トヨタ スープラ 1990年モデル

トヨタ スープラ 1990年8月モデル

トヨタのスポーツGT(グランドツーリングカー)、スープラ。ロングノーズ&ショートデッキのアメリカンスポーツスタイルは、5ナンバーサイズの標準ボディーと3ナンバーサイズのワイドボディーの2タイプ、ルーフは通常のノーマルクーペと、エアロトップと呼ばれる脱着式ルーフも選べる。搭載エンジンは、ストレート6(シックス)直列6気筒のみ。2.5L DOHCツインターボ(280馬力)、2L DOHCツインターボ(210馬力)、2L DOHC(150馬力)の3ユニット。それぞれ4速ATと5速マニュアルの選択が可能。グレードは大別すると、2.5Lが「2.5GTツインターボリミテッド」と「2.5GTツインターボR」、「2.5GTツインターボ」。2L搭載車は、「2.0GTツインターボ」と「2.0GT」の全5グレード。ツインターボRは、レカロシート、ビルシュタインショックアブソーバー、トルセンLSD、モモステアリング&シフトノブ、専用ホイールなどを標準装備する。今回リアスポイラーを全車標準装備、フロントエンブレムが七宝焼きから、トヨタマークに変更されている。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.5GTツインターボリミテッド エアロトップ 2491cc FR 7.4km/l 3,780,000円
2.5GTツインターボリミテッド エアロトップ 2491cc FR 8.3km/l 3,680,000円
2.5GTツインターボリミテッド 2491cc FR 7.4km/l 3,620,000円
2.5GTツインターボリミテッド 2491cc FR 8.3km/l 3,530,000円
2.5GTツインターボR 2491cc FR 7.4km/l 3,360,000円
2.5GTツインターボ エアロトップ 2491cc FR 7.4km/l 3,300,000円
2.5GTツインターボR 2491cc FR 8.3km/l 3,270,000円
2.5GTツインターボ エアロトップ 2491cc FR 8.3km/l 3,200,000円
2.5GTツインターボ 2491cc FR 7.4km/l 3,140,000円
2.0GTツインターボ ワイドボディー エアロトップ エレクトロニクス仕様車 1988cc FR 7.8km/l 3,080,000円
2.5GTツインターボ 2491cc FR 8.3km/l 3,050,000円
2.0GTツインターボ ワイドボディー エアロトップ エレクトロニクス仕様車 1988cc FR 9.2km/l 2,990,000円
2.0GTツインターボ ワイドボディー エレクトロニクス仕様車 1988cc FR 7.8km/l 2,930,000円
2.0GTツインターボ ワイドボディー エアロトップ 1988cc FR 7.8km/l 2,920,000円
2.0GTツインターボ ワイドボディー エレクトロニクス仕様車 1988cc FR 9.2km/l 2,830,000円
2.0GTツインターボ ワイドボディー エアロトップ 1988cc FR 9.2km/l 2,830,000円
2.0GTツインターボ ワイドボディー 1988cc FR 7.8km/l 2,770,000円
2.0GTツインターボ ワイドボディー 1988cc FR 9.2km/l 2,670,000円
2.0GTツインターボ 標準ボディー 1988cc FR 8.3km/l 2,550,000円
2.0GTツインターボ 標準ボディー 1988cc FR 9.5km/l 2,450,000円
2.0GT 1988cc FR 8.9km/l 2,290,000円
2.0GT 1988cc FR 10.0km/l 2,200,000円

ニュース - トヨタ スープラ

映画『ワイルド・スピード』のトヨタ スープラ、オークションに 6月17-19日
映画『ワイルド・スピード』のトヨタ スープラ、オークションに 6月17-19日
◆故ポール・ウォーカーが作品で駆ったスープラ ◆オレンジ色のボディカラーはランボルギーニディアブロ用 ◆3.0リットル直6ツインターボは最大出力280...
トヨタ スープラ にダックテールスポイラー、「A91-CF」発表…北米600台限定
トヨタ スープラ にダックテールスポイラー、「A91-CF」発表…北米600台限定
◆カーボンファイバー製のエアロパーツを新設計 ◆内装は赤と黒をテーマにアルカンターラとレザーを使用 ◆3.0リットル直6ターボは最大出力382hp

試乗レポート - トヨタ スープラ

【トヨタ スープラ 新型試乗】わずか1年で47psアップ、その完成度は圧倒的に高まった…大谷達也
【トヨタ スープラ 新型試乗】わずか1年で47psアップ、その完成度は圧倒的に高まった…大谷達也
◆初期型が340psに抑えざるを得なかった理由 ◆ボディ、足回り、ステアリングの感触…すべてが生まれ変わった ◆最新のスープラRZは“ビンテージもの”...
【TRD スープラ & RAV4 試乗】ヤマハの「新発想ダンパー」がもたらす未体験のハンドリング
【TRD スープラ & RAV4 試乗】ヤマハの「新発想ダンパー」がもたらす未体験のハンドリング
2019年のワークスチューニング合同試乗会にトヨタ系のTRDが持ち込んだモデルは、当然のことながら今年最高の注目モデル『GRスープラ』であった。