厚みを増した存在感のあるフロントマスクの新型ソリオ、二段構えのヘッドライトが特徴のソリオ バンディット【新車】

コラム Clicccar

新型スズキ・ソリオ/ソリオ バンディットが2020年11月25日に発表されました。発売は12月4日になります。スズキの鈴木俊宏社長が、月間販売台数の4000台を最低目標と掲げる期待のモデルです。

コロナ禍でもディーラーへの集客を図りたいという新型ソリオ/ソリオ バンディットではあるものの、販売店でのウェブ相談も展開することで、より拡販を狙いたいとしています。コンパクトハイトワゴンの先駆者として少しずつ市場を拡大していったという自負を披露するスズキ。

スズキ・ソリオ バンディットと鈴木俊宏社長

新型は、ユーザーニーズの声を着実に反映させているのが特徴です。ボディサイズは全長を80mm(ソリオ バンディットは70mm)延長させ、荷室床面長が100mm拡大されています。上質かつスポーティなデザインも見どころ。ソリオのエクステリアはフロントフード先端を上げて、厚みを増した存在感のあるフロントマスクが特徴です。また、ボディサイズの拡大を活かしたダイナミックで伸びやかなフォルムも目を惹きます。

オンライン発表会が行われたスズキ・ソリオと鈴木俊宏社長

ボディカラーは、新色の「メロウディープレッドパール」、新設定の「フレイムオレンジパールメタリック」が全車に採用され、全8色が設定されています。

一方のバンディットは、ポジションランプとヘッドランプが二段構えになったヘッドランプが精悍さを醸しだし、フロントグリルは細部までこだわった、クラスを超えるデザインにしたことで、立体感を抱かせる造形としています。そのフォルムは、ソリオよりもさらにシャープで動きのある線と面により、迫力のあるフォルムとなっています。

ソリオのHYBRID MZ 全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車

バンディットのボディカラーは、新色の「グリッターバイオレットパール」と「メロウディープレッドパール」「フレイムオレンジパールメタリック」が設定されています。さらに「フレイムオレンジパールメタリック」、新色の「メロウディープレッドパール」「スピーディーブルーメタリック」「プレミアムシルバーメタリック」に、ブラック2トーンルーフ仕様が設定され、全7色11パターンが用意されています。

バンディットのインパネ

ソリオのインテリアはネイビーとホワイトを基調としたデザインで、洗練されたキャビンに仕立てられています。ドアトリムは、立体的な表面処理が施されています。さらにシートは、光沢のあるライン柄とグレーミックス表皮の組み合わせで、リビングにあるシックなソファをイメージしたとしています。

バンディットは、ボルドーとブラックを基調としたデザインが特徴で、上質なムードが漂います。

バンディットの前後シート

シートは、立体感のあるブラックとボルドー柄で深みが表現され、アクセントに鈍く輝くメタルのような表皮が使われています。さらに、インテリアカラーに合わせて赤い差し色が配されたスピードメーターが用意されているのも特徴です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ