トヨタ クラウンハイブリッド 2018年モデル

トヨタ クラウンハイブリッド 2018年6月モデル

「クルマの機能を拡張するコネクティッド」と「デザイン、走り、安全性能の進化」を追求し挑戦と革新を続ける初代コネクティッドカー、15代目となる新型クラウン。遠隔で走行アドバイスや車両診断が受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」をはじめとしたコネクティッド機能を搭載した車載通信機DCMを全車に標準搭載。ラインアップは、2.5L ハイブリッド車の2WDに「RSアドバンス」、「RS」、「G」、「S Cパッケージ」、「S」、4WDに「RSアドバンス Four」、「RS Four」、「G‐エグゼクティブ Four」、「G Four」、「S Four Cパッケージ」、「S Four」、3.5L ハイブリッド車の2WDに「RSアドバンス」、「G‐エグゼクティブ」、「S」を設定。パワートレーンは、2.5Lハイブリッド車に高い熱効率と高出力を両立したTNGAエンジン「2.5Lダイナミックフォースエンジン」を搭載したハイブリッドシステムを採用。3.5L車にマルチステージハイブリッドシステムをTOYOTAブランドで初採用。ハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせたこの機構は、V型6気筒3.5Lエンジンと走行用モーター両方の出力を制御することで、低速から力強い駆動力を生み出す。さらに、TNGAに基づくプラットフォームを新採用し、フロントはハイマウント式マルチリンクサスペンション、リヤはマルチリンクサスペンションを採用。エクステリアは、ロングノーズのFRらしいプロポーションと、6ライトウィンドウの採用によるルーフからラゲージにかけての伸びやかで流麗なサイドシルエットを実現。また、ボディを凝縮してタイヤの張り出しを強調した低重心でスポーティな骨格を表現。RS仕様には、LEDシーケンシャルターンランプ(フロント・リヤ)を設定したほか、メッシュタイプのフロントグリル、サイドエアダムスカート、専用の18インチアルミホイールなどを採用し、スポーティ感をさらに強調した。インテリアは、運転中でも見やすい遠方配置の8インチディスプレイと操作性を考慮し手前側に配置した7インチディスプレイの2つを連携させた新開発のダブルディスプレイを採用。後席は、フロントシート下の足入れスペースを拡大し、足元の心地よさを向上。また、第2世代型の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備した。インテリジェントクリアランスソナー、リヤクロストラフィックオートブレーキに加え、TOYOTAブランド初となる対後方歩行者サポートブレーキを採用(パノラミックビューモニター&インテリジェントパーキングアシスト2を装着した場合のみ)。ボディカラーは、新色「プレシャスガレナ」を含む全13色を用意。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
G-エグゼクティブ 3456cc FR 7,187,400円
RSアドバンス 3456cc FR 6,906,600円
G-エグゼクティブ Four 2487cc FULL4WD 6,323,400円
3456cc FR 6,237,000円
RSアドバンス Four 2487cc FULL4WD 6,015,600円
G Four 2487cc FULL4WD 5,837,400円
RSアドバンス 2487cc FR 5,799,600円
RS Four 2487cc FULL4WD 5,632,200円
2487cc FR 5,621,400円
RS 2487cc FR 5,416,200円
S Cパッケージ Four 2487cc FULL4WD 5,373,000円
S Four 2487cc FULL4WD 5,194,800円
S Cパッケージ 2487cc FR 5,157,000円
2487cc FR 4,978,800円

試乗レポート - トヨタ クラウンハイブリッド

【トヨタ クラウンハイブリッド 試乗】4気筒エンジンが気持ち良い走りを実現…諸星陽一
【トヨタ クラウンハイブリッド 試乗】4気筒エンジンが気持ち良い走りを実現…諸星陽一
『クラウン』のハイブリッドが社会に広く受け入れられていくか否かは、日本のモータリゼーションの熟成度を計るうえでかなり重要な項目になるだろう。