トヨタ アクア

トヨタ アクア

トヨタ
アクア

新車価格 169~210万円
中古車価格 39255万円
実燃費(※) 24.70km/L(3位/267車種
2011年12月(平成23年12月)~販売中

4.4点(口コミ146件)外観4.2|内観3.9|走行性能4.5|乗り心地4.3|価格3.9|燃費4.7

トヨタ アクア 2017年7月モデル

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化など、トヨタの量産ハイブリッドカー開発17年間の知恵と技術を結集したコンパクトクラスのハイブリッドカー「アクア(AQUA)」。アクアのデザインの特徴である「親しみやすさ」、「軽快さ」はそのままに、より先進的で洗練されたデザインとした。ラインアップは、「L」、「S」、「G」、「Gソフトレザーセレクション」を設定。エンジンの改良やハイブリッドシステムの制御を見直し、「L」はクラストップのJC08モード走行燃費38.0km/Lを達成。「S」、「G」においても、34.4km/Lを実現。フロントは、伸びやかなデザインとしたヘッドランプをはじめフードやフェンダー、バンパーなどのデザインを変更することで、さらに洗練されたイメージを付与。リヤは、コンビネーションランプ内のデザインを変更するとともに、リヤリフレクターをバンパー下部に新たに配置し、より安定感あるスタイルとした。内装では、センターメーターにTFTマルチインフォメーションディスプレイを標準装備(「L」を除く)。センタークラスターは一体となった面構成とし、新たにホワイトソフトレザー(合成皮革)(「Gソフトレザーセレクション」に設定)のシートを採用。今回、クロスオーバースタイルをより進化させた新グレード「クロスオーバー」を設定。グリルやルーフモール、16インチ専用アルミホイール、フェンダーアーチモールなどアクティブなイメージを付与する専用デザインとした。走りにおいては、専用のチューニングを施し、SUVらしいしっかりとした操舵感を追求しながら、乗り心地も向上。JC08モード走行燃費34.4km/Lを実現。ボディカラーは、「クリアエメラルドパールクリスタルシャイン」、「ジュエリーパープルマイカメタリック」を含む14色とボディカラーと異なるカラーパーツを組み合わせたFLEX TONE(「G」、「Gソフトレザーセレクション」に設定)4色を用意。

トヨタアクアの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
クロスオーバー 1496cc FF 2,062,800円
トヨタ アクア 2017年6月モデル

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化など、トヨタの量産ハイブリッドカー開発17年間の知恵と技術を結集したコンパクトクラスのハイブリッドカー「アクア(AQUA)」。今回、マイナーチェンジを行った。アクアのデザインの特徴である「親しみやすさ」、「軽快さ」はそのままに、より先進的で洗練されたデザインとした。ラインアップは、「L」、「S」、「G」、「Gソフトレザーセレクション」を設定。エンジンの改良やハイブリッドシステムの制御を見直し、「L」はクラストップのJC08モード走行燃費38.0km/Lを達成。「S」、「G」においても、34.4km/Lを実現。フロントは、伸びやかなデザインとしたヘッドランプをはじめフードやフェンダー、バンパーなどのデザインを変更することで、さらに洗練されたイメージを付与。リヤは、コンビネーションランプ内のデザインを変更するとともに、リヤリフレクターをバンパー下部に新たに配置し、より安定感あるスタイルとした。内装では、センターメーターにTFTマルチインフォメーションディスプレイを標準装備(「L」を除く)。センタークラスターは一体となった面構成とし、新たにホワイトソフトレザー(合成皮革)(「Gソフトレザーセレクション」に設定)のシートを採用。走りにおいては、ボディ剛性を強化するとともに、タイヤサイズも175/65R15から185/60R15に大きくすることにより、優れた操縦安定性を確保するとともに、乗り心地も向上させた。ボディカラーは、新規開発色の「クリアエメラルドパールクリスタルシャイン」、「ジュエリーパープルマイカメタリック」を含む13色とボディカラーと異なるカラーパーツを組み合わせたFLEX TONE(「G」、「Gソフトレザーセレクション」に設定)4色を用意。

トヨタアクアの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Gソフトレザーセレクション 1496cc FF 2,089,800円
1496cc FF 2,062,800円
1496cc FF 1,886,760円
1496cc FF 1,785,240円
トヨタ アクア 2015年11月モデル

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化など、トヨタの量産ハイブリッドカー開発17年間の知恵と技術を結集したコンパクトクラスのハイブリッドカー「アクア(AQUA)」。ラインアップは、ベースグレードの「L」、充実装備の「S」、上級グレードとなる「G」、シックな室内空間を演出した「G ブラックソフトレザーセレクション」、クロスオーバースタイルの「X-アーバン」を設定。限定車では、スポーツコンバージョン車シリーズ「G Gs」を用意。今回、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備(「S」、「L」はオプション設定)。さらに、先行車を検知し、信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる先行車発進告知機能を標準装備(「S」、「L」はオプション設定)した。そのほか、買い物フックを運転席・リヤ席のシートバックに追加(除く「L」)し、利便性を向上。また、「X-アーバン」をベースに特別仕様車「X-アーバン ソリッド」を設定。ブラックのフロントグリル、バンパースポイラー(フロント・リヤ)、ルーフモールなどに加え、スキッドプレート(フロント・リヤ)を特別装備し、クロスオーバーとしてのイメージをより強調。さらに、スマートエントリー&スタートシステム、盗難防止システム(イモビライザ-システム)、コンライトをセットにしたスマートエントリーパッケージを特別装備し、魅力的な仕様とした。あわせて「G Gs」についても、ベース車と同様の改良を施した。

トヨタアクアの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
X-アーバン 1496cc FF 2,100,109円
Gブラックソフトレザーセレクション 1496cc FF 2,090,291円
1496cc FF 2,007,818円
1496cc FF 1,887,055円
1496cc FF 1,761,382円
トヨタ アクア 2014年12月モデル

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化など、トヨタの量産ハイブリッドカー開発17年間の知恵と技術を結集したコンパクトクラスのハイブリッドカー「アクア(AQUA)」。ラインアップは、ベースグレードの「L」、充実装備の「S」、上級グレードとなる「G」、シックな室内空間を演出した「G ブラックソフトレザーセレクション」を設定。今回、マイナーチェンジを行った。エクステリアは、1灯の光源でロービームとハイビームを切り替え可能なBi-Beam(バイビーム) LEDヘッドランプや新デザインのフロントバンパーによって、アクアの親しみやすさはそのままに、よりシャープな表情のフロントデザインとした。「G」、「S」には、動きのあるデザインの15インチホイールキャップを新たに採用したほか、ドアミラー、ドアハンドル、バックドアガーニッシュにメッキ加飾を施した「シャイニーデコレーション」をオプション設定。インテリアは、センタークラスターやサイドレジスターなどにピアノブラック塗装を施して質感を高めるとともに、「S」のインテリアカラーに先進感を表現したブルーブラックと華やかさを表すブリリアントレッドを新設定。また、アクアの個性を一層際立たせることを目指し、クロスオーバースタイルの新グレード「X-アーバン(X-URBAN)」を設定。「都会的なセンスのクロスオーバー」として、専用サスペンションの採用により最低地上高を20mmアップ。専用のフロントグリルやサイドマッドガード、ルーフモールなどの外装部品や16インチ専用アルミホイールを採用するなど、クロスオーバーらしいアクティブなイメージを体現している。さらに、スポーツコンバージョン車シリーズ「Gs」は、ベース車のボディ剛性向上に伴い、サスペンションに専用チューニングを施すなど、操縦安定性とよりしなやかな乗り心地を追求したほか、「Gs」専用のLEDヘッドランプやリヤコンビネーションランプを採用、よりスポーティなデザインとしている。

トヨタアクアの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
X-アーバン 1496cc FF 2,046,109円
Gブラックソフトレザーセレクション 1496cc FF 2,036,291円
1496cc FF 1,953,818円
1496cc FF 1,887,055円
1496cc FF 1,761,382円
トヨタ アクア 2014年4月モデル

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化など、トヨタの量産ハイブリッドカー開発17年間の知恵と技術を結集したコンパクトクラスのハイブリッドカー「アクア(AQUA)」。ラインアップは、ベースグレードの「L」、充実装備の「S」、上級グレードとなる「G」、シックな室内空間を演出した「G ブラックソフトレザーセレクション」を設定。また、トヨタが自ら開発するスポーツコンバージョン車シリーズの第6弾として、「CONTROL AS YOU LIKE ~意のままに操る喜びを~ 」をコンセプトとした、「G Gs」を用意。1.5Lハイブリッドシステム(リダクション機構付のTHSII)を搭載。エンジンのフリクションを低減するとともに、モーターやインバーターなどの制御を改良しハイブリッドシステムの効率を一段と高めることで、世界トップの低燃費37.0km/L(JC08モード走行燃費)を実現。また、サスペンションにチューニングを施すなど乗り心地を向上させたほか、遮音材の追加などにより静粛性を高めた。さらに、ドアミラーにドアの施錠・解錠と連動して格納・復帰するオート機能と、フロントドアガラスに撥水機能(「L」を除く)を追加し利便性を向上するとともに、ヒルスタートアシストコントロールには坂道を感知する機能を追加し、車両のずり落ちを緩和する性能を高めた。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

トヨタアクアの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Gブラックソフトレザーセレクション 1496cc FF 2,005,714円
1496cc FF 1,923,428円
1496cc FF 1,861,715円
1496cc FF 1,748,572円
トヨタ アクア 2013年12月モデル

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化など、トヨタの量産ハイブリッドカー開発17年間の知恵と技術を結集したコンパクトクラスのハイブリッドカー「アクア(AQUA)」。ラインアップは、ベースグレードの「L」、充実装備の「S」、上級グレードとなる「G」、シックな室内空間を演出した「G ブラックソフトレザーセレクション」を設定。1.5Lハイブリッドシステム(リダクション機構付のTHSII)を搭載。今回、エンジンのフリクションを低減するとともに、モーターやインバーターなどの制御を改良しハイブリッドシステムの効率を一段と高めることで、世界トップの低燃費37.0km/L(JC08モード走行燃費)を実現。また、サスペンションにチューニングを施すなど乗り心地を向上させたほか、遮音材の追加などにより静粛性を高めた。さらに、ドアミラーにドアの施錠・解錠と連動して格納・復帰するオート機能と、フロントドアガラスに撥水機能(「L」を除く)を追加し利便性を向上するとともに、ヒルスタートアシストコントロールには坂道を感知する機能を追加し、車両のずり落ちを緩和する性能を高めた。ボディカラーに、新色「ディープアメジストマイカメタリック」(「L」を除く)を追加するとともに、スピードメーター文字色を変更した。同時に、トヨタが自ら開発するスポーツコンバージョン車シリーズの第6弾として、「CONTROL AS YOU LIKE ~意のままに操る喜びを~ 」をコンセプトとした、「G Gs」を設定。コイルスプリングやショックアブソーバーに専用チューニングを施したサスペンション、補強材や溶接スポット打点の追加によりボディ剛性を向上させたほか、専用17インチアルミホイールや高性能タイヤを採用。外観では、専用デザインのバンパー(フロント・リヤ)を採用するとともに、「Gs」 エンブレムをフロントフェンダーならびにバックドアに配した。内装では、運転席および助手席を「Gs」エンブレム付専用スポーティシートとしたほか、シート表皮にはアルカンターラを採用。

トヨタアクアの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Gブラックソフトレザーセレクション 1496cc FF 1,950,000円
1496cc FF 1,870,000円
1496cc FF 1,810,000円
1496cc FF 1,700,000円
トヨタ アクア 2013年5月モデル

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化など、トヨタの量産ハイブリッドカー開発17年間の知恵と技術を結集したコンパクトクラスのハイブリッドカー「アクア(AQUA)」。ラインナップは、ベースグレードの「L」、充実装備の「S」、上級グレードとなる「G」を設定。1.5Lハイブリッドシステム(リダクション機構付のTHSII)を搭載。車両の走行状態に応じた適切な制動力を前後輪に配分するEBD機能付のABSと、ブレーキの踏み込み速度から緊急ブレーキであることを感知し、強い制動力を発生させるブレーキアシスト機能を搭載しブレーキ性能を最大限に発揮。また、コーナリング時などで横滑りが発生した場合、ブレーキとエンジン出力を制御して車両の安定性を確保するVSCと、発進・加速時にタイヤの空転を抑えてアクセル操作を容易にするTRCを採用。今回、「G」グレードにシックな室内空間を演出した「G ブラックソフトレザーセレクション」を追加設定。ブラックの合成皮革シート表皮などの採用に加え、スマートエントリー&スタートシステム、盗難防止システム、コンライト(ライト自動点灯・消灯システム/ランプオートカットシステム)をセットにしたスマートエントリーパッケージを標準設定。また、「L」を除く全車に、スーパーUVカットガラス(フロントドア)、助手席バニティミラー付サンバイザーを標準装備し、快適性を高めたほか、助手席オープントレイやドアスイッチベースのアクセントカラーを変更を行った(「S」の内装色フレッシュグリーンを除く)。ボディカラーは「スーパーホワイトⅡ」を含む、全10色を用意。

トヨタアクアの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Gブラックソフトレザーセレクション 1496cc FF 1,940,000円
1496cc FF 1,860,000円
1496cc FF 1,800,000円
1496cc FF 1,690,000円
トヨタ アクア 2011年12月モデル

ハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化など、トヨタの量産ハイブリッドカー開発17年間の知恵と技術を結集したコンパクトクラスのハイブリッドカー「アクア(AQUA)」。ラインナップは、ベースグレードの「L」充実装備の「S」上級グレードとなる「G」の3タイプ。最新の1.5Lハイブリッドシステム(リダクション機構付のTHSII)を搭載し、10・15モード走行燃費40.0km/L(JC08モード走行燃費35.4km/L)を実現。車両の走行状態に応じた適切な制動力を前後輪に配分するEBD機能付のABSと、ブレーキの踏み込み速度から緊急ブレーキであることを感知し、強い制動力を発生させるブレーキアシスト機能を搭載しブレーキ性能を最大限に発揮。また、コーナリング時などで横滑りが発生した場合、ブレーキとエンジン出力を制御して車両の安定性を確保するVSCと、発進・加速時にタイヤの空転を抑えてアクセル操作を容易にするTRCを採用した。力強く精悍なフロントフェイスと、きびきびとした走りを感じさせる、踏ん張りの効いたリヤ周りとし、先進性を楽しく大胆にデザインしている。荷室はハイブリッドバッテリーを小型化し、リヤシート下に配置することで、容量305Lの広い荷室空間を実現。ボディカラーは、新色の「シトラスオレンジマイカメタリック」「ライムホワイトパールクリスタルシャイン」を含む全10色を設定。

トヨタアクアの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1496cc FF 37.0km/l 1,850,000円
1496cc FF 37.0km/l 1,790,000円
1496cc FF 40.0km/l 1,690,000円

※直近90日以内の燃費データより集計。EV、PHV/PHEV、FCVを除く

ニュース - トヨタ アクア

【夏休み】20周年を迎えるアクアラインの裏側を探検
【夏休み】20周年を迎えるアクアラインの裏側を探検
NEXCO東日本と東京湾横断道路は、8月3日に東京湾アクアライン海ほたるパーキングエリア(PA)で開催する「2017サマーフェスティバル」で実施する「...
【トヨタ アクア 改良新型】モデリスタ、カスタマイズアイテムを発売
【トヨタ アクア 改良新型】モデリスタ、カスタマイズアイテムを発売
トヨタモデリスタインターナショナルは、トヨタ『アクア』のマイナーチェンジに伴い、各種カスタマイズアイテムを6月19日に発売した。

試乗レポート - トヨタ アクア

【トヨタ アクア 試乗】サラリと盛り込まれた「実用車に望まれるもの」…島崎七生人
【トヨタ アクア 試乗】サラリと盛り込まれた「実用車に望まれるもの」…島崎七生人
ドラクエの音楽を用いたTVCMで注目を集める『アクア』。昨年の乗用車販売台数で首位をとったが、CMも話題になるとは“商品性の高さ”は盤石といったところ...
【トヨタ アクア X-URBAN 試乗】大人も似合う? ひとクラス上の上質感と乗り心地…青山尚暉
【トヨタ アクア X-URBAN 試乗】大人も似合う? ひとクラス上の上質感と乗り心地…青山尚暉
コンパクトカークラスの中で2モーターのストロングHVを採用するのが『アクア』。その燃費性能は標準車で37.0km/リットルと圧倒的だ。