トヨタ エスティマ 2012年モデル

トヨタ エスティマ 2012年5月モデル

トヨタのミニバンを代表するエスティマ(ESTIMA)。搭載エンジンは、2.4L 直列4気筒と3.5L V型6気筒の2タイプ。ラインアップは、上級グレードの「G」と標準の「X」、「X サイドリフトアップシート装着車」、スポーティなエアロ仕様の「アエラス」、「アエラス レザーパッケージ」、「アエラス サイドリフトアップシート装着車」を設定。今回、スポーティグレード「アエラス」を中心に、内外装のデザイン変更を実施し、一段と高級感とスポーティ感を高めた。外観においては、「アエラス」がフロントグリル・バンパーに加え、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプのカラー変更、専用18インチアルミホイール(アエラス サイドリフトアップシート装着車は17インチ)を装備。「G」、「X」には新デザインのアルミホイールを採用。インテリアでは、内装・シート色にスポーティな印象のブラックと上品な新色シェルの2色を採用したほか、インストルメントパネルやフロントのドアアームレストにサテン調シルバー加飾モールを追加。センタークラスターやステアリングなどのパネル色をブラックメタリックとした。また、「G」、「アエラス レザーパッケージ」に深みのある木目調加飾、ナノイーとスーパーUVカットガラス(フロントガラス)を採用するなど、室内の質感を向上させた。さらに、「G」にはパワーバックドアを追加設定、「アエラス」には、デュアルパワースライドドアとロングスライドコンソールボックスを採用とした。そのほか安全面においては、3.5L車にS-VSCを標準装備した。また、「サイドリフトアップシート装着車」の車外にスライドダウンするセカンドシート(左席)をチャイルドシート対応としたほか、シートスライド量を増加し、利便性を向上。また、ボディカラーはグレイッシュブルーマイカメタリック(「アエラス」、「アエラス レザーパッケージ」、「アエラス サイドリフトアップシート装着車」のみ)、アイスチタニウムマイカメタリックを新たに設定し全6色とする。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
アエラス レザーパッケージ 3456cc FULL4WD 4,151,000円
アエラス レザーパッケージ 3456cc FF 3,941,000円
3456cc FULL4WD 3,903,000円
アエラス レザーパッケージ 2362cc FULL4WD 3,698,000円
3456cc FF 3,693,000円
アエラス 3456cc FULL4WD 3,673,000円
アエラス 3456cc FULL4WD 3,633,000円
アエラス レザーパッケージ 2362cc FF 3,488,000円
アエラス 3456cc FF 3,463,000円
2362cc FULL4WD 3,450,000円
アエラス 3456cc FF 3,423,000円
アエラス サイドリフトアップシート装着車 2362cc FULL4WD 3,311,000円
2362cc FF 3,240,000円
アエラス 2362cc FULL4WD 3,220,000円
アエラス 2362cc FULL4WD 3,180,000円
X サイドリフトアップシート装着車 2362cc FULL4WD 3,129,000円
アエラス サイドリフトアップシート装着車 2362cc FF 3,111,000円
アエラス 2362cc FF 3,010,000円
アエラス 2362cc FF 2,970,000円
2362cc FULL4WD 2,960,000円
X サイドリフトアップシート装着車 2362cc FF 2,929,000円
2362cc FF 2,750,000円

ニュース - トヨタ エスティマ

エスティマもフィットも…ワンモーションという個性【懐かしのカーカタログ】
エスティマもフィットも…ワンモーションという個性【懐かしのカーカタログ】
ワンモーション、モノフォルム。今回はもっともシンプルで合理的なシルエットを採用したそうしたモデルたちをカタログで振り返ってみたい。
情報錯綜、トヨタ エスティマ 次期型---FC専用車ではない
情報錯綜、トヨタ エスティマ 次期型---FC専用車ではない
スタイリッシュミニバンのトヨタ『エスティマ』。一時中断されていた開発が再開したと『ベストカー』4月10日号が伝えている。

試乗レポート - トヨタ エスティマ

【トヨタ エスティマ 試乗】まだまだ現役! 史上もっとも気持ち良い走りと質感…青山尚暉
【トヨタ エスティマ 試乗】まだまだ現役! 史上もっとも気持ち良い走りと質感…青山尚暉
日本を代表するスタイリッシュミニバンのエスティマはまだまだ現役、どころか今回のビッグチェンジで強豪ライバルとも互角に戦える完成度を持つに至っているのだ...
【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏
【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏
発売から10年も経過した『エスティマ』がマイナーチェンジを受け、更に延命が図られることになった。今回は外観デザインを大きく変更したほか、足回りにも手を...