トヨタ bB 2006年モデル

トヨタ bB 2006年5月モデル

新型bBは、初代bBの特長を継承した上で、若者の嗜好を十分に満たすために、「クルマ型Music Player」を開発テーマに、「いつも音楽に囲まれて暮らしたい」というライフスタイルをクルマで実現することを目指した。ボディサイズは、ホイールベースを延長、ワイドトレッド化しワイドタイヤを採用しながらも、最小回転半径4.9m(従来型比-0.6m)を実現し、取り回し性を大幅に向上。新開発1.5L(109馬力)と、出力を高めた1.3L(92馬力) 直列4気筒VVT-iエンジンに、滑らかで応答性のよい変速を実現するコラムシフトSuper ECT(4速オートマチック)を組み合わせる。FF駆動に、1.3Lはフルタイム4WDモデルを設定する。グレードは上級「Z」(1.5LはZのみ)と標準「S」。55扁平タイヤ+15インチアルミ、フルエアロ仕様、本革巻きステアリングなどの「Xバージョン」、電子カードキーを用いたキーフリーシステム、CD・AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ+9スピーカー、イモビライザーシステムなどの「Qバージョン」が選べる。特長的なインテリアは、「音・光・まったり」をキーワードに、最新の音響技術(サラウンドDSP技術)+9スピーカーを駆使したオーディオシステムや、音と連動して明滅する室内の11ヵ所のイルミネーションを装備として設定。フロントベンチシートはリクライニングに加え、座面が深く沈み込む「マッタリモード機能付フロントシート」を採用する。全車、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得。2WD車は、「平成22年度燃費基準」を達成(グリーン税制による減税措置対象車)。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
S Qバージョン 1297cc FF 16.4km/l 1,596,000円