トヨタ カローラスポーツ

トヨタ カローラスポーツ

トヨタ
カローラスポーツ

新車価格 210~268万円
中古車価格 229268万円
2018年6月(平成30年6月)~販売中
トヨタ カローラスポーツ 2018年8月モデル

「コネクティッド」と「クルマ本来の楽しさ」を融合した初代コネクティッドカーとして発進する12代目カローラシリーズの先駆けとなる「カローラスポーツ」。ラインアップは、1.8Lエンジン+ハイブリッドシステムを搭載した、「ハイブリッドG Z」、「ハイブリッドG」、「ハイブリッドG X」、1.2L直噴ターボエンジンを搭載した、「G Z」、「G」、「G X」を設定。ハイブリッド車は2WDのみ、ガソリン車は2WDと4WDを用意。「ハイブリッドG」、「ハイブリッドG X」は優れた低燃費34.2km/Lを実現した(JC08モード走行燃費)。直噴ターボエンジンは、低速域から幅広い回転域で最大トルクを発生。ガソリンターボのCVT車には10速スポーツシーケンシャルシフトマチックを採用。サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リヤにはダブルウィッシュボーン式を採用。予防安全装備では、「プリクラッシュセーフティ」、「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、「レーントレーシングアシスト(LTA)」、「オートマチックハイビーム(AHB)」、「ロードサインアシスト(RSA)」などの第2世代型の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備した。インテリジェントクリアランスソナーやリヤクロストラフィックオートブレーキなど、パーキングサポートブレーキを採用した。遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」をはじめとしたコネクティッドサービスが利用出来る、車載通信機DCMを全車に標準搭載。 今回、1.2L直噴ターボエンジン搭載の「G Z」、「G」、「G X」の2WDに変速・発進操作をアシストするインテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)を設定。iMTでは、コンピューターがドライバーのクラッチ、シフト操作にあわせて、最適なエンジン回転数になるよう制御を行う。常時、スムーズな発進をサポートするとともに、ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択すると、走行中の滑らかな変速をアシストする。

トヨタカローラスポーツの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
G Z 1196cc FF 2,386,800円
1196cc FF 2,224,800円
G X 1196cc FF 2,106,000円
トヨタ カローラスポーツ 2018年6月モデル

「コネクティッド」と「クルマ本来の楽しさ」を融合した初代コネクティッドカーとして発進する12代目カローラシリーズの先駆けとなる「カローラスポーツ」。ラインアップは、1.8Lエンジン+ハイブリッドシステムを搭載した、「ハイブリッドG Z」、「ハイブリッドG」、「ハイブリッドG X」、1.2L直噴ターボエンジンを搭載した、「G Z」、「G」、「G X」を設定。ハイブリッド車は2WDのみ、ガソリン車は2WDと4WDを用意。「ハイブリッドG」、「ハイブリッドG X」は優れた低燃費34.2km/Lを実現した(JC08モード走行燃費)。直噴ターボエンジンは、低速域から幅広い回転域で最大トルクを発生。ガソリンターボのCVT車には10速スポーツシーケンシャルシフトマチックを採用。サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リヤにはダブルウィッシュボーン式を採用。エクステリアは、TNGAプラットフォームの採用により、低重心でワイドなスポーティシルエットを実現。フロントエンブレム(国内カローラ専用)を一新。車名の頭文字「C」と3つの花冠をモチーフにしたシンボリックなエンブレムを採用した。インテリアは、TNGAプラットフォームにより、インストルメントパネルの厚みを抑え、ワイド化も実現。開放感の感じられる室内空間を、シルバー加飾とブラックパネル構成で統一した。7インチTFTマルチインフォメーションディスプレイを中央に配した先進的なメーターを採用。ホールド性を追求した、新開発のスポーツシート(ハイブリッドG Z、G Zに設定)を採用。予防安全装備では、「プリクラッシュセーフティ」、「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、「レーントレーシングアシスト(LTA)」、「オートマチックハイビーム(AHB)」、「ロードサインアシスト(RSA)」などの第2世代型の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備した。インテリジェントクリアランスソナーやリヤクロストラフィックオートブレーキなど、パーキングサポートブレーキを採用した。遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」をはじめとしたコネクティッドサービスが利用出来る、車載通信機DCMを全車に標準搭載。 ボディカラーは、新規開発色の「オキサイドブロンズメタリック」をはじめ、「スカーレットメタリック」、「シアンメタリック」を含む全8色を設定。

トヨタカローラスポーツの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ハイブリッドG Z 1797cc FF 2,689,200円
G Z 1196cc FULL4WD 2,613,600円
ハイブリッドG 1797cc FF 2,527,200円
1196cc FULL4WD 2,451,600円
ハイブリッドG X 1797cc FF 2,419,200円
G Z 1196cc FF 2,419,200円
G X 1196cc FULL4WD 2,332,800円
1196cc FF 2,257,200円
G X 1196cc FF 2,138,400円

ニュース - トヨタ カローラスポーツ

車種別スピーカー ソニックプラス、カローラスポーツ 専用モデルを発売
車種別スピーカー ソニックプラス、カローラスポーツ 専用モデルを発売
ソニックデザインは、エンクロージュア一体型の車種別スピーカーパッケージ「ソニックプラス」シリーズの新製品として、新型カローラ スポーツ(210系)専用...
カローラスポーツ にもワゴン登場か? 欧州トヨタ オーリス「ツーリングスポーツ」が進化
カローラスポーツ にもワゴン登場か? 欧州トヨタ オーリス「ツーリングスポーツ」が進化
トヨタは、3月のジュネーブモーターショーで3世代目となる新型『オーリス』(日本ではカローラスポーツとして販売)を発表したが、その派生モデルとなるステー...

試乗レポート - トヨタ カローラスポーツ

【トヨタ カローラスポーツ 試乗】AVSは必要か、ノーマルでも高いハンドリング性能…丸山誠
【トヨタ カローラスポーツ 試乗】AVSは必要か、ノーマルでも高いハンドリング性能…丸山誠
TNGAプラットフォームの採用が、ハンドリングに大きな変化をもたらすのを『カローラスポーツ』に試乗して改めて確認できた。『C-HR』のハンドリングの高...
【トヨタ カローラスポーツ 試乗】ホットハッチの血統を感じることができる…諸星陽一
【トヨタ カローラスポーツ 試乗】ホットハッチの血統を感じることができる…諸星陽一
『カローラ』の名前が冠された新型車『カローラスポーツ』が登場した。カローラという名前は付けられたが、じつはこのクルマは『オーリス』のフルモデルチェンジ...