トヨタ カローラ 2019年モデル

トヨタ カローラ 2019年10月モデル

スタンダードセダンであるトヨタカローラは、現在、世界150以上の国と地域で、販売され、時代要請を先取りしたクルマづくりにより、21世紀をリードする乗用車として多くの人々に支持されている。今回、フルモデルチェンジを行った。ラインアップは、1.8Lエンジン+ハイブリッドシステムを搭載し、トランスミッションは、電気式無段変速機を組み合わせる「ハイブリッド ダブルバイビー」、「ハイブリッド S」、「ハイブリッド G‐X」、1.8Lエンジンを搭載し、トランスミッションは、Super CVT‐i(自動無段変速機)を組み合わせる「ダブルバイビー」、「S」、「G‐X」、1.2L直噴ターボエンジンを搭載し、トランスミッションは、 6速MT(i‐MT)を組み合わせる「ダブルバイビー」を設定。ハイブリッド車は2WDと4WD(E‐Four)、その他は、2WDを用意。エクステリアには、TNGAプラットフォームの採用により低重心なシルエットを実現。前後のホイールフレアが張り出したダイナミックな造形でワイドなスタンスを強調。フロントは、大型台形のロアグリルフレームとメッシュグリルに統一し、力強くスポーティなデザインを表現。ヘッドランプは、光源をLED化し、フロントはラウンドを強めた一文字形状とすることで、スポーティでワイドな顔つきとなった。また、「ダブルバイビー」には、2連続させたJ字形状のクリアランスランプ&デイライトで昼夜を問わず横方向に伸びやかで鮮烈な印象を表現。リヤは、水平基調のリヤコンビネーションランプとし、ワイド感を強調。インテリアには、インストルメントパネルを、薄型・ワイド化することで開放感を演出。部品の合わせや形状・質感の統一感など感性品質にこだわり、上質感を表現する。また、「ダブルバイビー」には、フロントシートに、スポーティシートを標準装備。リヤシートには、トランクスルーが可能な6:4分割可倒式を新規採用し、使い勝手の良さを実現。安全装備には、自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備。駐車場など低速時に壁や車両を検知し、衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」を設定(ダブルバイビー、Sに標準装備)。後方から接近してくる車両を検知し、衝突被害軽減に寄与する、リヤクロストラフィックオートブレーキ「パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)」をオプション設定。MT車はリヤクロストラフィックアラート+ブラインドスポットモニターをオプション設定。その他、国内トヨタ初となるディスプレイオーディオを全車に標準装備。スマートフォンとの連携などコネクティッドサービスを充実させた。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ハイブリッド ダブルバイビー 1797cc FULL4WD 2,948,000円
ハイブリッド S 1797cc FULL4WD 2,772,000円
ハイブリッド ダブルバイビー 1797cc FF 2,750,000円
ハイブリッド G-X 1797cc FULL4WD 2,601,500円
ハイブリッド S 1797cc FF 2,574,000円
ダブルバイビー 1196cc FF 2,409,000円
ハイブリッド G-X 1797cc FF 2,403,500円
ダブルバイビー 1797cc FF 2,315,500円
1797cc FF 2,139,500円
G-X 1797cc FF 1,936,000円

ニュース - トヨタ カローラ

【トヨタ GRカローラ】GRヤリスと何が違う? 開発者が考えるホットハッチ市場の現状とは
【トヨタ GRカローラ】GRヤリスと何が違う? 開発者が考えるホットハッチ市場の現状とは
トヨタはGRのラインナップに『カローラスポーツ』をベースとした『GRカローラ』を追加した。なぜカローラなのか、また同じハッチバックの『GRヤリス』があ...
日産 Z やトヨタ GR カローラ など13車種、北米カーオブザイヤー2023にノミネート
日産 Z やトヨタ GR カローラ など13車種、北米カーオブザイヤー2023にノミネート
北米カーオブザイヤー主催団体は6月9日、「2023北米カーオブザイヤー」(2023 North American Car of the Year)のノ...

試乗レポート - トヨタ カローラ

【トヨタ カローラクロス 新型試乗】思い切って別の名前をつけてもよかったのに…岩貞るみこ
【トヨタ カローラクロス 新型試乗】思い切って別の名前をつけてもよかったのに…岩貞るみこ
『カローラ』という名前がついているから、カローラのイメージを想像していたのに、ぜんぜん違う。えっと、カローラのイメージというのはですね、実直で地味で、...
【トヨタ カローラクロス 新型試乗】パワーに不満はあるけどコスパは非常に高い…中村孝仁
【トヨタ カローラクロス 新型試乗】パワーに不満はあるけどコスパは非常に高い…中村孝仁
人間の慣れというのはつくづく恐ろしいものだと思った。このところMHEVをはじめとして電動化されたモデルばかりに乗っている。