フォルクスワーゲン ゴルフ 2018年モデル

フォルクスワーゲン ゴルフ 2018年1月モデル

7世代目となる「ゴルフ(GOLF)」。ラインアップは、1.2L TSIエンジンを搭載し、レザーステアリングホイールや15インチスチールホイールなどを標準装備した「TSIトレンドライン」、同エンジンを搭載し、アダプティブクルーズコントロール「ACC」や、2ゾーンフルオートエアコンディショナー、リヤビューカメラ、マルチファンクションステアリング等、充実した快適装備を備えた「TSIコンフォートライン」、1.4L TSIエンジンを搭載し、専用デザインの17インチアルミホイールやダークテールランプ等を採用した「TSIハイライン」を設定。純正インフォテイメントシステムの機能強化をはじめ、装備・機能をさらに充実させた。2機種のVolkswagen純正インフォテイメントシステムは、画面が大きくなり、視認性を大幅に向上。ラジオシステムの「Composition Media」は6.5インチから8インチに、ナビゲーション機能付の「Discover Pro」も8インチから9.2インチになった。さらに「Discover Pro」は、スイッチ類が無くなって、全面フラットになったタッチスクリーンへと進化したことで、使い勝手も向上。先進技術として、パークディスタンスコントロール機能が拡張して安全性がより向上した。今回、「TSIトレンドライン」と「TSIハイライン」の価格改定を行った。全モデル右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
TSIハイライン 1394cc FF 3,319,000円
TSIトレンドライン 1197cc FF 2,539,000円

ニュース - フォルクスワーゲン ゴルフ

【VW ゴルフ 新型】VGJの4番バッター…商品企画担当[インタビュー]
【VW ゴルフ 新型】VGJの4番バッター…商品企画担当[インタビュー]
フォルクスワーゲングループジャパン(以下VGJ)は8世代目の『ゴルフ』を発売した。同社の中心的存在でもある新型ゴルフの特徴やターゲットユーザーなどにつ...
【VW ゴルフ 新型】電動、デジタル化を推進した8代目…価格は291万6000円から
【VW ゴルフ 新型】電動、デジタル化を推進した8代目…価格は291万6000円から
フォルクスワーゲングループジャパン(以下VGJ)は6月15日、8代目となる『ゴルフ』を発表、同日より販売を開始した。ドイツでのデリバリーが開始されたの...

試乗レポート - フォルクスワーゲン ゴルフ

【VW ゴルフ 新型試乗】待ち人、期待を裏切らず…中村孝仁
【VW ゴルフ 新型試乗】待ち人、期待を裏切らず…中村孝仁
VW『ゴルフ』の最新モデルが発表されたのは2019年10月。それからほとんど2年近くがたってようやく日本市場への導入が始まった。
【VW ゴルフ 新型試乗】イージーに移動できることを躊躇せず肯定してきた…南陽一浩
【VW ゴルフ 新型試乗】イージーに移動できることを躊躇せず肯定してきた…南陽一浩
◆進歩は求められるが突飛や凡庸であってはならない ◆外観はなるほど、ゴルフであることを静かに主張する ◆デジタルコクピットの操作系の新基軸 ◆「トラベ...