アルピナB8グランクーペ市販型、BMW「M850i グランクーペ」をベースに開発

コラム Clicccar

アルピナ B8 グランクーペ 市販型プロトタイプ

独・アルピナが開発を進めるスーパーセダン「B8グランクーペ」がニュルブルクリンクで高速テストを開始、その様子をカメラが捉えました。

「B8 グランクーペ」は、BMW「M850i グランクーペ」をベースに室内外をカスタムした高性能モデルです。フロントとリアバンパーが調整され、ベースモデルよりアグレッシブなリアディフューザーが見てとれます。さらに専用のクワッドエキゾーストパイプとマルチスポークアロイホイールを装備しています。

BMWのエンブレムはまだアルピナに変更されていませんが、「xDrive」と「M850i」のバッジは外されているようです。

アルピナ B8 グランクーペ 市販型プロトタイプ

改良されたエクステリアに加え、すべてのアルピナモデル同様に独自のサスペンションセットアップとブレーキ、およびトリムを装備するでしょう。

パワートレインは、4.4リットルV型8気筒ガソリンターボエンジンをBMWから流用、ベースモデルでは最高出力は530hp、最大トルク750Nmを発揮しますが、アルピナ版では最高出力621hp以上、最大トルク800Nmへと向上します。

B8グランクーペのデビューは、2021年前半と予想されています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ