トヨタ プレミオ 2008年モデル

トヨタ プレミオ 2008年9月モデル

「5ナンバーセダンの完成形」を目指して、2代目となったアリオンと、高級感と格調の高さを兼ね備えた「プレミオ(PREMIO)」。新世代のエンジン動弁機構「バルブマチック(VALVEMATIC)」を採用した2Lエンジン(3ZR-FAE)、1.8Lエンジン、1.5L(2WD)エンジンを搭載。グレードは、その最上級「2.0G」に、上級「1.8X」と標準「1.5F」。オプティトロンメーターやラグジュアリーシート、5.8型ディスプレイ&CD+AM/FM+6スピーカーを備えた「Lパッケージ」と、アルミホイールやプライバシーガラス、ディスチャージヘッドランプを備えた最上級「EXパッケージ」、装備を厳選した仕様「スタンダードパッケージ」が選択可能となる。今回の特別仕様車「2.0G SUPERIOR(スペリア)」は、2.0G EXパッケージの装備に加え、本革シート表皮や、快適温熱シート(運転席・助手席)、専用木目調パネル(チークブラウン)などを採用し、より上質な室内空間とした。また、専用仕様を施したフロントメッキグリル&フロント・リヤエンブレム、ヘッドランプ(ティントグリーンエクステンション)などを特別装備し、格調高い外観としている。さらに、吸音材の材質変更により、静粛性を向上させ、室内の快適性を一層高めている。また、ボディカラーには、追加設定となるブラックマイカを含む7色を設定している。ヘッドレストとパッケージトレイを外さずに格納できる6:4分割可倒式ダブルフォールディングシートを採用することで、機能的なリヤシートアレンジを可能とし、広いラゲージスペースを確保できる。今回全車でボディカラーの見直しがされ、新たにブラックマイカが追加された。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1.8X EXパッケージ 1797cc FULL4WD 14.4km/l 2,436,000円
2.0G EXパッケージ 1986cc FF 15.6km/l 2,425,500円
1.8X Lパッケージ 1797cc FULL4WD 14.4km/l 2,247,000円
1.8X EXパッケージ 1797cc FF 17.0km/l 2,236,500円
2.0G 1986cc FF 15.6km/l 2,226,000円
1.8X 1797cc FULL4WD 14.4km/l 2,110,500円
1.8X Lパッケージ 1797cc FF 17.0km/l 2,037,000円
1.8X 1797cc FF 17.0km/l 1,900,500円
1.5F Lパッケージ 1496cc FF 18.0km/l 1,869,000円
1.5F 1496cc FF 18.0km/l 1,753,500円
トヨタ プレミオ 2008年1月モデル

「5ナンバーセダンの完成形」を目指して、2代目となったアリオンと、高級感と格調の高さを兼ね備えた「プレミオ(PREMIO)」。今回、追加設定した2Lエンジン(3ZR-FAE)は、新世代のエンジン動弁機構「バルブマチック(VALVEMATIC)」を採用することで、10・15モード走行燃費は15.6km/Lを実現し、「平成22年度燃費基準+20%」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得し、グリーン税制による減税措置対象車とした。グレードは、その最上級「2.0G」に、上級「1.8X」と標準「1.5F」。オプティトロンメーターやラグジュアリーシート、5.8型ディスプレイ&CD+AM/FM+6スピーカーを備えた「Lパッケージ」と、アルミホイールやプライバシーガラス、ディスチャージヘッドランプを備えた最上級「EXパッケージ」が選択可能となる。この他、1.5L(2WD)、1.8Lエンジン搭載車には、装備を厳選した仕様「スタンダードパッケージ」も追加設定している。スマートエントリー&スタートシステム、カラーバックモニター、ナビゲーションの地図を最新情報に更新する世界初のサービス「マップオンデマンド」が利用可能な「G-BOOK mX」に対応したHDDナビゲーションシステムなど、画期的な先進装備も採用。ヘッドレストとパッケージトレイを外さずに格納できる6:4分割可倒式ダブルフォールディングシートを採用することで、機能的なリヤシートアレンジを可能とし、広いラゲージスペースを確保できる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.0G EXパッケージ 1986cc FF 15.6km/l 2,425,500円
2.0G 1986cc FF 15.6km/l 2,226,000円

ニュース - トヨタ プレミオ

トヨタ自動車、プレミオ、プリウスα など5車種の生産終了を発表
トヨタ自動車、プレミオ、プリウスα など5車種の生産終了を発表
トヨタ自動車は、『ポルテ』『スペイド』を2020年12月上旬に、『プレミオ』『アリオン』『プリウスα』を2021年3月末に、それぞれ生産終了すると発表...
モデル存続!? 14年ぶりフルモデルチェンジへ…トヨタ プレミオ 次期型、3ナンバー&クーペスタイルで刷新か
モデル存続!? 14年ぶりフルモデルチェンジへ…トヨタ プレミオ 次期型、3ナンバー&クーペスタイルで刷新か
大幅改良が行われたものの、現行型が登場してからすでに13年が経過しているトヨタの5ナンバーセダン『プレミオ』。このまま生産終了の噂もある中、スクープサ...

試乗レポート - トヨタ プレミオ

【トヨタ プレミオ 試乗】人に優しい安定のジャパニーズセダン…島崎七生人
【トヨタ プレミオ 試乗】人に優しい安定のジャパニーズセダン…島崎七生人
ドアを開けようとハンドルに手をかけると、裏側が手にやさしい曲面で、しかもそれだけでコトン!とロックが解除された。ボタンを押しながらとか、ある部分に触れ...
【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏
【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏
トヨタの『プレミオ/アリオン』がマイナーチェンジを受けた。プレミオは1957年に発売された『コロナ』をルーツとするモデルで現行モデルは通算13代目、ア...