カイエン、マカン、911(992)、3台のポルシェを出展したQUAD STAR&Y-squared【東京オートサロン2021】

コラム Clicccar

QUAD STAR(クアッドスター)やY-squared(ワイスクエアード)のブランドを展開するバルーンは、クアッドスターから2台、ワイスクエアードから1台、合計3台のポルシェを展示しました。

上級な雰囲気を持つフロアマット。ラゲッジルームマットも同様のタイプが用意されている

QUAD STAR カイエンクーペは、フロントのリップスポイラー、サイドスポイラー、フェンダーアーチ、リヤスポイラー、マフラーのテールパイプなどを装着。H&Rのダウンサスにクアッドスター102Cのホイールが組み合わされています。

もっとも特徴的なのは使われているカーボンで、いかにもカーボンを使ったという感じの織り込まれた繊維が目立つタイプではなく、マーブル模様が特徴のプラッシュカーボンというタイプが使われていることで、従来の製品とはひと味違った独特の雰囲気を醸し出しています。

初期型リヤハッチを採用。ウインカーはシーケンシャルタイプとなる

QUAD STAR マカンは前期型のマカンをベースに、後期型マカンの純正パーツを装着。さらにそこにオリジナルのパーツを追加するという方式を採っています。

たとえば、フロントの場合純正の後期型リップスポイラーを装着したうえでカナード風のパーツを装着していますが、前期ボディに後期リップは簡単に付けることはできず、同社のノウハウが生かされているというわけです。

同様にリヤはハッチとテールランプが後期型となり、そこにウイングが装備されています。さらにウインカーをシーケンシャル(流れるウインカー)としています。サスペンションはエアレックスのエアサスで、クアッドスターQSC102ホイールが組み合わされます。

リヤウイングは空冷ポルシェを意識したデザイン。マーブル模様のカーボンが採用される

Y-squared 992は992型ポルシェ911を、見た目はオシャレで、空冷ポルシェをイメージしたスタイリングに仕上げたモデル。取り付けられるパーツとしては、ワイスクエアードのフロント、サイド、リヤアンダースポイラー、リヤウイング、カーグラフィックのホイール、開発中の車高調サスなどです。走りの開発には同社に関係のあるレーシングドライバーたちが担当。前後の安定性を基本に、高速性能の安定化を目指しています。フルエアロ、車高調、マフラーなどを2月中に発売予定とのことです。

●QUAD STAR/QUAD STAR カイエンクーペ/ベース車両メーカー(ポルシェ・カイエンクーペ)/装着パーツなど:リップスポイラー/サイドスポイラー/フェンダーアーチ/リヤスポイラー/マフラー・テールパイプ/H&Rダウンサス/クアッドスター102Cのホイール

●DQUAD STAR/QUAD STAR マカン/ベース車両メーカー(ポルシェ・マカン前期型)/装着パーツなど:純正後期型リップスポイラー/カナード/純正後期リヤハッチ/純正後期テールランプ/ウイング/シーケンシャル(流れるウインカー)/エアレックス・エアサスで、クアッドスターQSC102ホイール

●Y-squared/Y-squared 992/ベース車両:992型ポルシェ911/フロントスポイラー/サイドスポイラー/リヤアンダースポイラー/リヤウイング/カーグラフィックのホイール/車高調サス(開発中)

(文:諸星 陽一/写真:金子 信敏)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ