フォルクスワーゲン ティグアン 2018年モデル

フォルクスワーゲン ティグアン 2018年8月モデル

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン(Tiguan)」。エンジンは、1.4L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)を採用し、DSGトランスミッションを搭載。気筒休止システムのACTとアイドリングストップ機能のStart&Stopシステム及びブレーキエネルギー回生システムが付いたブルーモーションテクノロジーを装備。最高出力は110kw(150馬力)/5,000~6,000rpm、最大トルクは250Nm(25.5kgm)/1,500~3,500rpmを発揮。ラインアップはクラスを超えた先進安全技術と快適装備を標準装着する「TSIコンフォートライン」、先進装備をさらに充実させた「TSI ハイライン」、専用の内外装を備えた「TSI Rライン」を設定。限定車には、デンマークのハイエンドオーディオメーカーDynaudio社と共同開発したプレミアムサウンドシステム搭載の「ディナウディオエディション」(限定300台)を設定。今回、「TSIコンフォートライン」のアップグレードパッケージにパワーテールゲート(挟み込み防止機能、Easy Open&Easy Close機能付)を、セーフティパッケージにハイビームアシストを追加。「TSI ハイライン」、「TSI Rライン」にはこれまでオプション装備だった、ヘッドアップディスプレイ、ダイナミックライトアシスト、パワーテールゲート(挟み込み防止機能、Easy Open&Easy Close機能付)を標準装備とし、さらなる安全性や快適性の強化を図った。さらに、2L ターボディーゼルエンジンに高性能「4MOTION」を搭載した「TDI 4モーション コンフォートライン」、「TDI 4モーション ハイライン」、「TDI 4モーション Rライン」を設定。最高出力110kw(150馬力)、最大トルク340Nm(34.7kgm)と7速DSGの組み合わせにより、優れた走行性能と燃費効率を実現。センターコンソールには直観的に操作できる新しい4MOTIONアクティブコントロールスイッチが装備され、「オンロードモード」「スノーモード」「オフロードモード」「オフロードカスタムモード」の4つの走行モードが選択可能。さらに、「つながるSUV」(Volkswagen Car‐Net全車標準装備)や渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」などのクラスを超えた先進安全技術・快適装備を採用。また、同時に「TDI 4モーション Rライン」をベースに限定車「TDI 4モーション Rライン ブラックスタイル」(限定450台)を設定。ブラックにペイントされた専用エクステリア(フロントグリル中央、フロントバンパー、ドアミラーハウジング、ウインドフレーム、サイドストリップ、リヤスポイラー、リヤストラップ)、ブラックルーフレールに加え、専用の19インチアルミホイール(ブラック)を採用し、クールでスタイリッシュなエクステリアを実現した。全モデル右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
TDI 4モーション Rライン 1968cc FULL4WD 5,240,000円
TDI 4モーション ハイライン 1968cc FULL4WD 4,940,000円
TSI Rライン 1394cc FF 4,790,000円
TSI ハイライン 1394cc FF 4,490,000円
TDI 4モーション コンフォートライン 1968cc FULL4WD 4,086,000円
TSI コンフォートライン 1394cc FF 3,636,000円
フォルクスワーゲン ティグアン 2018年3月モデル

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン(Tiguan)」。エンジンは、1.4L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)を採用し、DSGトランスミッションを搭載。気筒休止システムのACTとアイドリングストップ機能のStart&Stopシステム及びブレーキエネルギー回生システムが付いたブルーモーションテクノロジーを装備。最高出力は110kw(150馬力)/5,000~6,000rpm、最大トルクは250Nm(25.5kgm)/1,500~3,500rpmを発揮。ラインアップはクラスを超えた先進安全技術と快適装備を標準装着する「TSIコンフォートライン」、先進装備をさらに充実させた「TSIハイライン」、専用の内外装を備えた「TSI Rライン」を設定。限定車には、デンマークのハイエンドオーディオメーカーDynaudio社と共同開発したプレミアムサウンドシステム搭載の「ディナウディオエディション」(限定300台)を用意。今回、カラー変更を行った。全モデル右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
TSI Rライン 1394cc FF 4,703,000円
TSI ハイライン 1394cc FF 4,399,000円
TSI コンフォートライン 1394cc FF 3,636,000円
フォルクスワーゲン ティグアン 2018年1月モデル

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン(Tiguan)」。エンジンは、1.4L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)を採用し、DSGトランスミッションを搭載。気筒休止システムのACTとアイドリングストップ機能のStart&Stopシステム及びブレーキエネルギー回生システムが付いたブルーモーションテクノロジーを装備。最高出力は110kw(150馬力)/5,000~6,000rpm、最大トルクは250Nm(25.5kgm)/1,500~3,500rpmを発揮。ラインアップはクラスを超えた先進安全技術と快適装備を標準装着する「TSIコンフォートライン」、先進装備をさらに充実させた「TSIハイライン」、専用の内外装を備えた「TSI Rライン」を設定。純正インフォテイメントシステムの機能強化をはじめ、装備・機能をさらに充実。2機種のVolkswagen純正インフォテイメントシステムは、画面が大きくなり、視認性を大幅に向上。ラジオシステムの「Composition Media」は6.5インチから8インチに、ナビゲーション機能付の「Discover Pro」も8インチから9.2インチになった。さらに「Discover Pro」は、スイッチ類が無くなって、全面フラットになったタッチスクリーンへと進化したことで、使い勝手も向上した。今回、価格改定を行った。全モデル右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
TSI Rライン 1394cc FF 4,703,000円
TSI ハイライン 1394cc FF 4,399,000円
TSI コンフォートライン 1394cc FF 3,636,000円

ニュース - フォルクスワーゲン ティグアン

VW ティグアン 改良新型、SUV 3兄弟の棲み分け…商品企画担当[インタビュー]
VW ティグアン 改良新型、SUV 3兄弟の棲み分け…商品企画担当[インタビュー]
VW『ティグアン』がマイナーチェンジした。積極的にSUVをラインナップしているフォルクスワーゲングループジャパン(以下VGJ)としては柱の1台となろう...
VW ティグアン 改良新型…総合力でアピールするSUV
VW ティグアン 改良新型…総合力でアピールするSUV
フォルクスワーゲングループジャパン(以下VGJ)はSUVの『ティグアン』をマイナーチェンジした。デザインに改良が加えられるとともに、パワートレインが変...

試乗レポート - フォルクスワーゲン ティグアン

【VW ティグアン 新型試乗】もはやハッチバックを選ぶ理由が見当たらない…南陽一浩
【VW ティグアン 新型試乗】もはやハッチバックを選ぶ理由が見当たらない…南陽一浩
プラットフォーム的には半世代ほど古くなってしまったとはいえ、後期フェイズになって熟成度がぐぐっと増して、やたら好印象を残していくコンパクトSUVが多い...
【VW ティグアン 新型試乗】ほんのわずかな変化が、実は大きな変化だった…中谷明彦
【VW ティグアン 新型試乗】ほんのわずかな変化が、実は大きな変化だった…中谷明彦
フォルクスワーゲン『ティグアン』には「Active」「Elegance」「R-Line」という3グレードがあり、その中で一番装備的にも上級となる『ティ...