フォルクスワーゲン ゴルフ 2014年モデル

フォルクスワーゲン ゴルフ 2014年7月モデル

7世代目となる「ゴルフ(GOLF)」。ラインアップは、1.2L TSIエンジンを搭載し、レザーステアリングホイールや15インチアルミホイールなどを標準装備した「TSI トレンドラインブルーモーションテクノロジー」、同エンジンを搭載し、アダプティブクルーズコントロール「ACC」や、2ゾーンフルオートエアコンディショナー、リヤビューカメラ、マルチファンクションステアリング等、充実した快適装備を備えた「TSI コンフォートラインブルーモーションテクノロジー」、1.4L TSIエンジンを搭載し、専用デザインの17インチアルミホイールやダークテールランプ、デュアルエキゾーストパイプ等を採用した「TSI ハイラインブルーモーションテクノロジー」を設定。1.2L TSIエンジン搭載車は、車両重量わずか1,240kgという軽量化の効果と相まって、21.0km/L(JC08モード)の燃費を実現。1.4L TSIエンジン搭載車は、負荷の少ない運転時は、4気筒のうち2気筒が休止する自動気筒休止システム‐アクティブシリンダーマネジメント(ACT)を、ゴルフとして初めて採用。これにより、19.9km/L(JC08モード)の燃費を実現。今回、「TSI ハイラインブルーモーションテクノロジー」に、スマートエントリー&スタートシステム(キーレスアクセス)を標準装備。ポケットやカバンの中にキーを入れておけば、ドアハンドルに手をかけるだけでロックを解除できるため、雨天での車両への乗り込みなど便利なシステムになっている。ボディカラーは「パシフィックブルーメタリック」を含む全8色用意。全モデル右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
TSIハイラインブルーモーションテクノロジー 1394cc FF 3,159,000円
TSIコンフォートラインブルーモーションテクノロジー 1197cc FF 2,799,000円
フォルクスワーゲン ゴルフ 2014年4月モデル

7世代目となる「ゴルフ(GOLF)」。ラインアップは、1.2L TSIエンジンを搭載し、レザーステアリングホイールや15インチアルミホイールなどを標準装備した「TSI トレンドラインブルーモーションテクノロジー」、アダプティブクルーズコントロール「ACC」や、2ゾーンフルオートエアコンディショナー、リヤビューカメラ、マルチファンクションステアリング等、充実した快適装備を備えた「TSI コンフォートラインブルーモーションテクノロジー」、専用デザインの17インチアルミホイールやダークテールランプ、デュアルエキゾーストパイプ等を採用した「TSI ハイラインブルーモーションテクノロジー」を設定。1.2L TSIエンジン搭載車は、車両重量わずか1,240kgという軽量化の効果と相まって、21.0km/L(JC08モード)の燃費を実現。1.4L TSIエンジン搭載車は、負荷の少ない運転時は、4気筒のうち2気筒が休止する自動気筒休止システム‐アクティブシリンダーマネジメント(ACT)を、ゴルフとして初めて採用。これにより、19.9km/L(JC08モード)の燃費を実現。安全性においては、コンパクトカーとしての最高水準の装備を提供。クラス最高の9つのエアバッグに加えて、アップ!で好評のシティエマージェンシーブレーキを更に進化させ、ミリ波レーダーを採用したプリクラッシュブレーキシステム 「Front Assist Plus」を標準で搭載。さらに、2次衝突の危険を軽減するマルチコリジョンブレーキシステム、事前にシートベルトのテンションを高め、エアバッグの効果を高めるためにウインドーを閉じるプロアクティブ・オキュパント・プロテクションシステムなど数々の予防安全装備をこのクラスで初めて全車標準装備。さらに、ドライバーのステアリング操作や角度をモニタリングし、疲労や眠気による急なステアリング操作などを検知して警告音と警告表示で休憩を促すドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」を装備した。ボディカラーはコミュニケーションカラーの「パシフィックブルーメタリック」を含む全8色用意。全モデル右ハンドルの設定。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
TSIハイラインブルーモーションテクノロジー 1394cc FF 3,109,000円
TSIコンフォートラインブルーモーションテクノロジー 1197cc FF 2,799,000円
TSIトレンドラインブルーモーションテクノロジー 1197cc FF 2,587,000円

ニュース - フォルクスワーゲン ゴルフ

VW、葉山の e-ゴルフ 無料貸出プログラム再開…密を避けた移動手段 6月11日より
VW、葉山の e-ゴルフ 無料貸出プログラム再開…密を避けた移動手段 6月11日より
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、神奈川県葉山町で実施していた電気自動車(EV)『e-ゴルフ』の無料貸出プログラム「e-HAYAMA...
VW ゴルフR と GTI、最新デジタルコックピット採用…スポーツ性を強調
VW ゴルフR と GTI、最新デジタルコックピット採用…スポーツ性を強調
フォルクスワーゲン(Volkswagen)の米国部門は6月2日、新型『ゴルフR』と新型『ゴルフGTI』に、最新のデジタルコックピットを採用した、と発表...

試乗レポート - フォルクスワーゲン ゴルフ

【VW ゴルフ ヴァリアント TDI 3900km試乗】ステーションワゴンの魅力とは何か[後編]
【VW ゴルフ ヴァリアント TDI 3900km試乗】ステーションワゴンの魅力とは何か[後編]
フォルクスワーゲンのCセグメントステーションワゴン『ゴルフヴァリアントTDI』での3900kmツーリング。後編ではパワートレイン、スペース&ユーティリ...
【VW ゴルフヴァリアント TDI 3900km試乗】積載力アップと引き換えに失ったものは少ない[前編]
【VW ゴルフヴァリアント TDI 3900km試乗】積載力アップと引き換えに失ったものは少ない[前編]
フォルクスワーゲンのCセグメントステーションワゴン『ゴルフヴァリアントTDI』で 3900kmあまりツーリングをする機会があったので、インプレッション...