トヨタ C-HR 2020年モデル

トヨタ C-HR 2020年8月モデル

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」、TOYOTA GAZOO Racingがモータースポーツ活動を通じて得た知見やノウハウを生かした「S GRスポーツ」(ハイブリッドシステム)、「S‐T GRスポーツ」(レギュラーガソリン仕様)を設定。「G」、「S」、「S GRスポーツ」、「S‐T GRスポーツ」は2WD、「G‐T」、「S‐T」、には2WDと4WDを用意。「G」、「S」はクラストップレベルの30.4km/Lを実現、「G‐T」、「S‐T」は15.4km/Lを実現(4WD車、JC08モード走行燃費)。今回、一部改良を行うと共に、Super CVT‐i[7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付]を搭載した「S‐T GRスポーツ」(2WD、4WD)を設定。一部改良では、予防安全パッケージToyota Safety Senseにおいて、検知対象に歩行者(夜間)や自転車運転者(昼間)、そして交差点右折時に直進してくる対向車および、右左折時に対向方向から横断してくる歩行者も加えた「プリクラッシュセーフティ」、「緊急時操舵支援機能」を搭載。そのほか、「レーントレーシングアシスト」や、「ロードサインアシスト」、「バックガイドモニター」を全車に標準装備するとともに、快適温熱シート(運転席・助手席)、電動ランバーサポート、ナノイーなどの快適装備を一部グレードに標準装備した。併せて、「G」、「G‐T」をベースに特別仕様車「G モード ネロ セーフティプラス」、「G‐T モード ネロ セーフティプラス」を設定。エクステリアは、フロントスポイラー(ロア部)やアルミホイールなどにブラック塗装を施すとともに、インテリアでは、シートやインストルメントパネル、ドアトリムオーナメントなどをブラック基調にするなどクールな仕様とした。安全装備として、「パノラミックビューモニター」をはじめ、「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」や、「リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]」などを特別装備した。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
S GRスポーツ 1797cc FF 3,145,000円
1797cc FF 3,045,000円
S-T GRスポーツ 1196cc FULL4WD 3,013,000円
G-T 1196cc FULL4WD 2,913,000円
S-T GRスポーツ 1196cc FF 2,815,000円
S-T GRスポーツ 1196cc FF 2,782,000円
1797cc FF 2,745,000円
G-T 1196cc FF 2,715,000円
G-T 1196cc FF 2,682,000円
S-T 1196cc FULL4WD 2,613,000円
S-T 1196cc FF 2,415,000円
S-T 1196cc FF 2,382,000円