MAZDA 2に上質でスポーティな特別仕様車の「BLACK TONE EDITION」が登場

コラム Clicccar

マツダのBセグメントモデルであるMAZDA 2に、2020年12月3日、特別仕様車の「BLACK TONE EDITION」が設定されました。

同モデルは、CX-8、CX-5、MAZDA 6にも同時設定されたモデルで、近年のマツダに不足していたというスポーティテイストを盛り込んだ仕様となっています。

MAZDA 2の「BLACK TONE EDITION」

ボディカラーをブラックにするのではなく、ドアミラーやアルミホイールなどに黒のアクセントカラーを配しているのが特徴です。

ベース車は「PROACTIVE」で、エクステリアはグロスブラックのフロントグリル、ブラック塗装のドアミラー、185/60R16サイズのクロスブラック塗装のアルミホイール(ベース車は185/65R15のブラック)となっています。インテリアでは、ブラックのシート(クロス)にレッドステッチのアクセントを付加。

MAZDA 2「BLACK TONE EDITION」の専用アルミホイール

ほかにも、エアコンルーバーベゼルがシルバー/ダークレッドになります。インテリアの装備では、ステアリング、シフトノブ、パーキングブレーキが本革巻きになり、AT車にはパドルシフト、マツダレーザークルーズコントロール(MRCC)、SBS(スマート・ブレーキ・サポート)、LAS(レーンキープアシスト)が用意され、ロングドライブなど高速走行のドライバーサポート機能の充実化も図られています。

ただし、運転席&助手席シートヒーター 、スーパーUV カットガラス(フロントドア)/ IR カットガラス(フロントガラス/フロントドア) がベース車から落とされています。

「MAZDA2 Black Tone Edition」の価格帯は、179万8000円〜227万4000円で、2WD/4WD、MT/AT共に設定されています。

「BLACK TONE EDITION」のインパネ

上質かつスポーティな国産コンパクトハッチモデルのニーズをMAZDA 2の「BLACK TONE EDITION」がどれだけキャッチできるか注目の特別仕様車といえそうです。

(文/塚田勝弘 写真/井上 誠)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ