トヨタ アリオン 2004年モデル

トヨタ アリオン 2004年12月モデル

5ナンバーサイズのFF駆動4ドアセダンであるミディアムセダンがアリオン。販売店の異なるプレミオが落ち着きのあるプレステージ性を追求したモデルに対して、アリオンはダイナミックでスポーティさを追求したモデル。今回のマイナーチェンジでは、フロントのバンパー、グリル、ヘッドランプ、リヤのコンビネーションランプのデザインを変更している。搭載エンジンは、すべて直列4気筒DOHC VVT-i付、109馬力の1.5L、132馬力もしくは125馬力の1.8L、155馬力の2L D-4(直噴)の3ユニット。1.8Lには前後輪に回転差が生じると働くフルタイム4WDも設定される。グレードは排気量を表す「A20」、「A18」、「A15」の大きく3タイプ。A20とA18には15インチアルミホイールやディスチャージヘッドランプ、操作系が本革巻になる「Sパッケージ」、A18とA15にはCDオーディオやオプティトロンメーターが装備される「Gパッケージ」や、装備を厳選したビジネス向けの「スタンダードパッケージ」が用意される。トランスミッションはフロアシフトオートマチックのみ、A15とA18は4速、A20は無段変速CVTを採用する。特徴的なリアシートは取り外しも可能な可動式パッケージトレイにより、リクライニング機構とクッション引き起こし式分割可倒フォールディング機構を持つ。全車に安全装備としてデュアルエアバッグ、EBD(電子制動力配分制御)付ABS、ブレーキアシスト、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着する。排出ガスをよりクリーン化することで、1.8L・2WD車は国土交通省の低排出ガス車認定制度における「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を取得し、すでに達成している「平成22年度燃費基準」とあわせ、グリーン税制の対象車とした。2.0L車についても、「同50%低減レベル」を国土交通省より取得し、環境性能を一層高めている。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
A18 Sパッケージ 1794cc FULL4WD 13.0km/l 2,226,000円
A20 Sパッケージ 1998cc FF 15.2km/l 2,184,000円
A18 Gパッケージ 1794cc FULL4WD 13.0km/l 2,131,500円
A20 1998cc FF 15.2km/l 2,079,000円
A18 1794cc FULL4WD 13.0km/l 2,068,500円
A18 Sパッケージ 1794cc FF 16.0km/l 2,016,000円
A18 Gパッケージ 1794cc FF 16.0km/l 1,911,000円
A18 1794cc FF 16.0km/l 1,848,000円
A15 Gパッケージ 1496cc FF 16.4km/l 1,732,500円
A15 1496cc FF 16.4km/l 1,680,000円
トヨタ アリオン 2004年4月モデル

「上質と高機能」をキーワードに開発されたミディアムセダンがアリオン。トヨタの歴史あるコロナ/カリーナの後継車にあたる5ナンバーサイズのFF駆動4ドアセダンである。販売店の異なるプレミオが落ち着きのあるプレステージ性を追求したモデルに対して、アリオンはダイナミックでスポーティさを追求したモデル。搭載エンジンはすべて直列4気筒DOHC VVT-i付、109馬力の1.5L、132馬力もしくは125馬力の1.8L、152馬力の2L D-4(直噴)の3ユニット。1.8Lには前後輪に回転差が生じると働くフルタイム4WDも設定される。グレードは排気量を表すA20、A18、A15の3種。A20とA18には15インチアルミホイールや操作系が本革巻になるSパッケージ、A18とA15にはCDオーディオやオプティトロンメーターが装備されるGパッケージや、装備を厳選したビジネス向けのスタンダードパッケージが用意される。トランスミッションはフロアシフトATのみ、A15とA18は4速、A20は無段変速CVTを採用する。サスペンションはフロントストラット、リアトーションビーム(2WD)/ダブルウイッシュボーン(4WD)。特徴的なリアシートは取り外しも可能な可動式パッケージトレイにより、リクライニング機構とクッション引き起こし式分割可倒フォールディング機構を持つ。全車に安全装備としてデュアルエアバッグ、EBD(電子制動力配分制御)付ABS、ブレーキアシスト、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着する。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
A18 Sパッケージ 1794cc FULL4WD 13.0km/l 2,215,500円
A20 Sパッケージ 1998cc FF 16.4km/l 2,173,500円
A18 Gパッケージ 1794cc FULL4WD 13.0km/l 2,121,000円
A20 1998cc FF 16.4km/l 2,079,000円
A18 1794cc FULL4WD 13.0km/l 2,068,500円
A18 Sパッケージ 1794cc FF 16.0km/l 2,005,500円
A18 スタンダードパッケージ 1794cc FULL4WD 13.0km/l 1,963,500円
A18 Gパッケージ 1794cc FF 16.0km/l 1,900,500円
A18 1794cc FF 16.0km/l 1,848,000円
A18 スタンダードパッケージ 1794cc FF 16.0km/l 1,743,000円
A15 Gパッケージ 1496cc FF 16.4km/l 1,727,250円
A15 1496cc FF 16.4km/l 1,674,750円
A15 スタンダードパッケージ 1496cc FF 16.4km/l 1,569,750円
トヨタ アリオン 2004年2月モデル

「上質と高機能」をキーワードに開発されたミディアムセダンがアリオン。トヨタの歴史あるコロナ/カリーナの後継車にあたる5ナンバーサイズのFF駆動4ドアセダンである。販売店の異なるプレミオが落ち着きのあるプレステージ性を追求したモデルに対して、アリオンはダイナミックでスポーティさを追求したモデル。搭載エンジンはすべて直列4気筒DOHC VVT-i付、109馬力の1.5L、132馬力もしくは125馬力の1.8L、152馬力の2L D-4(直噴)の3ユニット。1.8Lには前後輪に回転差が生じると働くフルタイム4WDも設定される。グレードは排気量を表すA20、A18、A15の3種。A20とA18には15インチアルミホイールや操作系が本革巻になるSパッケージ、A18とA15にはCDオーディオやオプティトロンメーターが装備されるGパッケージや、装備を厳選したビジネス向けのスタンダードパッケージが用意される。トランスミッションはフロアシフトATのみ、A15とA18は4速、A20は無段変速CVTを採用する。サスペンションはフロントストラット、リアトーションビーム(2WD)/ダブルウイッシュボーン(4WD)。特徴的なリアシートは取り外しも可能な可動式パッケージトレイにより、リクライニング機構とクッション引き起こし式分割可倒フォールディング機構を持つ。全車に安全装備としてデュアルエアバッグ、EBD(電子制動力配分制御)付ABS、ブレーキアシスト、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを標準で装着する。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
A18 Sパッケージ 1794cc FULL4WD 13.0km/l 2,110,000円
A18 Gパッケージ 1794cc FULL4WD 13.0km/l 2,020,000円
A18 1794cc FULL4WD 13.0km/l 1,970,000円
A18 Sパッケージ 1794cc FF 16.0km/l 1,910,000円
A18 スタンダードパッケージ 1794cc FULL4WD 13.0km/l 1,870,000円
A18 Gパッケージ 1794cc FF 16.0km/l 1,810,000円
A18 1794cc FF 16.0km/l 1,760,000円
A18 スタンダードパッケージ 1794cc FF 16.0km/l 1,660,000円
A15 Gパッケージ 1496cc FF 16.4km/l 1,640,000円
A15 1496cc FF 16.4km/l 1,590,000円
A15 スタンダードパッケージ 1496cc FF 16.4km/l 1,490,000円

ニュース - トヨタ アリオン

トヨタ5ナンバーセダン、ダンベルで鍛えあげた!? プレミオ/アリオン[フォトレポート]
トヨタ5ナンバーセダン、ダンベルで鍛えあげた!? プレミオ/アリオン[フォトレポート]
いまでは希少な5ナンバーセダンで、「日本の正統派セダン」とうたうトヨタ『プレミオ』『アリオン』は、「外は息子も乗れるアグレッシブさを、中は高齢者に多い...
トヨタ、プレミオ と アリオン をマイナーチェンジ…フロントデザインを刷新
トヨタ、プレミオ と アリオン をマイナーチェンジ…フロントデザインを刷新
トヨタ自動車は、コンパクトセダン『プレミオ』および『アリオン』をマイナーチェンジし、6月13日より販売を開始した。

試乗レポート - トヨタ アリオン

【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏
【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏
トヨタの『プレミオ/アリオン』がマイナーチェンジを受けた。プレミオは1957年に発売された『コロナ』をルーツとするモデルで現行モデルは通算13代目、ア...
【インプレ'08】河村康彦 トヨタ『プレミオ/アリオン』世相を映し出す鏡
【インプレ'08】河村康彦 トヨタ『プレミオ/アリオン』世相を映し出す鏡
“5ナンバー”にはこだわるけれど、その枠の中ではできるだけ室内の広いセダンが欲しい……、そんな日本特有の価値観に応えるパッケージングは、日産『ブルーバ...