック3」を含む全7色を用意。「オータムオレンジパールメタリック」、「レイブルーパールメタリック」は5月下旬販売開始予定。

スズキバレーノの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
XG 1242cc FF 1,414,800円

ニュース - スズキ バレーノ

スズキ バレーノ、ターボモデルをレギュラーガソリン仕様に変更
スズキ バレーノ、ターボモデルをレギュラーガソリン仕様に変更
スズキは、ハッチバックタイプの小型乗用車『バレーノ』の1.0リットルターボエンジン搭載車の使用燃料をプレミアムガソリンからレギュラーガソリンに変更し、...
【インドネシアモーターショー2017】スズキ、バレーノ やHVに反響…インドでの強み活かす
【インドネシアモーターショー2017】スズキ、バレーノ やHVに反響…インドでの強み活かす
スズキはインドネシア国際オートショーで『バレーノ』の同国導入を発表し、大きな注目を浴びた。ほかにもユニークな出展内容が目立ったが、その意図はなにか。現...

試乗レポート - スズキ バレーノ

【スズキ バレーノ 800km試乗】スイフト で描いた欧州コンパクトの“夢”は消えた…井元康一郎
【スズキ バレーノ 800km試乗】スイフト で描いた欧州コンパクトの“夢”は消えた…井元康一郎
スズキの世界戦略モデル『バレーノ』に5月に追加された1リットルターボ版「XT」で800kmあまりツーリングしてみる機会があったのでリポートする。
【スズキ バレーノ 試乗】インド製であることよりも「日本軽視」が問題…松下宏
【スズキ バレーノ 試乗】インド製であることよりも「日本軽視」が問題…松下宏
スズキが『イグニス』に次いで投入した登録車の『バレーノ』は、日本の自動車メーカーとして初めてインド製のクルマを輸入したことで話題になった。