ボルボ V40 1999年モデル

ボルボ V40 1999年7月モデル

ボルボのベーシックシリーズとなるのがV40。他シリーズと同様、Vで始まるグレードなのでボディタイプはワゴン。コンパクトなスタイリッシュ・エステートだ。グレード展開は122馬力1.8LのV40、136馬力2LのV40ノルディック、160馬力の2L低過給圧ターボのV402.0Tの3種。エンジンタイプはいずれも直列4気筒DOHCで可変バルブタイミング機構を備える。組み合わされるミッションはすべて4AT。駆動方式はFFとなる。サスペンションはフロントがストラット、リヤがマルチリンク方式。全グレードにDSAと呼ばれる、トラクションコントロールシステムが装着されている。ノルディック以上がCD付きオーディオ、運転席パワーシート、アルミホイールなどが標準、2.0Tはコンビネーションレザーシートなどが標準となる。その他安全装備として全車に運転席&サイドエアバッグ、EBD付きABS、むち打ち症対策安全シート「WHIPS(ウィップス)」、プリテンショナー付きシートベルトを標準で装着。盗難防止装置にイモビライザーを装備する。2.0Tはハンドル位置のチョイスが可能、その他は右ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
2.0T 1947cc FF 8.7km/l 3,750,000円
ノルディック 1947cc FF 9.7km/l 3,450,000円
ベースグレード 1783cc FF 9.7km/l 3,100,000円