GT300のPole to WINの埼玉トヨペットGB GR Supra GTと2位で自力チャンプ獲得のリアライズ 日産自動車大学校 GT-R【SUPER GT 2020 最終戦 富士】

コラム Clicccar

2020年11月29日の13時に決勝レースのフォーメーションラップがスタートした2020 AUTOBACS SUPER GT最終戦『たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE』。

オープニングラップのTGRコーナー

レース開始時の気温は9℃、路面温度は17℃という状況では、予定されていた2周のフォーメーションラップではタイヤが温まり切らないと判断されたようで、フォーメーションラップは3周となり、レース周回数は66周から65周へと変更されることになります。

GT300クラスでは、この3周のフォーメーションラップのうちにタイヤが温まった様子のSUBARU BRZ R&D SPORTはスタートラップのTGRコーナーでポールポジションの埼玉トヨペットGB GR Supra GTを抜きトップに浮上します。DUNLOPタイヤはブリヂストンタイヤよりも温まりやすいという下馬評通りの活躍ぶりをみせます。

埼玉トヨペットGB GR Supra GT

しかし埼玉トヨペットGB GR Supra GTはBRZに抜かれはしたものの、その背後にずっと食らいつき、タイヤの温まりが十分になってきたのかプレッシャーを与え続けていくようになります。

そして9周目に再びトップに浮上、開幕戦での優勝を思い起こさせる逃げ切りの体制を作り上げていきます。

TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-Rのピット

これまでの数戦の経験からセーフティカーの影響を受けないうちにピットインを済ませてしまおうというチームが多く、GT500クラスでの23周目あたりからルーティーンのピットインを始めるチームが続出します。

先陣を切ったのは6位だったLEON PYRAMID AMGでタイヤ無交換でピットアウトしていきます。

埼玉トヨペットGB GR Supra GT

GT300の24周目にはランキングトップのリアライズ日産自動車大学校GT-Rがピットイン。ドライバーチェンジののちに4本交換でピットアウト。トップで周回を重ねていた埼玉トヨペットGB GR Supra GTは無交換でピットアウトし実質のトップを守ったままコースに復帰していきます。

ADVICS muta MC86

全てのチームがピットインを終えると順位はトップが埼玉トヨペットGB GR Supra GT、2位にLEON PYRAMID AMG、3位にはADVICS muta MC86、4位にリアライズ日産自動車大学校GT-Rが入ります。トップ3のBS勢にYOKOHAMAタイヤがどこまで食い込んでいけるのでしょうか?

終盤、トップの埼玉トヨペットGB GR Supra GTと2番手のLEON PYRAMID AMGには1周ほどの差ができており、アクシデントが無い限りは順位の変動はないかもしれません。

ピット明けの順位のままでいけばシリーズチャンピオンはLEON PYRAMID AMGとなります。しかしランキングトップのリアライズ日産自動車大学校GT-Rは3位にさえなればチャンピオン。

リアライズ 日産自動車大学校 GT-R

ここでADVICS muta MC86とリアライズ日産自動車大学校GT-Rの激しい3位争いが始まります。

リアライズ 日産自動車大学校 GT-RがADVICS muta MC86を抜いた直後

リアライズ日産自動車大学校GT-RはペースのあがらないADVICS muta MC86に対して1周あたり1秒以上も速いペースで走り、52周目に3位となります。

LEON PYRAMID AMGを抜き2位浮上を狙うリアライズ 日産自動車大学校 GT-R

そして55周目、タイヤ無交換でペースが上がらなくなっていたLEON PYRAMID AMGをも抜き去り、文句なくチャンピオンとしてのポジションへと登りつめていきました。

パルクフェルメで喜び合うリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rのドライバー

そしてチェッカーフラッグ。優勝は埼玉トヨペットGB GR Supra GT、2位となってチャンピオンを決めたのはリアライズ日産自動車大学校GT-Rとなります。

3位は最後の最後でLEON PYRAMID AMGを仕留めたADVICS muta MC86となります。結局LEON PYRAMID AMGは4位となりました。

PACIFIC NAC D’station Vantage GT3

5位には今季の自身最上位となったPACIFIC NAC D’station Vantage GT3。

優勝した埼玉トヨペットGB GR Supra GTのドライバー

優勝した埼玉トヨペットGB GR Supra GTは今季のGT300クラスでは初のPole to WINを達成。

シリーズポイントではリアライズ日産自動車大学校GT-Rに及ばなかったものの、今季4回開催だったの富士戦で優勝2回を含むポイント獲得数が最多となったため、「富士マイスター」の称号が与えられることとなりました。

2位入賞で2020チャンプとなったパルクフェルメで喜び合うリアライズ 日産自動車大学校 GT-R

チャンピオンとなったリアライズ日産自動車大学校GT-Rは、今季GT300クラスのドライバーとチームの両タイトルを獲得。藤波清斗選手にも、そして長い間GT500にも席を置いていたジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手にも、また、チームにとっても、初のシリーズタイトル獲得となります。

優勝2回、2位2回。最終戦に直近のライバルよりも前でチェッカーを受け、運とは言わせない走りとチーム力で勝ち取ったシリーズチャンピオン。リアライズ日産自動車大学校GT-Rは近藤監督が作り上げた素晴らしい宝石といえるかもしれません。

2020シーズン年間表彰式

コロナ禍の中、様々な困難がレース開催を危ぶんだ2020シーズンですが、主催者、プロモーター、メーカー、チーム、そのほかの関係者や、そして何よりファンの方々の熱い支えがあったからこそ、変則的なスケジュールの中でも全8戦が開催され、シリーズチャンピオンが決定しました。

コロナ禍の影響はまだ続くかもしれませんが、この熱き心で来年度もレースがSUPER GTが開催されることを願って止みません。

(写真:吉見幸夫 文:松永 和浩)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ