トヨタ ヤリス

2020年2月~販売中

トヨタ ヤリス

新車価格

139249万円

中古車相場

129258万円

中古車平均価格

167万円(95台)

 
トヨタ ヤリス 2020年4月モデル

走る楽しさと、最高レベルの低燃費、先進の安心安全技術を備えた新世代コンパクトカー「ヤリス」。コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を初採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを開発。ラインアップは、1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステム搭載の「ハイブリッドZ」、「ハイブリッドG」、「ハイブリッドX」、1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジン(Direct Shift‐CVT、6速マニュアル)搭載の「Z」、「G」、「X」、1Lエンジンと小型軽量化したCVTを組み合わせた「G」、「X」、「X Bパッケージ」を設定。ハイブリッド車には、2WDとトヨタのコンパクトカーとして初めてE‐Four(電気式4WDシステム)採用、ガソリン車には2WDを用意。エクステリアは、徹底的にムダをそぎ落したキャビンと、ボディ中心から前後タイヤに向かう引き締まった造形で、アクティブな走りを予感させる。シャープな印象のヘッドランプで精悍な顔つきを表現。またリヤは、一体的に造形したウィンドウとコンビネーションランプが新しい3次元的なグラフィックとなり、通り過ぎてからもハッとする後ろ姿にも拘ってる。インテリアは、ムダをそぎ落として広さと快適さを確保し、運転に集中できる空間を表現した。インパネ断面を薄くしてワイドな印象を付与したほか、ステアリングホイールを従来より小径化することで、室内をより広く、スポーティーな印象を持たせた。また、フードレス双眼デジタルTFTメーター(トヨタ初)や、ソフトインストルメントパネルを採用したほか、コンソールの幅を広くし収納スペースを拡充するなど、ワンクラス上の室内空間を目指た。安全装備では、トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]」や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の「Toyota Safety Sense」など、多くの先進・便利機能をいち早く採用。スマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」も全車に標準装備した。今回、Direct Shift‐CVT搭載のガソリン車「Z」、「G」、「X」に4WDを追加した。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1490cc FULL4WD 2,124,000円
1490cc FULL4WD 1,954,000円
1490cc FULL4WD 1,831,000円
トヨタ ヤリス 2020年2月モデル

走る楽しさと、最高レベルの低燃費、先進の安心安全技術を備えた新世代コンパクトカー「ヤリス」。コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を初採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを開発。ラインアップは、1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステム搭載の「ハイブリッドZ」、「ハイブリッドG」、「ハイブリッドX」、1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジン(Direct Shift‐CVT、6速マニュアル)搭載の「Z」、「G」、「X」、1Lエンジンと小型軽量化したCVTを組み合わせた「G」、「X」、「X Bパッケージ」を設定。ハイブリッド車には、2WDとトヨタのコンパクトカーとして初めてE‐Four(電気式4WDシステム)採用、ガソリン車には2WDを用意。エクステリアは、徹底的にムダをそぎ落したキャビンと、ボディ中心から前後タイヤに向かう引き締まった造形で、アクティブな走りを予感させる。シャープな印象のヘッドランプで精悍な顔つきを表現。またリヤは、一体的に造形したウィンドウとコンビネーションランプが新しい3次元的なグラフィックとなり、通り過ぎてからもハッとする後ろ姿にも拘ってる。インテリアは、ムダをそぎ落として広さと快適さを確保し、運転に集中できる空間を表現した。インパネ断面を薄くしてワイドな印象を付与したほか、ステアリングホイールを従来より小径化することで、室内をより広く、スポーティーな印象を持たせた。また、フードレス双眼デジタルTFTメーター(トヨタ初)や、ソフトインストルメントパネルを採用したほか、コンソールの幅を広くし収納スペースを拡充するなど、ワンクラス上の室内空間を目指た。安全装備では、トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]」や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の「Toyota Safety Sense」など、多くの先進・便利機能をいち早く採用。スマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」も全車に標準装備した。ボディカラーは、新規開発色の「コーラルクリスタルシャイン」、「アイスピンクメタリック」を含むモノトーンカラーを全12色、ブラックまたはホワイトのルーフ色と組み合わせたツートーンカラーを全6色用意。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ハイブリッドZ 1490cc FULL4WD 2,493,000円
ハイブリッドG 1490cc FULL4WD 2,338,000円
ハイブリッドZ 1490cc FF 2,295,000円
ハイブリッドX 1490cc FULL4WD 2,241,000円
ハイブリッドG 1490cc FF 2,130,000円
ハイブリッドX 1490cc FF 1,998,000円
1490cc FF 1,926,000円
1490cc FF 1,871,000円
1490cc FF 1,756,000円
1490cc FF 1,701,000円
996cc FF 1,613,000円
1490cc FF 1,598,000円
1490cc FF 1,543,000円
996cc FF 1,455,000円
X Bパッケージ 996cc FF 1,395,000円

ニュース - トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス、2万7000台をリコール…VSCが作動しなくなるおそれ
トヨタ ヤリス、2万7000台をリコール…VSCが作動しなくなるおそれ
トヨタ自動車は5月20日、新型車『ヤリス』のブレーキ制御コンピュータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となる...
新車登録ランキング、『ヤリス』が初のトップ 4月車名別
新車登録ランキング、『ヤリス』が初のトップ 4月車名別
日本自動車販売協会連合会は5月11日、2020年4月の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表。トヨタ『ヤリス』が1万0119台を販売し、初のトップとな...

試乗レポート - トヨタ ヤリス

【トヨタ ヤリス 新型試乗】スポーティな走りを求めるユーザーにおススメしたい…丸山誠
【トヨタ ヤリス 新型試乗】スポーティな走りを求めるユーザーにおススメしたい…丸山誠
◆燃費競争は一人勝ち状態 ◆3気筒エンジンの残念な部分も ◆重量バランスのよさが光るハイブリッド
【トヨタ ヤリス 新型試乗】1.5Lガソリンは、HVと並ぶ主役となる…片岡英明
【トヨタ ヤリス 新型試乗】1.5Lガソリンは、HVと並ぶ主役となる…片岡英明
◆1.5リットルガソリン「Z」に試乗 ◆気持ちいいステップ変速制御はヤリスの大きな武器 ◆『カローラスポーツ』のように限界レベルまでコントロールしやす...