フォルクスワーゲン ゴルフ 2012年モデル

フォルクスワーゲン ゴルフ 2012年11月モデル

6世代目となるVW「ゴルフ(GOLF)」。ラインアップは、2L 直列4気筒DOHCターボエンジン(211馬力)を搭載する伝統のスポーツモデル「GTI」、同じく2L 直列4気筒DOHCターボエンジン(256馬力)を搭載する「R」、1.4L 直列4気筒DOHCスーパーチャージャーターボエンジン搭載の上級モデル「TSIハイライン」、レザーステアリングホイールやアルミホイール等充実した「TSIコンフォートライン プレミアム エディション」、1.2L 直列4気筒SOHCターボエンジンを搭載の「TSIトレンドライン マイスターエディション ブルーモーションテクノロジー」、1.4L 直列4気筒DOHCターボエンジン搭載の「TSIコンフォートライン マイスターエディション」を用意。「TSIトレンドライン マイスターエディション ブルーモーションテクノロジー」は、JC08モードで19.0km/L、「TSIコンフォートライン マイスターエディション」は、10.15モードで16.4km/Lの燃費を達成するとともに、エコカー減税の対象(前者は75%、後者は50%)。全モデル右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
TSIハイライン 1389cc FF 3,290,000円
フォルクスワーゲン ゴルフ 2012年8月モデル

6世代目となるVW「ゴルフ(GOLF)」。ラインアップは、2L 直列4気筒DOHCターボエンジン(211馬力)を搭載する伝統のスポーツモデル「GTI」、最高出力256馬力を発揮する同じく2L 直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載する「R」、上級「TSIハイライン」、レザーステアリングホイールやアルミホイール等充実した「TSIコンフォートライン プレミアム エディション」。今回、「TSIトレンドライン マイスターエディション ブルーモーションテクノロジー」、「TSIコンフォートライン マイスターエディション」を追加。「TSIトレンドライン マイスターエディション ブルーモーションテクノロジー」は、アイドリングストップ、ブレーキエネルギー回生システム(ブルーモーションテクノロジー)付き、1.2L 直列4気筒SOHCターボエンジン(105馬力)搭載、「TSIコンフォートライン マイスターエディション」は、1.4L 直列4気筒DOHCターボエンジン(122馬力)を搭載し、同じく7速DSGを組み合わせる。前者は、10.15モードで18.4km/L(JC08モードで19.0km/L)、後者は、10.15モードで16.4km/Lの燃費を達成するとともに、エコカー減税の対象(前者は75%、後者は50%)。「TSIトレンドライン マイスターエディション ブルーモーションテクノロジー」は、15インチアルミホイール、レザーステアリングホイール、ファブリックスタンダードシートを採用。「TSIコンフォートライン マイスターエディション」は、16インチアルミホイール、マルチファンクションステアリングホイール(パドルシフト+オーディオコントロール付き)、LEDダークテールランプを採用する。ボディカラーは、キャンディホワイトを含む、全5色を用意。全モデル右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
TSIコンフォートラインマイスターエディション 1389cc FF 16.4km/l 2,790,000円
TSIトレンドラインマイスターエディションブルーモーションテクノロジー 1197cc FF 18.4km/l 2,490,000円
フォルクスワーゲン ゴルフ 2012年1月モデル

6世代目となるVW「ゴルフ(GOLF)」。ラインアップは、2L 直列4気筒DOHCターボエンジン(211馬力)と6速DSGを組み合わせる搭載する伝統のスポーツモデル「GTI」、最高出力256馬力を発揮する同じく2L 直列4気筒DOHCターボエンジンと、6速DSGが組み合わされるゴルフ「R」、上級「TSIハイライン」、レザーステアリングホイールやアルミホイール等充実した装備のグレードとして「TSIトレンドライン Premium Edition(プレミアム エディション)」、「TSIコンフォートライン Premium Edition(プレミアム エディション)」、限定車に「GTIエディション35(サーティファイブ)」を用意。今回、「TSIトレンドライン Premium Edition(プレミアム エディション)」をベースに、Start/Stopシステム(アイドリングストップシステム)並びにブレーキエネルギー回生システムを採用した「BlueMotion Technology(ブルーモーションテクノロジー)」を「ゴルフ」として初めて標準装備した「Golf TSI トレンドライン BlueMotion echnology(ブルーモーションテクノロジー)」を新たに設定。これに伴い、10.15モード燃費は17.4km/Lから18.4km/Lへと約6%向上し、ゴルフ史上最高の低燃費を実現した。全モデル右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
TSIトレンドラインブルーモーションテクノロジー 1197cc FF 18.4km/l 2,640,000円

ニュース - フォルクスワーゲン ゴルフ

【VW ゴルフ 新型】専用サス&インテリアも、1.5L 4気筒の「R-Line」[詳細画像]
【VW ゴルフ 新型】専用サス&インテリアも、1.5L 4気筒の「R-Line」[詳細画像]
グレードを大幅に刷新したフォルクスワーゲンの新型『ゴルフ』。これまでの「ゴルフ」の面影を残しつつも、新たに2種類のガソリンエンジン「eTSI」を搭載し...
【VW ゴルフ 新型】日本法人社長「高品質かつ最新のデジタル機能を実現」
【VW ゴルフ 新型】日本法人社長「高品質かつ最新のデジタル機能を実現」
フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンは6月15日、8年ぶりに全面改良した『ゴルフ』を発売した。日本市場向けにはVWとして初となる48Vマイルドハ...

試乗レポート - フォルクスワーゲン ゴルフ

【VW ゴルフ R-Line 新型試乗】気持ち良さは、もはや「GTI」レベル…島崎七生人
【VW ゴルフ R-Line 新型試乗】気持ち良さは、もはや「GTI」レベル…島崎七生人
◆高性能版「eTSI」は1.5リットルターボ ◆「GTI」レベルの気持ちのいい走り ◆これ1台で実用性とスポーツカーの楽しみが味わえる
【VW ゴルフ 新型試乗】“7”の文脈を色濃く引き継いだスタイルと走り…島崎七生人
【VW ゴルフ 新型試乗】“7”の文脈を色濃く引き継いだスタイルと走り…島崎七生人
◆新旧『ゴルフ』意外なサイズの違い ◆完全に世代が新しくなったインテリア ◆“7”の文脈を色濃く引き継いだ走り