トヨタ C-HR 2017年モデル

トヨタ C-HR 2017年8月モデル

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」を設定。「G」、「S」はクラストップレベルの30.2km/Lを実現、「G‐T」、「S‐T」は15.4km/Lを実現(JC08モード走行燃費)。安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献。今回、ツートーンのボディカラーはベースのモノトーン8色にブラックまたはホワイトのルーフ、ピラー、ドアミラー、リヤスポイラーなどを組み合わせており、カラーバリエーションを充実させることで、クルマとしての魅力をより高めた。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1797cc FF 2,905,200円
G-T 1196cc FULL4WD 2,775,600円
1797cc FF 2,646,000円
S-T 1196cc FULL4WD 2,516,400円