フォルクスワーゲン ザ・ビートル

フォルクスワーゲン ザ・ビートル

フォルクスワーゲン
ザ・ビートル

新車価格 229~361万円
中古車価格 89338万円
2012年4月(平成24年4月)~販売中

4.0点(口コミ9件)外観4.9|内観4.2|走行性能4.0|乗り心地3.8|価格3.8|燃費3.3

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2017年7月モデル

曲線と直線が織りなす精緻な造りこみにより、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル(The Beetle)」。ラインアップは、世界中の人々に愛され続けている初代「ビートル スタンダード」を彷彿させるモデル「ベース」、1.2L 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ搭載の「デザイン」、1.4L TSIブルーモーションテクノロジーエンジン搭載の「Rライン」、2L TSIエンジン搭載の「2.0Rライン」を設定。さらに、「Rライン」をベースにした限定車「デューン」(限定300台)を設定。今回、純正インフォテイメントシステムの機能強化をはじめ、装備・機能をさらに充実させた。2機種のVolkswagen純正インフォテイメントシステムは、画面が大きくなり、視認性を大幅に向上。ラジオシステムの「Composition Media」は6.5インチから8インチに、ナビゲーション機能付の「Discover Pro」も8インチから9.2インチになった。さらに「Discover Pro」は、スイッチ類が無くなって、全面フラットになったタッチスクリーンへと進化したことで、使い勝手も向上。先進技術として、死角にあるクルマなどの存在をドライバーに知らせるブラインドスポットディテクションや出庫時の車両後方の安全確認をサポートするリヤトラフィックアラートを「ベース」、「デザイン」に標準装備。全車右ハンドルのみの設定。

フォルクスワーゲンザ・ビートルの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.0Rライン 1984cc FF 3,499,000円
Rライン 1394cc FF 2,999,000円
デザイン 1197cc FF 2,749,000円
ベース 1197cc FF 2,399,000円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2016年11月モデル

曲線と直線が織りなす精緻な造りこみにより、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル(The Beetle)」。ラインアップは、世界中の人々に愛され続けている初代「ビートル スタンダード」を彷彿させるモデル「ベース」、1.2L 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ搭載の「デザイン」、2L TSIエンジン搭載の「2.0Rライン」を設定。今回、ブルーモーションテクノロジー搭載1.4L TSIエンジンの「Rライン」を追加。今までよりもパワフルな走りをお楽しみいただけることに加えて、ブレーキエネルギー回生システムを採用し、燃費は18.3km/Lと向上している。エクステリアは、フロントとリヤのバンパーデザインに加え、デュアルエキゾーストパイプやリヤスポイラー、17インチアルミホイールなどを採用。インテリアは、「2.0Rライン」と共通のデザインを採用し、ブラックに統一したクールな空間を演出。また、「デザイン」をベースに特別限定車「ハッシュタグピンクビートル」(限定300台)を設定。ボディ本体には、ブラック塗装したドアミラー、サイドモールディングをアクセントとして取り付け、さらに、リヤスポイラー、専用の17インチアルミホイールを特別装着。インテリアは、ブラックをベースに、スポーティモデル「GTIシリーズ」専用のタータンチェックをピンク色にアレンジしたファブリックシートを採用。ボディカラーは、鮮やかな発色がとても印象的な「フクシアの花」をイメージしたピンク色の「フレッシュフクシアメタリック」を用意。全車右ハンドルのみの設定。

フォルクスワーゲンザ・ビートルの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Rライン 1394cc FF 2,945,000円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2016年9月モデル

曲線と直線が織りなす精緻な造りこみにより、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル(The Beetle)」。ラインアップは、世界中の人々に愛され続けている初代「ビートル スタンダード」を彷彿させるモデル「ベース」、1.2L 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ搭載の「デザイン」を設定。特別限定車では、初代ビートルを最新テクノロジーで再現した「ザ・ビートル(The Beetle)」をベースとした「デューン(Dune)」(限定500台)、「デザイン」をベースに「オールスター」(限定280台)を用意。「ベース」、「デザイン」に、純正インフォテイメントシステム「Composition Media」(App‐Connect対応)を標準装備。今回、デザインをリフレッシュして精悍さをアップ。また、2L TSIエンジン搭載の「Rライン」を設定。デザイン面では、フロントとリヤのバンパーデザインを刷新したことで、これまでのすっきりとした外観に比べ、スポーティさと精悍さが増している。インテリアも新たなデザインを採用し、クールな室内空間を実現。特に「デザイン」では、ダッシュパッド、ドアトリム、ステアリングトリムをエクステリアカラーと同色とし、さらに、ブラックないしはベージュの専用格子調ファブリックシートやオプション装備のレザーシートと組み合わせることで、最大32通りのカラーコンビネーションから選ぶことができる。安全面では、新たにドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」を全車に標準装備したほか、「ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)」や「リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)」を上級グレードの「Rライン」に標準装備、「ベース」、「デザイン」にオプション装備とするなど、より安全にドライブを楽しんでいただくために、「Volkswagen オールイン・セーフティ」に基づいた、最新の安全装備を搭載。ボディカラーは、新色「ストーンウォッシュドブルーメタリック」を含む全8色を用意。全車右ハンドルのみの設定。

フォルクスワーゲンザ・ビートルの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.0Rライン 1984cc FF 3,459,000円
デザイン 1197cc FF 2,699,000円
ベース 1197cc FF 2,349,000円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2015年10月モデル

曲線と直線が織りなす精緻な造りこみにより、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル(The Beetle)」。ラインアップは、世界中の人々に愛され続けている初代「ビートル スタンダード」を彷彿させるモデル「ベース」、1.2L 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ搭載の「デザイン」と、2L TSIエンジン搭載の「ターボ」を設定。今回、特別限定車「クラブ」(限定500台)を設定。ボディカラーは「ザ・ビートル」では初採用となる新色の「ハバネロオレンジメタリック」とし、これに、ブラック塗装したサイドミラーカバーと、同じくブラック塗装したルーフにしたことで、ボディの鮮やかなオレンジとルーフのブラックによるツートーンカラーが、とても強烈なコントラストで周囲に強い存在感を放つ。さらに、足元は「クラブ」専用デザインの17インチアルミホイールを装着するなど精悍なスタイリングをより一層強調している。この限定車のキーカラーであるオレンジを用いた専用チェック柄のファブリックシートに加え、ステアリングやハンドブレーキレバー、センターアームレストにもオレンジ色の飾りステッチを採用。さらに専用ドアシルプレートや「クラブ」バッジ付のステアリングホイールなどを標準装備。また、「ベース」、「デザイン」、「ターボ」に、純正インフォテイメントシステム「Composition Media」(App‐Connect対応)を標準装備するとともに、価格改定を行った。ボディカラーは、新たに「ブルーシルクメタリック」、「ムーンロックシルバーメタリック」の2色を追加。全車右ハンドルのみの設定。

フォルクスワーゲンザ・ビートルの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ターボ 1984cc FF 3,390,000円
デザイン 1197cc FF 2,640,000円
ベース 1197cc FF 2,340,000円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2015年7月モデル

曲線と直線が織りなす精緻な造りこみにより、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル(The Beetle)」。1.2L 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ搭載の「デザイン」と、先代のニュービートルでも人気の高かったレザーシート等を採用した上級グレードの「デザインレザーパッケージ」、2L TSIエンジン搭載の「ターボ」を設定。特別限定車では、「ターボ」をベースとした「ターボ エクスクルーシブ」(50台限定)、「デザイン」をベースとした「ブロッサム」を用意。今回、「デザイン」にレインセンサー、オートライトシステムや、スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」を新たに装着。「ターボ」は、従来標準装備していたナビゲーションシステムをオプション化し、人気が高かったオプション装備の「Coolsterパッケージ」を、標準装備した。また、シンプルでありながらも必要十分な走行性能と装備で、世界中の人々に愛され続けている初代「ビートル スタンダード」を彷彿させるモデル、「ベース」を新たに追加設定。サイドスカート、アウタードアハンドル、インストゥルメントパネル、ステアリングホイールトリムなどを専用装備。右ハンドルのみの設定。

フォルクスワーゲンザ・ビートルの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ターボ 1984cc FF 3,349,000円
デザイン 1197cc FF 2,600,000円
ベース 1197cc FF 2,299,000円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2014年4月モデル

曲線と直線が織りなす精緻な造りこみにより、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル(The Beetle)」。1.2L 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ搭載の「デザイン」と、先代のニュービートルでも人気の高かったレザーシート等を採用した上級グレードの「デザインレザーパッケージ」、2L TSIエンジンを搭載の「ターボ」を設定。さらに、世界3500台限定の特別仕様車「レーサー」、バレンタインの季節にあわせた特別仕様車「チョコ(300台)」、「ミルク(250台)」、「ビター(250台)」を用意。右ハンドルのみの設定。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

フォルクスワーゲンザ・ビートルの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ターボ 1984cc FF 3,615,000円
デザインレザーパッケージ 1197cc FF 3,439,000円
デザイン 1197cc FF 2,649,000円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2014年1月モデル

曲線と直線が織りなす精緻な造りこみにより、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル(The Beetle)」。1.2L 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ搭載の「デザイン」と、先代のニュービートルでも人気の高かったレザーシート等を採用した上級グレードの「デザインレザーパッケージ」、2L TSIエンジンを搭載の「ターボ」を設定。さらに、世界3500台限定の特別仕様車「レーサー」を用意。今回、「デザイン」をベースにバレンタインの季節にあわせた特別仕様車「チョコ(300台)」、「ミルク(250台)」、「ビター(250台)」の3モデルを設定。「チョコ」は、上品な甘さが薫るチョコレートをイメージしたトフィーブラウンメタリックのボディに、優しいベージュのファブリックシートを組み合わせる。一方、「ミルク」のボディカラーは、香り立つフレッシュミルクのようなキャンディホワイトを、「ビター」は、高級なカカオを贅沢に使った大人のチョコレートを想起させるディープブラックパールエフェクトのボディに、それぞれ、ブラックとレッドの2トーンでコーディネートしたインテリアを組み合わせる。さらに、夜間の視認性に優れ、個性的な表情を作り出すLEDポジションランプ付のバイキセノンヘッドランプや駐車時などに便利なパークディスタンスコントロール、携帯しているだけで、キー操作による煩わしさから解放されるスマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」、左右それぞれの温度設定が可能な2ゾーンフルオートエアコンディショナーやこのモデル専用の17インチアルミホイールなど人気が高いアイテムを標準装備。さらに「デザイン」、「デザインレザーパッケージ」のボディカラーの変更を行った。右ハンドルのみの設定。

フォルクスワーゲンザ・ビートルの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
デザインレザーパッケージ 1197cc FF 3,310,000円
デザイン 1197cc FF 2,550,000円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2013年10月モデル

曲線と直線が織りなす精緻な造りこみにより、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル(The Beetle)」。ラインアップは「デザイン」と、先代の「ニュービートル」でも人気の高かったレザーシート等を採用した上級グレードの「デザインレザーパッケージ」を設定。搭載エンジンは1.2L 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボに、伝達ロスが少ない7速の「DSG」トランスミッションを組合せる。また、国内正規輸入60周年を記念した限定モデル「フェンダー・エディション」(限定600台)を用意。今回、スタイリッシュな外観とワクワクするドライビングにフォーカスした、遊び心溢れる「ターボ」を設定。2L TSIエンジンを搭載し、シリーズの中でも、とりわけ「走る楽しさ」と「クルマで遊ぶ」楽しさを具体的に示した「ターボ」は、その大きな特徴のひとつであるパワートレインに、先代のゴルフGTIと同じ211馬力、6速DSGトランスミッションを組み合わせる。ドライビングへの期待を沸騰させる専用エクステリアパーツやインテリアなどにもこだわった、シリーズ初となる本格的なスポーツモデル。ボディカラーにはターボ専用色「リーフブルーメタリック」を追加。また、「デザインレザーパッケージ」にフォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステム「712SDCW」と、フロントとリヤバンパー、それぞれに4つずつ設置されたセンサーにより、車両前後の障害物の有無と車体からの距離を検知して、警告音でドライバーに知らせる「パークディスタンスコントロール」を装備。右ハンドルのみの設定。

フォルクスワーゲンザ・ビートルの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ターボ 1984cc FF 3,480,000円
デザインレザーパッケージ 1197cc FF 3,310,000円
デザイン 1197cc FF 2,550,000円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2013年5月モデル

曲線と直線が織りなす精緻な造りこみにより、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル(The Beetle)」。ラインアップは「デザイン(Design)」と、先代の「ニュービートル」でも人気の高かったレザーシート等を採用した上級グレードの「デザインレザーパッケージ(Design Leather Package)」。搭載エンジンは1.2L 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ(77kW/105馬力、175Nm/17.8kgm)、それに伝達ロスが少ない7速の「DSG」トランスミッションを組合せる。これにより取得した国土交通省の審査値(JC08モード)では17.6km/Lに向上し、エコカー補助金およびエコカー減税(50%)対象車両となる。安全装備も横滑り防止装置(ESP)にくわえ、フロントエアバッグと頭部保護機能付きのサイドエアバッグなども標準装備している。今回、価格改定を行うとともに、国内正規輸入60周年を記念した限定モデル「フェンダー・エディション」(限定600台)を設定。Fender社は、最も信頼のおけるギターやアンプメーカーとして常にマーケットリーダーのポジションを確立している。「フェンダー・エディション」は、そのFender社が、初めて自動車メーカーと共同で開発した、プレミアムオーディオシステム「フェンダーサウンドシステム(総出力400W、10チャンネル、9スピーカー)」を搭載し、内外装に特別装備を施したモデルとなる。お気に入りの音楽をライヴ会場で聴くような臨場感あふれる音で再生するため、専用にチューニングされたヘッドユニットRCD510(6連奏CDチェンジャー、iPod 接続装置付)や、4つのツイーターと4つのミッドレンジスピーカー、更にラゲッジスペースには専用のエンクロージャー内に設置された低歪デュアルボイスコイル技術採用の20cm径サブウーファーが追加され、プレミアムオーディオシステムに相応しいハイスペックなサウンドを奏でる。特別装備として、エクステリアには専用デザインの18インチアルミホイールやLEDポジションランプ付バイキセノンヘッドライト、電動パノラマスライディングルーフ、クロームメッキ処理されたドアミラー、更にフロントフェンダーには専用エンブレムを採用。インテリアには、Fender社の伝統的なエレキギターを象徴する2トーンのウッドデザインSunburstを採用したインストゥルメントパネルや、Fenderロゴ入りフロントツイーター、ファブリック&レザレットシート、更にドアトリム下やフロントミッドレンジスピーカー周りのリングの色をレッド、ブルー、ホワイトと、好みに合わせて変更できるインテリアアンビエントライトを採用。右ハンドルのみの設定。

フォルクスワーゲンザ・ビートルの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
デザインレザーパッケージ 1197cc FF 3,090,000円
デザイン 1197cc FF 2,550,000円
フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2012年4月モデル

曲線と直線が織りなす精緻な造りこみにより、モダンでダイナミックなイメージに進化した新型「ザ・ビートル(The Beetle)」。ラインアップは「デザイン(Design)」と、先代の「ニュービートル」でも人気の高かったレザーシート等を採用した上級グレードの「デザインレザーパッケージ(Design Leather Package)」。搭載エンジンは1.2L 直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ(77kW/105馬力、175Nm/17.8kgm)、それに伝達ロスが少ない7速の「DSG」トランスミッションを組合せる。これにより新たに取得した国土交通省の審査値(JC08モード)では17.6km/Lに向上し、エコカー補助金およびエコカー減税(50%)対象車両となる。安全装備も横滑り防止装置(ESP)にくわえ、フロントエアバッグと頭部保護機能付きのサイドエアバッグなども標準装備している。初期導入1,000台には、日本導入を記念した限定のナンバープレートフレームを付属。このナンバープレートフレームは「The Beetle」のロゴとカブト虫のデザインが施されており、「The Beetle」に装着することで日本導入最初の1,000台であることを示す限定グッズとなる。ボディカラーは全6色。右ハンドル設定。

フォルクスワーゲンザ・ビートルの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
デザインレザーパッケージ 1197cc FF 3,030,000円
デザイン 1197cc FF 2,500,000円

ニュース - フォルクスワーゲン ザ・ビートル

VW ザ・ビートル、バギースタイルのクロスオーバーモデルを限定発売
VW ザ・ビートル、バギースタイルのクロスオーバーモデルを限定発売
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『ザ・ビートル』のクロスオーバーコンセプトモデル「ザ・ビートル デューン」を6月27日より300台...
【VW ザ・ビートル 改良新型】1.4リットルエンジンの採用で300万円を切ったRライン[写真蔵]
【VW ザ・ビートル 改良新型】1.4リットルエンジンの採用で300万円を切ったRライン[写真蔵]
VW『ザ・ビートル』のラインアップ中で走りの性能を高め、スポーティなモデルとなっているのが「Rライン」。従来2.0リットルだけだったRラインに1.4リ...

試乗レポート - フォルクスワーゲン ザ・ビートル

【VW ザ・ビートル Rライン 試乗】これでちょうどいいかな?…中村孝仁
【VW ザ・ビートル Rライン 試乗】これでちょうどいいかな?…中村孝仁
これがVW 『ザ・ビートル』に新設定された「Rライン」である。従来Rラインは2リットルターボエンジンを積んだモデルがそう呼ばれていたが、このクルマが誕...
【VW ザ・ビートル デザイン 試乗】芯のある走り、楽しいクルマに乗りたいならコレ…諸星陽一
【VW ザ・ビートル デザイン 試乗】芯のある走り、楽しいクルマに乗りたいならコレ…諸星陽一
フォルクスワーゲンの『ザ・ビートル』がマイナーチェンジを受けた。新しいビートルはドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection Sys...