スズキ キザシ

スズキ キザシ

スズキ
キザシ

新車価格 278~308万円
中古車価格 65153万円
2009年10月(平成21年10月)~
スズキ キザシ 2015年7月モデル

スズキが「世界の市場に向け、新しいクルマ作りに挑戦する」という想いを車名に込めた、「キザシ」。全長4650mm×全幅1820mm×全高1480mmのボディサイズを誇るスズキのフラッグシップモデルとなる。エンジンは、最高出力188馬力、最大トルク23.5kg・mを発揮する2.4L直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、6速MTモード付CVTを組み合わせる。ラインアップはモノグレードで、FFモデルとパートタイム4WD(電子制御4WDシステム:i-AWD)モデルの2タイプを設定。安全装備では、運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、フロントシート・リヤシートSRSサイドエアバッグなど9個のエアバッグを搭載するほか、軽量衝撃吸収ボディ「TECT」や、タイヤの横滑りやスリップを抑える車両走行安定補助システム「ESP」を標準装備する。インテリアはフロントシートはダブルステッチを取り入れた本革仕様とし、本革巻きシフトノブ・パーキングブレーキノブ、インナードアグリップ、パドルシフトや、クルーズコントロールなどを装備する。今回、一部改良を行った。

スズキキザシの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ベースグレード 2393cc PART4WD 3,083,400円
ベースグレード 2393cc FF 2,867,400円
スズキ キザシ 2014年4月モデル

スズキが「世界の市場に向け、新しいクルマ作りに挑戦する」という想いを車名に込めた、「キザシ」。全長4650mm×全幅1820mm×全高1480mmのボディサイズを誇るスズキのフラッグシップモデルとなる。エンジンは、最高出力188馬力、最大トルク23.5kg・mを発揮する2.4L直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、6速MTモード付CVTを組み合わせる。ラインアップはモノグレードで、FFモデルとパートタイム4WD(電子制御4WDシステム:i-AWD)モデルの2タイプを設定。安全装備では、運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、フロントシート・リヤシートSRSサイドエアバッグなど9個のエアバッグを搭載するほか、軽量衝撃吸収ボディー「TECT」や、タイヤの横滑りやスリップを抑える車両走行安定補助システム「ESP」を標準装備する。インテリアはフロントシートはダブルステッチを取り入れた本革仕様とし、本革巻きシフトノブ・パーキングブレーキノブ、インナードアグリップ、パドルシフトや、クルーズコントロールなどを装備する。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

スズキキザシの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ベースグレード 2393cc PART4WD 11.4km/l 3,083,400円
ベースグレード 2393cc FF 12.6km/l 2,867,400円
スズキ キザシ 2009年10月モデル

スズキが「世界の市場に向け、新しいクルマ作りに挑戦する」という想いを車名に込めた、「キザシ」。全長4650mm×全幅1820mm×全高1480mmのボディサイズを誇る新たなスズキのフラッグシップモデルとなる。エンジンは、最高出力188ps、最大トルク23.5kg・mを発揮する2.4L直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、6速MTモード付CVTを組み合わせる。ラインアップはモノグレードで、FFモデルとパートタイム4WD(電子制御4WDシステム:i-AWD)モデルの2タイプを設定。安全装備では、運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、フロントシート・リヤシートSRSサイドエアバッグなどスズキ初の9個のエアバッグを搭載するほか、軽量衝撃吸収ボディー「TECT」や、タイヤの横滑りやスリップを抑える車両走行安定補助システム「ESP」を標準装備する。インテリアはフロントシートはダブルステッチを取り入れた本革仕様とし、本革巻きシフトノブ・パーキングブレーキノブ、インナードアグリップ、パドルシフトや、クルーズコントロールなどを装備する。

スズキキザシの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ベースグレード 2393cc PART4WD 11.4km/l 2,997,750円
ベースグレード 2393cc FF 12.6km/l 2,787,750円

試乗レポート - スズキ キザシ

【スズキ キザシ 試乗】味付けしだいでは大化け…森口将之
【スズキ キザシ 試乗】味付けしだいでは大化け…森口将之
凝縮感のあるデザインに、強靭なボディ、締め上げられたシャシー。アスリートを思わせるセダンだ。その持ち味が生きるのは高速道路。直進安定性は完全に国産車の...
【スズキ キザシ 試乗】“キザシならでは”が欲しい…岡本幸一郎
【スズキ キザシ 試乗】“キザシならでは”が欲しい…岡本幸一郎
スズキが初めて手がけたDセグ車ということで、その実力のほどが大いに気になるところだが、概ねよくできているというのが率直な第一印象だ。