ボルボ V40 2016年モデル

ボルボ V40 2016年7月モデル

ボルボのラインアップにおいて、最も小さなモデルとなるプレミアム・スポーツコンパクトの「V40」。「ボルボの大型モデルの特徴や機能を小型車のパッケージに取り入れる」というコンセプトのもと、ダイナミックでスタイリッシュ、そしてスポーティにデザインされた5ドアモデル。ラインアップは、Drive‐E(ドライブ・イー)2L 4気筒直噴ターボエンジンを搭載し、スポーツ性能にフォーカスして開発された、R‐DESIGN専用パーツを装着する「T5 Rデザイン」を設定。特別限定車には、V40初のスポーツディーゼルモデル「D4 Rデザイン」(限定200台)、「クロスカントリーT3」、 「クロスカントリー D4 SE」、「クロスカントリー T5 AWD SE」をベースに人気モデルのアンミカさんプロデュースによる特別限定車「クロスカントリー アン ミカセレクション」を設定(限定50台)。今回、エクステリアデザインを一新し、さらにスポーティかつ洗練されたスタイリングを実現。また、新しいグレード体系が採用され、ラインナップを刷新。1.5L 4気筒直噴ターボガソリンエンジンを搭載した「T3 キネティック」、「T3 モメンタム」、「T3 インスクリプション」、「クロスカントリー T3 キネティック」、2L 4気筒直噴ターボディーゼルエンジンを搭載した「D4 キネティック」、「D4 モメンタム」、「D4 インスクリプション」、「クロスカントリー D4 キネティック」、「クロスカントリー D4 モメンタム」、「クロスカントリー D4 サマム」、2L 4気筒直噴ターボガソリンエンジンを搭載した「クロスカントリー T5 AWD モメンタム」、「クロスカントリー T5 AWD サマム」を設定。エクステリアはフロントフェイスを一新。新型XC90を想起させる新デザインのグリルや北欧神話由来の「トールハンマー」を模したT字型のLEDヘッドライトを全グレードに標準装備。よりモダンで洗練された印象を与えた。インテリアは、2014年のジュネーブショーにてコンセプトカー・オブ・ザ・ショーを受賞したコンセプト・エステートからエッセンスを受け継いだ「シティ・ウィーブ」という、モダンでカジュアルなテキスタイルシートを新たに採用。インテリアパネルも3種類のデザインの異なるアルミパネルを新たに採用。安全性では、歩行者やサイクリストまで検知可能な自動ブレーキを含む10の先進安全機能を全車に標準化を実施。さらに「歩行者エアバッグ」を全グレードに標準装備。ボディカラーは、新色「アマゾンブルー」を含む全15色を用意。右ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
クロスカントリー T5 AWD サマム 1968cc FULL4WD 4,590,000円
T5 Rデザイン 1968cc FF 4,550,000円
クロスカントリー D4 サマム 1968cc FF 4,540,000円
D4 インスクリプション 1968cc FF 4,390,000円
クロスカントリー T5 AWD モメンタム 1968cc FULL4WD 4,290,000円
クロスカントリー D4 モメンタム 1968cc FF 4,240,000円
T3 インスクリプション 1497cc FF 4,140,000円
D4 モメンタム 1968cc FF 4,090,000円
T3 モメンタム 1497cc FF 3,840,000円
クロスカントリー D4 キネティック 1968cc FF 3,790,000円
D4 キネティック 1968cc FF 3,640,000円
クロスカントリー T3 キネティック 1497cc FF 3,540,000円
T3 キネティック 1497cc FF 3,390,000円