トヨタ ヴォクシー 2007年モデル

トヨタ ヴォクシー 2007年6月モデル

2001年11月に発売した、初代のヴォクシーとノアは2代目となり、ヴォクシー(ネッツ店)はクールさを、ノア(トヨタカローラ店)は親しみやすさを際立たせている。取り回しに優れた5ナンバーサイズに、後席両側スライドドアを継承。エンジンは、2種類の新開発2Lを搭載。158馬力を発生する3ZR-FAEエンジンは、吸・排気連続可変バルブタイミング機構(DualVVT-i)に加え、吸気バルブのリフト量を連続的に変化させ、全運転領域で最適に制御するシステム「バルブマチック」を採用。スポーツグレードのヴォクシー「ZS」/ノア「Si」に、パドルシフト付の7速スポーツシーケンシャルシフトマチックとともに搭載。その他レギュラーグレードには、143馬力の3ZR-FEエンジンとする。ミッションは全車、低燃費と滑らかな走りを実現するSuperCVT-i。サードシートは、ワンタッチでの折りたたみ、跳ね上げまで可能な世界初のワンタッチスペースアップシート、セカンドシートは外側方向に回転しチャイルドシートへの乳幼児の乗せ降ろしを容易にするチャイルドケアモードを備え、また470mmのロングスライドを可能とする。特徴的な快適装備として、左右独立温度コントロールオートエアコン(花粉除去モード付)、乗員同士のコミュニケ-ションを深める後席確認ミラー、縦列駐車や車庫入れを補助するインテリジェントパーキングアシスト、パノラミックライブサウンドシステムなど。ヴォクシーのバリエーションは、豪華装備「V」、スポーティデザイン「ZS」&「Z」、充実装備「X」/「X Lエディション」、2列シート5名定員「TRANS-X」。サイドリフトアップシート装着車は、左側セカンドシートが電動で操作できる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ZS サイドリフトアップシート装着車 1986cc FULL4WD 13.4km/l 2,855,000円
1986cc FULL4WD 12.6km/l 2,824,500円
ZS 1986cc FULL4WD 13.4km/l 2,667,000円
ZS サイドリフトアップシート装着車 1986cc FF 14.2km/l 2,655,000円
X Lエディション・サイドリフトアップシート装着車 1986cc FULL4WD 12.6km/l 2,625,000円
1986cc FF 13.4km/l 2,604,000円
1986cc FULL4WD 12.6km/l 2,541,000円
ZS 1986cc FF 14.2km/l 2,457,000円
X Lエディション 1986cc FULL4WD 12.6km/l 2,425,500円
X Lエディション・サイドリフトアップシート装着車 1986cc FF 13.4km/l 2,415,000円
1986cc FF 13.4km/l 2,331,000円
1986cc FULL4WD 12.6km/l 2,257,500円
トランス-X 1986cc FULL4WD 12.6km/l 2,215,500円
X Lエディション 1986cc FF 13.4km/l 2,205,000円
1986cc FF 13.4km/l 2,037,000円
トランス-X 1986cc FF 13.4km/l 1,995,000円

ニュース - トヨタ ヴォクシー

トヨタ、ノア&ヴォクシー新型 1万8000台をリコール…ブレーキ加熱
トヨタ、ノア&ヴォクシー新型 1万8000台をリコール…ブレーキ加熱
トヨタ自動車は6月3日、『ノア』『ヴォクシー』のブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2021...
アルパイン デジタルミラー、専用取付キットにジムニーやノア/ヴォクシーなど13車種追加
アルパイン デジタルミラー、専用取付キットにジムニーやノア/ヴォクシーなど13車種追加
アルパインマーケティングは、純正ミラー交換タイプで後方を高精細に映すデジタルミラーの新たな対応車種として、スズキ『ジムニー』『ジムニーシエラ』など13...

試乗レポート - トヨタ ヴォクシー

【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型試乗】「失敗は絶対に許されない」切実な事情…渡辺陽一郎
【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型試乗】「失敗は絶対に許されない」切実な事情…渡辺陽一郎
先代『ノア&ヴォクシー』は、プラットフォームなどの設計が古く、さらに進化させるのが困難な状態だった。そこで新型はプラットフォームを刷新して、ノーマルエ...
【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型試乗】走りは「ハイブリッド4WD」がバツグン!お得感でも正解?…諸星陽一
【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型試乗】走りは「ハイブリッド4WD」がバツグン!お得感でも正解?…諸星陽一
◆初の3ナンバーボディの影響は ◆走りの質は「ハイブリッド4WD」がバツグン ◆ガソリン車との価格差はあるけれど