フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック 2020年モデル

フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック 2020年5月モデル

本格的なクロスオーバー4WD(四輪駆動)ステーションワゴン「ゴルフオールトラック」。フォルクスワーゲン独自のフルタイム四輪駆動システムで最新(第5)世代のハルデックスカップリングを採用した「4MOTION」を組み合わせることで、ラフロードでもつねに優れた走行性能を実現。1.8L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)エンジンを搭載し、6速DSGトランスミッションを組み合わせる。最高出力は、132kW(180馬力)、最大トルクは、280Nm(28.6kgm)を発揮。ラインアップは、「TSI 4モーション」を設定。2機種のVolkswagen純正インフォテイメントシステムは、画面が大きくなり、視認性を大幅に向上。ラジオシステムの「Composition Media」は6.5インチから8インチに、ナビゲーション機能付の「Discover Pro」も8インチから9.2インチになった。さらに「Discover Pro」は、スイッチ類が無くなって、全面フラットになったタッチスクリーンへと進化したことで、使い勝手も向上した。特別仕様車は、「TSI 4モーション」をベースとした「TSI 4モーション マイスター」を設定。駐車時の障害物などを検知する「パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)」、入庫から出庫まで駐車の一部始終をサポートする駐車支援システム「パークアシスト」が標準装備となり、安全性をさらに強化している。また、デンマークのハイエンドオーディオメーカーDynaudio社と共同開発したプレミアムサウンドシステム「Dynaudioサウンドシステム」を新たにオプション設定することで、快適性をさらに向上させた。今回、価格変更を行った。全車右ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
TSI 4モーション 1798cc FULL4WD 3,799,000円

ニュース - フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック

VW ゴルフオールトラック 新型、2020年内登場か…ヴァリアントと比較
VW ゴルフオールトラック 新型、2020年内登場か…ヴァリアントと比較
VWは現在、新型『ゴルフヴァリアント』を開発しているが、その派生モデルとなるクロスオーバーモデル『ゴルフオールトラック』のプロトタイプを、スクープサイ...
VW、ペット仕様の ゴルフオールトラック など展示へ…インターペット2018
VW、ペット仕様の ゴルフオールトラック など展示へ…インターペット2018
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、3月29日から4月1日までの4日間、東京ビッグサイトで開催される国内最大級のペットイベント「インタ...

試乗レポート - フォルクスワーゲン ゴルフオールトラック

【VW ゴルフオールトラック 海外試乗】ちょっとラフに使える感覚がイイ…竹岡圭
【VW ゴルフオールトラック 海外試乗】ちょっとラフに使える感覚がイイ…竹岡圭
正直言っちゃうと、現行のゴルフヴァリアントってやっぱり地味じゃないですか。それが『ゴルフオールトラック』になった途端、絶対忘れられないくらい強い印象が...