スズキ スペーシア 2013年モデル

スズキ スペーシア 2013年9月モデル

「スペーシア」は、手ごろなファミリーカーとして女性ドライバーを中心に拡大している軽ハイトワゴン市場に向け、「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」をコンセプトに開発した軽乗用車。ラインアップは、0.6L DOHC吸排気VVTを搭載する「G」、「X」、、0.6L DOHC VVTターボを搭載する「T」を用意し、共にCVTを組み合わせる。スズキの次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」の採用により、「G」、「X」(2WD車)にクラストップの低燃費29.0km/L(燃料消費率JC08モード走行)と軽快な走りを実現し、全機種をエコカー減税の免税対象車とする。エクステリアは、ピラーを立て、ルーフ幅を広げたボクシーなロングルーフデザインに、シンプルで親しみやすいフロントデザインを採用し、全てのピラーをブラックアウト化し、連続したガラスエリアで開放感を演出。インテリアは、インストルメントパネルの上面を低く、オーディオ部を前に配置。使い勝手も考慮した上下2段構成とし、上部をブラウン、下部を明るいベージュとした2トーンカラーを採用し、広いガラスエリアと、明るく開放的な印象のインテリアにより広さを演出。停車前の減速時、アクセルを離したときから燃料をカットし、さらにブレーキを踏んで13km/h以下になると自動でエンジンを停止する「新アイドリングストップシステム」を採用。今回、レーダーブレーキサポート「衝突被害軽減ブレーキ」、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)をセットにし、「G(レーダーブレーキサポート装着車)」、「X(レーダーブレーキサポート装着車)」、「T(レーダーブレーキサポート装着車)」を全機種にメーカーオプションで設定。全車フロントメッキグリルを新たに採用した外観とし、「G」は14インチタイヤとフロントスタビライザーを採用。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
T(レーダーブレーキサポート装着車) 658cc FULL4WD 1,577,100円
658cc FULL4WD 1,535,100円
X(レーダーブレーキサポート装着車) 658cc FULL4WD 1,482,600円
T(レーダーブレーキサポート装着車) 658cc FF 1,459,500円
658cc FULL4WD 1,440,600円
658cc FF 1,417,500円
G(レーダーブレーキサポート装着車) 658cc FULL4WD 1,388,100円
X(レーダーブレーキサポート装着車) 658cc FF 1,365,000円
658cc FULL4WD 1,346,100円
658cc FF 1,323,000円
G(レーダーブレーキサポート装着車) 658cc FF 1,270,500円
658cc FF 1,228,500円
スズキ スペーシア 2013年6月モデル

「スペーシア」は、手ごろなファミリーカーとして女性ドライバーを中心に拡大している軽ハイトワゴン市場に向け、「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」をコンセプトに開発した軽乗用車。ラインアップは、0.6L DOHC吸排気VVTを搭載する「G」、「X」、0.6L DOHC VVTターボを搭載する「T」を用意し、共にCVTを組み合わせる。スズキの次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」の採用により、G、X(2WD車)にクラストップの低燃費29.0km/L(燃料消費率JC08モード走行)と軽快な走りを実現し、全機種をエコカー減税の免税対象車とする。エクステリアは、ピラーを立て、ルーフ幅を広げたボクシーなロングルーフデザインに、シンプルで親しみやすいフロントデザインを採用し、全てのピラーをブラックアウト化し、連続したガラスエリアで開放感を演出。また、後席両側スライドドアに軽初のワンアクションパワースライドドア(後席左側)を採用。インテリアは、インストルメントパネルの上面を低く、オーディオ部を前に配置。使い勝手も考慮した上下2段構成とし、上部をブラウン、下部を明るいベージュとした2トーンカラーを採用し、広いガラスエリアと、明るく開放的な印象のインテリアにより広さを演出。また、インパネアッパーボックス(助手席)、助手席シートアンダーボックス、インパネアンダーボックス(センター)など、前席、後席周りに豊富な収納スペースを設置。停車前の減速時、アクセルを離したときから燃料をカットし、さらにブレーキを踏んで13km/h以下になると自動でエンジンを停止する「新アイドリングストップシステム」を採用。今回、「X」と「T」に後席右側ワンアクションパワースライドドアをメーカーオプション設定した。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
658cc FULL4WD 1,535,100円
658cc FULL4WD 1,440,600円
658cc FF 1,417,500円
658cc FF 1,323,000円
スズキ スペーシア 2013年3月モデル

新型「スペーシア」は、手ごろなファミリーカーとして女性ドライバーを中心に拡大している軽ハイトワゴン市場に向け、「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」をコンセプトに開発した軽乗用車。ラインアップは、0.6L DOHC吸排気VVTを搭載する「G」、「Gスマートフォン連携ナビゲーション装着車」、「X」、「Xスマートフォン連携ナビゲーション装着車」、0.6L DOHC VVTターボを搭載する「T」、「Tスマートフォン連携ナビゲーション装着車」を用意し、共にCVTを組み合わせる。スズキの次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」の採用により、「G」、「X」(2WD車)にクラストップの低燃費29.0km/L(燃料消費率JC08モード走行)と軽快な走りを実現し、全機種をエコカー減税の免税対象車とする。エクステリアは、ピラーを立て、ルーフ幅を広げたボクシーなロングルーフデザインに、シンプルで親しみやすいフロントデザインを採用し、全てのピラーをブラックアウト化し、連続したガラスエリアで開放感を演出。また、後席両側スライドドアに軽初のワンアクションパワースライドドア(後席左側)を採用。さらに、携帯リモコンで後席左側スライドドアの開閉が可能なパワースライドドア(挟み込み防止機能付)を装備。(X、T)キーレスプッシュスタートシステム、カテキン・エアフィルター付のオートエアコンを全車に標準装備。インテリアは、インストルメントパネルの上面を低く、オーディオ部を前に配置。使い勝手も考慮した上下2段構成とし、上部をブラウン、下部を明るいベージュとした2トーンカラーを採用し、広いガラスエリアと、明るく開放的な印象のインテリアにより広さを演出。また、インパネアッパーボックス(助手席)、助手席シートアンダーボックス、インパネアンダーボックス(センター)など、前席、後席周りに豊富な収納スペースを設置。停車前の減速時、アクセルを離したときから燃料をカットし、さらにブレーキを踏んで13km/h以下になると自動でエンジンを停止する「新アイドリングストップシステム」を採用。さらに、アイドリングストップ中、エアコンが停止し送風状態になった時、蓄冷材を通した冷風を室内に送ることで車室内の温度上昇を抑制するECO-COOL(エコクール)を搭載。ボディカラーには、新色の「キャンドルオレンジメタリック」、「フォレストアクアメタリック」をはじめ、個性的な2トーンルーフ(X、T)など、全11色を用意。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Tスマートフォン連携ナビゲーション装着車 658cc FULL4WD 1,608,600円
658cc FULL4WD 1,535,100円
Xスマートフォン連携ナビゲーション装着車 658cc FULL4WD 1,514,100円
Tスマートフォン連携ナビゲーション装着車 658cc FF 1,491,000円
658cc FULL4WD 1,440,600円
Gスマートフォン連携ナビゲーション装着車 658cc FULL4WD 1,419,600円
658cc FF 1,417,500円
Xスマートフォン連携ナビゲーション装着車 658cc FF 1,396,500円
658cc FULL4WD 1,346,100円
658cc FF 1,323,000円
Gスマートフォン連携ナビゲーション装着車 658cc FF 1,302,000円
658cc FF 1,228,500円

ニュース - スズキ スペーシア

【スズキ スペーシアベース】使い方は無限大、マルチボードで自由にアレンジ[詳細画像]
【スズキ スペーシアベース】使い方は無限大、マルチボードで自由にアレンジ[詳細画像]
スズキは8月26日、新型軽商用車『スペーシアベース』を発売した。
【スズキ スペーシアベース 新型】遊びに仕事に使い倒す! 時代に応える軽バン
【スズキ スペーシアベース 新型】遊びに仕事に使い倒す! 時代に応える軽バン
◆スペーシア由来のデザインに重厚感をプラス ◆「マルチボード」で荷室を自由自在にアレンジ ◆乗用車に負けない燃費と安全装備

試乗レポート - スズキ スペーシア

【スズキ スペーシアギア 新型試乗】程よくワイルドなデザインが醸す「非日常感覚」…島崎七生人
【スズキ スペーシアギア 新型試乗】程よくワイルドなデザインが醸す「非日常感覚」…島崎七生人
今年4月の新車販売台数でホンダ『N-BOX』を押しのけ1位となった『スペーシア』。2021年1〜12月の販売台数でも、ダイハツ『タント』を抜き2位につ...
【スズキ スペーシア 3600km試乗】ファミリー向け移動体として「いい味を出している」[後編]
【スズキ スペーシア 3600km試乗】ファミリー向け移動体として「いい味を出している」[後編]
スズキの軽スーパーハイトワゴン、『スペーシアカスタム』での長距離試乗インプレッション。後半は動力性能、ドライバビリティ、燃費などパワートレインのパフォ...