トヨタ カローラ 2021年モデル

トヨタ カローラ 2021年7月モデル

スタンダードセダンであるトヨタカローラは、現在、世界150以上の国と地域で、販売され、時代要請を先取りしたクルマづくりにより、21世紀をリードする乗用車として多くの人々に支持されている。ラインアップは、1.8Lエンジン+ハイブリッドシステムを搭載し、トランスミッションは、電気式無段変速機を組み合わせる「ハイブリッド ダブルバイビー」、「ハイブリッド S」、「ハイブリッド G‐X」、1.8Lエンジンを搭載し、トランスミッションは、Super CVT‐i(自動無段変速機)を組み合わせる「ダブルバイビー」、「S」、「G‐X」、1.2L直噴ターボエンジンを搭載し、トランスミッションは、 6速MT(i‐MT)を組み合わせる「ダブルバイビー」を設定。ハイブリッド車は2WDと4WD(E‐Four)、その他は、2WDを用意。安全装備には、自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備。駐車場など低速時に壁や車両を検知し、衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」を設定(ダブルバイビー、Sに標準装備)。後方から接近してくる車両を検知し、衝突被害軽減に寄与する、リヤクロストラフィックオートブレーキ「パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)」をオプション設定。ハイブリッド全車に、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/コンセント2個/非常時給電システム付)をオプション設定。「ハイブリッド S」、「ハイブリッド G‐X」には、充電用USB端子3個を標準装備。また、「S」、「ハイブリッド S」に切削光輝+ミディアムグレーメタリック塗装の17インチアルミホイールをオプション設定した。MT車はリヤクロストラフィックアラート+ブラインドスポットモニターをオプション設定。特別仕様車は、「ハイブリッド G‐X」ベースの「ハイブリッド G‐X プラス」、「G‐X」ベースの「G‐X プラス」を設定。今回、一部改良を行った。ウイルスや菌の抑制に効果があるOHラジカルを含む微粒子イオンを「ナノイー」の10倍量放出する「ナノイーX」を助手席側エアコン吹き出し口に設置(「ダブルバイビー」、「S」にオプション設定)。ボディカラーは新色「センシュアルレッドマイカ」を含む全8色を用意。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ハイブリッド ダブルバイビー 1797cc FULL4WD 2,948,000円
ハイブリッド S 1797cc FULL4WD 2,772,000円
ハイブリッド ダブルバイビー 1797cc FF 2,750,000円
ハイブリッド G-X 1797cc FULL4WD 2,601,500円
ハイブリッド S 1797cc FF 2,574,000円
ダブルバイビー 1196cc FF 2,424,400円
ハイブリッド G-X 1797cc FF 2,403,500円
ダブルバイビー 1797cc FF 2,315,500円
1797cc FF 2,139,500円
G-X 1797cc FF 1,936,000円

ニュース - トヨタ カローラ

【トヨタ GRカローラ】GRヤリスと何が違う? 開発者が考えるホットハッチ市場の現状とは
【トヨタ GRカローラ】GRヤリスと何が違う? 開発者が考えるホットハッチ市場の現状とは
トヨタはGRのラインナップに『カローラスポーツ』をベースとした『GRカローラ』を追加した。なぜカローラなのか、また同じハッチバックの『GRヤリス』があ...
日産 Z やトヨタ GR カローラ など13車種、北米カーオブザイヤー2023にノミネート
日産 Z やトヨタ GR カローラ など13車種、北米カーオブザイヤー2023にノミネート
北米カーオブザイヤー主催団体は6月9日、「2023北米カーオブザイヤー」(2023 North American Car of the Year)のノ...

試乗レポート - トヨタ カローラ

【トヨタ カローラクロス 新型試乗】思い切って別の名前をつけてもよかったのに…岩貞るみこ
【トヨタ カローラクロス 新型試乗】思い切って別の名前をつけてもよかったのに…岩貞るみこ
『カローラ』という名前がついているから、カローラのイメージを想像していたのに、ぜんぜん違う。えっと、カローラのイメージというのはですね、実直で地味で、...
【トヨタ カローラクロス 新型試乗】パワーに不満はあるけどコスパは非常に高い…中村孝仁
【トヨタ カローラクロス 新型試乗】パワーに不満はあるけどコスパは非常に高い…中村孝仁
人間の慣れというのはつくづく恐ろしいものだと思った。このところMHEVをはじめとして電動化されたモデルばかりに乗っている。