フォルクスワーゲン ティグアン 2021年モデル

フォルクスワーゲン ティグアン 2021年5月モデル

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン(Tiguan)」。今回、4年ぶりにマイナーチェンジを行った。ラインアップは、「TSI アクティブ」、「TSI エレガンス」、「TSI Rライン」、フォルクスワーゲンのSUV初のハイパフォーマンスモデル「R」を設定。パワートレインは、従来の1.4TSIエンジンに代わり、新たに1.5TSIエンジンを採用。アクティブシリンダーマネージメント(気筒休止機能)が搭載されており、走行シーンに応じて瞬時に4気筒から2気筒へ切り替え、燃料消費量を抑制する。高性能モデルの「R」には、2.0TSIエンジンを採用。235kW(320馬力)のパワーを発生するこのエンジンは、わずか2,100rpmの低回転域から420Nmの強大なトルクを発生し、0‐100km加速は4.9秒を記録する(欧州参考値)。全車7速DSGを採用。「R」のトランスミッションにはより高トルクに対応できるように設計された7速DSGが設定されている。エクステリアは、新しいLEDヘッドライトを備え、デザインが一新された印象的なフロントエンドとなり、ボンネットは特徴的なラジエーターグリルからさらに上に伸び、先代に引き続き力強いデザインとなっている。「R」には、フロントおよびリヤデザインに加え、専用デザインの21インチアルミホイール、ブルーにペイントされたブレーキキャリパーやクロームのデュアルツインエキゾーストパイプなどの数々の専用アイテムを装備した。安全装備は、同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist」やLEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」などの最新の先進運転支援システムを採用し、安全性や快適性を向上させた。また、インフォテイメントシステムには常時コネクティッドの新世代インフォテイメントシステムを採用。併せて、「TSI エレガンス」ベースの特別仕様車「TSI ファーストエディション」を設定。2トーンカラーの専用レザーシートとウッドパネルを採用。落ち着いたシックな内装とした他、19インチのアルミホイールとアダプティブコントロール「DCC」を標準装備した。全モデル右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1984cc FULL4WD 6,849,000円
TSI Rライン 1497cc FF 5,039,000円
TSI エレガンス 1497cc FF 4,839,000円
TSI アクティブ 1497cc FF 4,079,000円

ニュース - フォルクスワーゲン ティグアン

VW ティグアン 改良新型、SUV 3兄弟の棲み分け…商品企画担当[インタビュー]
VW ティグアン 改良新型、SUV 3兄弟の棲み分け…商品企画担当[インタビュー]
VW『ティグアン』がマイナーチェンジした。積極的にSUVをラインナップしているフォルクスワーゲングループジャパン(以下VGJ)としては柱の1台となろう...
VW ティグアン 改良新型…総合力でアピールするSUV
VW ティグアン 改良新型…総合力でアピールするSUV
フォルクスワーゲングループジャパン(以下VGJ)はSUVの『ティグアン』をマイナーチェンジした。デザインに改良が加えられるとともに、パワートレインが変...

試乗レポート - フォルクスワーゲン ティグアン

【VW ティグアン 新型試乗】もはやハッチバックを選ぶ理由が見当たらない…南陽一浩
【VW ティグアン 新型試乗】もはやハッチバックを選ぶ理由が見当たらない…南陽一浩
プラットフォーム的には半世代ほど古くなってしまったとはいえ、後期フェイズになって熟成度がぐぐっと増して、やたら好印象を残していくコンパクトSUVが多い...
【VW ティグアン 新型試乗】ほんのわずかな変化が、実は大きな変化だった…中谷明彦
【VW ティグアン 新型試乗】ほんのわずかな変化が、実は大きな変化だった…中谷明彦
フォルクスワーゲン『ティグアン』には「Active」「Elegance」「R-Line」という3グレードがあり、その中で一番装備的にも上級となる『ティ...