フォルクスワーゲン ゴルフ 2019年モデル

フォルクスワーゲン ゴルフ 2019年10月モデル

7世代目となる「ゴルフ(GOLF)」。ラインアップは、1.2L TSIエンジンを搭載し、レザーステアリングホイールや15インチスチールホイールなどを標準装備した「TSIトレンドライン」、同エンジンを搭載し、アダプティブクルーズコントロール「ACC」や、2ゾーンフルオートエアコンディショナー、リヤビューカメラ、マルチファンクションステアリング等、充実した快適装備を備えた「TSIコンフォートライン」、1.4L TSIエンジンを搭載し、専用デザインの17インチアルミホイール等を採用した「TSIハイライン」を設定。純正インフォテイメントシステムの機能強化をはじめ、装備・機能をさらに充実させた。先進技術として、パークディスタンスコントロール機能が拡張して安全性がより向上した。特別仕様車には、「TSIハイライン テックエディション」をベースに安全性と快適性を大幅に向上させた「TSIコンフォートライン マイスター」、「TSIハイライン マイスター」を設定。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行うと同時に、「TDI」エンジンを搭載した「TDIコンフォートライン」、「TDIハイライン」を追加。最新の2L TDIエンジン(最高出力110kW(150馬力)/最大トルク340Nm(34.7kgm))と7速DSGの組み合わせにより、優れた走行性能と燃費効率を高次元で両立。装備では、渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」を標準装備。さらに、特別仕様車として「TDIコンフォートライン マイスター」、「TDIハイライン マイスター」を追加。レザーシートやプレムアムサウンドシステム「DYANUDIO」、液晶デジタルメーター「Active Info Display」、駐車支援システム「Park Assist」などゴルフ史上最高レベルの充実した各種先進安全装備と、レザーシート(ブラック/ベージュ)やシートヒーターなどの快適装備を採用。ボディカラーは全6色を用意。全モデル右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
TDIハイライン 1968cc FF 3,620,000円
TSIハイライン 1394cc FF 3,380,000円
TDIコンフォートライン 1968cc FF 3,230,000円
TSIコンフォートライン 1197cc FF 2,850,000円
TSIトレンドライン 1197cc FF 2,589,000円

ニュース - フォルクスワーゲン ゴルフ

【VW ゴルフ 新型】電動、デジタル化を推進した8代目…価格は291万6000円から
【VW ゴルフ 新型】電動、デジタル化を推進した8代目…価格は291万6000円から
フォルクスワーゲングループジャパン(以下VGJ)は6月15日、8代目となる『ゴルフ』を発表、同日より販売を開始した。ドイツでのデリバリーが開始されたの...
【VW ゴルフ 新型】専用サス&インテリアも、1.5L 4気筒の「R-Line」[詳細画像]
【VW ゴルフ 新型】専用サス&インテリアも、1.5L 4気筒の「R-Line」[詳細画像]
グレードを大幅に刷新したフォルクスワーゲンの新型『ゴルフ』。これまでの「ゴルフ」の面影を残しつつも、新たに2種類のガソリンエンジン「eTSI」を搭載し...

試乗レポート - フォルクスワーゲン ゴルフ

【VW ゴルフ 新型試乗】イージーに移動できることを躊躇せず肯定してきた…南陽一浩
【VW ゴルフ 新型試乗】イージーに移動できることを躊躇せず肯定してきた…南陽一浩
◆進歩は求められるが突飛や凡庸であってはならない ◆外観はなるほど、ゴルフであることを静かに主張する ◆デジタルコクピットの操作系の新基軸 ◆「トラベ...
【VW ゴルフ R-Line 新型試乗】気持ち良さは、もはや「GTI」レベル…島崎七生人
【VW ゴルフ R-Line 新型試乗】気持ち良さは、もはや「GTI」レベル…島崎七生人
◆高性能版「eTSI」は1.5リットルターボ ◆「GTI」レベルの気持ちのいい走り ◆これ1台で実用性とスポーツカーの楽しみが味わえる